logo

GMOグローバルサイン、インターネット市場の成長が著しいインドでの営業開始~アジア4カ国目となる法人設立で世界でのシェア拡大を見込む~

GMOインターネットグループ 2012年08月31日 14時59分
From PR TIMES

2012年8月31日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
==========================================================
インターネット市場の成長が著しいインドでの営業を開始
~アジア4カ国目となる法人設立により世界でのシェア拡大を見込む~
==========================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子
認証サービスを展開する英国のGMO GlobalSign Ltd. (代表取締役社長:Paul
Tourret 以下、GMOグローバルサイン社)は、インド共和国(以下、インド)
にアジア4カ国目となる法人GMO GlobalSign Certification Services
Private Limited(以下、GMO GlobalSignインド)を2012年8月30日(木)に
設立し、インド国内向けに電子証明書サービスの提供を開始しました。


【インド法人設立の背景と事業展開】
 12億を超える人口を抱えるインドのインターネット利用者は2011年9月には
1億人を超え、世界第3位(※1)となっていますが、人口に対する割合としてはま
だ1割程度です。しかし、3年後の2015年には利用者が3億5,000万人にまで拡
大し、世界2位となるという見通し(※2)が出ております。さらに人口の規模か
ら鑑みて、インターネット市場が拡大する潜在力は今後も非常に大きいとい
えます。また、インドにおけるSSLサーバ証明書の利用状況も、2010年比で約
2倍と拡大(※3)していることから、今後のインターネット利用者の増加に伴い、
電子認証サービス市場の拡大も見込めます。

 この度、GMOグローバルサイン社は、今後益々の拡大が見込めるインド電子
認証サービス市場の開拓を目的に、インドにおいてGMO GlobalSignインドを
設立いたしました。中国、シンガポール、フィリピンに続く4カ国目のアジア
拠点となります。

 インドでの販売においては、インド専用ウェブサイトを開設し、現地スタッ
フのサポートによるインド通貨(インドルピー)による直販及び再販を行い
ます。また、GMO GlobalSignインドは、インドを拠点に南アジアでの展開を
進めてまいります。

 インドにおけるインターネットの普及に安全性の向上という側面から貢献
できるよう、信頼性の高いサービスの提供に 努めてまいります。

※1:IAMAI社調べ (2011年11月8日)
※2:McKinsey調べ(2011年11月2日 AdAsia 2011)
※3:NetCraft社調べ(2012年6月)

■インド法人の概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
商号    : GMO GlobalSign Certification Services Private Limited

設立年月  : 2012年8月30日

所在地   : 3rd Floor, Block B, Sector 53,
        Golf Course Sector Road, Gurgaon-122002 India

代表者   : Paul Tourret

資本金の額 : 8,500,000 ルピー (約1,000万円)

決算期   : 12月

事業内容  : 電子認証サービスの提供

主な株主構成: GMO GlobalSign Pte.Ltd.
        (GMO GlobalSignシンガポール) 99%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【「GlobalSign」とは】
 世に電子認証サービスが登場し始めた初期段階の1996年にベルギーで電子
認証サービス開始し、ヨーロッパで初めてWebTrustを取得した認証局です。
ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持ち、eID※4 (BELPIC)をはじめと
するベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である、ベルギー政府認
証局への認証を行っております。2006年にGMOインターネットグループにジョ
インし、政府レベルのセキュリティを、日本をはじめワールドワイドに販売
展開しております。現在では、40万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績をはじ
め、政府関連機関や大手企業へ多数の納入実績があります。また、
『CABF(CA/Browser Forum)』、『Anti-Phishing Working Group』に参加し、
電子証明書市場のリーディングカンパニーとして積極的な活動を行っていま
す。

※4 eID:ベルギーの電子政府プロジェクトの一環として始まった国民IDカード
    プロジェクト。12歳以上のベルギー全国民に対して電子証明書入りの
    IDカードが配布される。

以上

---------------------------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOグローバルサイン株式会社 国際戦略企画室 大石
TEL:03-5728-1551  FAX:03-5728-1552
E-mail:info@globalsign.co.jp
---------------------------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・古見
TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695  FAX:03-3780-2611 
E-mail:pr@gmo.jp
---------------------------------------------------------


【GMOグローバルサイン株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOグローバルサイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 中條 一郎
事業内容  ■情報セキュリティ及び電子認証業務事業
資本金 3億5,664万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOクラウド株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOクラウド株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 青山 満
事業内容  ■ホスティングサービス事業
      ■セキュリティサービス事業
資本金 9億1007万円(2012年3月末現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【GMOインターネット株式会社】 (URL:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名 GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
     ■インターネットメディア事業
     ■インターネット証券事業
     ■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金 30億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp/

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。