logo

日本エイサー 薄型パネルユニット搭載 23型液晶ディスプレイ「G236HLbii」と27型液晶ディスプレイ「S271HLCbid」 を8月31日(金)より発売開始



日本エイサー 薄型パネルユニット搭載
23型液晶ディスプレイ「G236HLbii」と27型液晶ディスプレイ「S271HLCbid」
を8月31日(金)より発売開始

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、液晶ディスプレイ「G236HLbii」、「S271HLCb id」の2型番を、2012年8月31日(金)より、発売開始いたします。

<G236HLbii の特長>
■ 超薄型パネルユニットを搭載したスリムデザイン
23型フルHD超薄型パネルユニットを搭載。ディスプレイユニットの厚みはわずか15mm(最薄部)、本体重量も約2.4kgと軽量で設置・取り回しを容易に行えます。

■ 白色LEDバックライト搭載エコモデル
従来のCCFL(冷陰極蛍光管)タイプより、大幅に消費電力を削減する白色LEDバックライトを搭載。エコモードも搭載し無水銀ユニットで環境に配慮したエコモニターです。

■ 驚愕の高コントラスト1億:1を実現
エイサー独自のコントラスト向上技術 ACMテクノロジーと、白色LEDによる輝度ムラ低減の相乗効果により、驚愕の高コントラスト比1億:1(最大)を実現。フルHD対応で、高解像度でメリハリのある鮮明な画像を再現します。

■ 利用シーンを拡げるHDMI入力端子を2基搭載
アナログ(ミニD-sub15ピン)入力端子に加え、HDMI入力端子を2基搭載。パソコンを接続しながら、HDMI端子搭載(※ )の家庭用ゲーム機器や再生機器を接続することで、マルチメディア環境を実現します。
※全てのHDMI搭載機器に対応するものではございません。

<S271HLCbidの特長>
■ 画像を大画面で鮮明に描写する27型VAパネル搭載
引き締まった黒色を再現するVAパネルを搭載。27型大型サイズ、フルHD(1920×1080)対応、高コントラスト3,000:1の性能でメリハリのある色彩豊かな映像を表示します。

■ 白色LEDバックライト搭載エコモデル
従来のCCFL(冷陰極蛍光管)タイプより、大幅に消費電力を削減する白色LEDバックライトを搭載。エコモードも搭載し無水銀ユニットで、環境に配慮したエコモニターです。厚さ約24mmの薄型パネルユニット採用により美しいデザインを実現しました。

■ 驚愕の高コントラスト1億:1を実現
エイサー独自のコントラスト向上技術ACMテクノロジーと白色LEDによる輝度ムラ低減の相乗効果により、驚愕の高コントラスト比1億:1(最大)を実現。フルHD対応で、高解像度でメリハリのある鮮明な画像を再現します。

■ 利用シーンを拡げるインターフェース搭載
アナログ(ミニD-sub15ピン)、DVI-D(HDCP対応)入力端子に加え、HDMI入力端子を搭載。パソコンを接続しながら、HDMI端子搭載(※ )の家庭用ゲーム機器や再生機器を接続してマルチメディア環境を実現します。
さらに、音声出力端子(HDMI接続時用)を搭載。外付けスピーカーやヘッドホンなど利用シーンに合わせた使い方が可能です。
※全てのHDMI搭載機器に対応するものではございません。

■ Acerについて
エイサーは1976年の設立以来、全世界でIT製品を販売し、絶えず人と技術の間の障壁を取り除き進化させることを追求してきました。グローバルマーケットにおいてはノートブックパソコン売上シェア第2位* を獲得しました。現在グループ全体の従業員数は8,000人を超えており、2011年度は売上米ドル157億を達成しています。インダイレクトセールスを展開する「チャネルビジネス」モデルが、エイサーが継続的に成長するために有効な手段となっており、グローバルマーケットで、エイサー、ゲートウェイ、パッカード・ベルによるマルチブランド戦略を展開しています。エイサーは、環境に配慮した製品デザインだけではなく、サプライヤーと協同で環境保全に配慮したサプライチェーンを確立しています。2010年バンクーバー冬季オリンピックを皮切りに、オリンピックのオフィシャル・ワールドワイドスポンサーを努めており、2012年ロンドンオリンピックでは、コンピューター関連インフラと技術者を提供し、準備から運営までを徹底的に支えています。 
詳細は、www.acer.co.jpをご覧ください。        
* 出展: ガートナーデータ2011


■ 日本エイサー株式会社について
社名:日本エイサー株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者:代表取締役社長 ボブ・セン
設立:1988年2月
URL:リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。