logo

CNNが家庭用電子製品に関する2012調査結果を公表 企業が責任を持って製造した商品に消費者はより高い対価を支払うという結果に

CNN 2012年09月06日 15時41分
From PR TIMES



メーカーの企業倫理が注目される中、CNNインターナショナルがおこなった「コンシューマー・コネクト: 家庭用電子製品2012」調査によると、世界の消費者の3分の2にあたる65%は、社会的責任を果たして製造された商品に対して、より高い対価を支払うという結果が出ました。 回答者の4分の1にあたる26%は責任を果たして製造されているかどうかを気にするが、より高い対価は支払わないと答え、9%は商品がどのように製造されたかには全く関心がないと答えています。

この調査は、世界70カ国のCNNユーザー2,300人以上からの回答を得ておこなわれ、現在所有または将来購入予定の電子製品についても調べています。その結果、ノート型パソコンとスマートフォンの所有率がそれぞれ88%と 67%と最も高く、かつ今後購入または買い替える可能性もそれぞれ72%と73%と高い数字となりました。また、66%が現在コンパクトデジタルカメラを所有しており、46%がこの商品をこれから購入または買い替える予定だと答えています。一方、回答者の42%が現在タブレット型コンピュータを所有し、54%が今後購入または買い替え予定だと答えました。さらに、インターネット上のコンテンツをテレビで視聴する手段として、スマートテレビがストリーミング・メディアプレーヤーを追い抜き、回答者のうち16%が前者、12%が後者を所有しており、また38%が前者、27%が後者を今後購入したいと答えています。

「新しい電子製品に対する消費者の需要はとても大きいということが、今回あらためて分かりました。この調査結果は、商品メーカーが消費者とのつながりを通して、購買欲に働きかけていく機会があることを明確に示しています。」とアジア太平洋地域CNNニュース・アドバタイジングセールス副社長ウィリアム・シューは述べています。「興味深いことに、アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ、米国における結果はわずかな相違点しかなく、電子製品に対するグローバルな需要を表しています。」

電子製品購入時の判断基準についての質問では、耐久性、価格、機能性が三大要素で、回答者のそれぞれ86%、 85%、 83%が、これらの要素を重要視すると答えました。また、回答者の4分の3にあたる77%は製品のデザインや外観を、75%は最新技術を、74%はブランド名を重要な要素だと答えた一方、40%は生産国を重視すると答えています。

その他の主要な調査結果:
・ 回答者の61%が ソーシャルメディア経由でお気に入りの電子製品ブランドとつながっています。
・ ネットに接続していることが普遍的となっている今、接続圏外に対する不安感は強く、回答者の半数にあたる49%が「ブロードバンド/wifi/3Gの接続範囲から外れると不安に感じる」と答えた一方、 3分の1にあたる34%はネットに接続していなくても全く問題ないと感じ、「ブロードバンド/wifi/3Gの接続範囲から外れ、電話やメールに煩わされない時間を大事にしている」と答えています。
・ スマートフォンとタブレット型コンピュータの形状に関しては意見が分かれ、40%が「スマートフォンとタブレット型コンピュータの中間くらいのものがあれば、モバイル機器に求めるニーズが全て満たされる」と答え、 ほぼ同じ割合の44%が「スマートフォンは十分大きく、スマートフォンとタブレットを別々に持つ方がいい」と答えています。

CNN インターナショナル「コンシューマー・コネクト: 家庭用電子製品 2012」調査 について
CNN コンシューマー・コネクトは、特定の分野におけるCNNユーザーの意識や購買行動を調べるグローバルな調査で、今回は家庭用電子製品についての調査が行われました。回答者はCNNのウェブサイト (CNN.com, CNN.com International, CNNMoney.com, CNN Mexico) 経由で募集され、回答者が貢献する数分の回答時間と引き換えに、厳選された慈善基金にCNNが寄付をおこないます。18歳以上が参加でき、世界70カ国以上に及ぶグローバルな調査結果を算出しています。今回の 調査は2012年5月~6月に実施されました。


CNNについて:
CNNは世界のニュースをリードする、24時間ニュースと情報の専門ネットワークであり、最も尊敬され信頼されているニュースソースのひとつです。CNNのブランドは、CNNワールドワイドによって運営されている18のテレビ、インターネット、携帯電話サービスを通じて、世界中の20億人以上に利用されています。CNNワールドワイドは、ターナー・ブロードキャスティング・システムの一部門で、タイム・ワーナー・グループに属します。CNNインターナショナルはその国際部門で、コンテンツは14のサービスを通じて、7つの言語で提供されています。CNNインターナショナルのテレビは、全世界200以上の国と地域、約2.8億世帯で視聴することができます。日本におけるテレビサービスであるCNNjは、CNNの長年にわたるパートナーである株式会社日本ケーブルテレビジョン(JCTV)により、全国のケーブルテレビやスカパー等を通じて、670万以上の世帯、ホテルに配信されています。

以上


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。