logo

QLogic、FCoEアダプターでのシェアを拡大し、10Gb Ethernet市場での成長を加速

QLOGIC LIMITED JAPAN BRANCH 2012年08月30日 11時09分
From PR TIMES



Dell'Oro Group と Crehan Research の最新のレポートにより
2012年の第2四半期(4~6月)も売上シェアの獲得を確認

ALISO VIEJO, Calif, August 28, 2012-米国QLogic社(NSDQ:QLGC、本社:米国カリフォルニア州、日本事務所:東京都新宿区)は、本日、Dell'Oro Group と Crehan Research の最新の調査で、グローバルな10Gb Fibre Channel over Ethernet (FCoE) アダプター市場において、QLogic がシェアを伸長し、より大きな存在感を獲得していると発表しました。

Dell’Oro と Crehan Research 両社の2012年第2四半期のEthernetアダプター市場シェアのレポートによると、6月末までの四半期において、 オープンなFCoE アダプター市場でQLogicは2番手のメーカーに対し、売上シェアにおいて18%以上リードしてトップに立っています。10GbE ソリューションと Intel Xeon プロセッサー E5-2600 ベースのサーバーが幅広く入手できるようになったこと、QLogic(R) のドライバースタックが強く支持されたことによる成長であるとQLogicは考えています。

「10GbE ソリューションと Intel Xeon プロセッサー E5-2600 ベースのサーバーによるエコシステムは、市場に急速に浸透してきています。これによりQLogic 10GbE FCoEアダプターの搭載比率を上がってきています」と、QLogic社Host Solutions Group のマーケティング担当副社長のAmit Vashi は述べています。「Dell’Oro と Crehanによって報告されたシェアの拡大は、お客様がQLogicブランドを好まれていることを示す証拠となります。これは、多くの採用実績があり、幅広いプラットフォームで使用されているQLogicのアダプターを用い、お客様が次世代プラットフォームへのシームレスな移行を簡単に行えるためと考えています」。

QLogic 8200 シリーズFCoE アダプター-- 柔軟性を備えた10GbE パフォーマンス
QLogic 8200シリーズは低いCPU使用率で10GbEパフォーマンスを提供することに加え、仮想化環境に最適な次のようなQLogic独自の柔軟なネットワーク技術を持っています。

 ・ FCoE、TCP/IP、iSCSIプロトコルの同時サポート
 ・ 複数のプロトコルのハードウェアによるオフロード
 ・ スイッチに依存しないNIC分割機能 (NPAR)

QLogic 8200 シリーズ10GbE アダプターは、非常に低いCPU使用率を提供することで、ユーザーが業務アプリケーションにCPUリソースをより多く使用することを可能にし、VMの機動性を高めます。QLogic 8200シリーズ・アダプターは、既存のLAN、NAS、SAN環境の中でシームレスにと使用することが可能で、ほとんどすべてのハイパーバイザー、オペレーティングシステム、ブート環境をサポートしています。QLogic 8200シリーズは、Dell Lifecycle Controller のようなDellのシステム管理ツールに統合された環境でも管理できますし、QLogicの提供するQConvergeConsole(TM) を使って管理することもできます。QConvergeConsole(TM)はマルチプラットフォームで、FCoE、iSCSI、TCP/IP プロトコルを1つの画面で簡単に管理できるので、統合ネットワーク運用を簡単に行うことができます。

QLogic はIntel Xeon プロセッサー E5-2600ベースのサーバーのパフォーマンスを最大化
Intelの新しいXeonプロセッサーE5-2600製品ファミリーは、前世代の製品を最大80%上回るパフォーマンスを提供します。QLogic のファイバーチャネル、10Gb Ethernet、10Gb コンバージド・ネットワーク・アダプターは、エンタープライズレベルのI/Oパフォーマンスと信頼性を提供することで、Intel Xeon プロセッサ E5-2600 製品ファミリーをベースとした高い集積度のサーバー環境での処理をバランスするように設計されています。完全なハードウェアによるオフロードを提供することによって、QLogicは高いパフォーマンスを提供し、CPUからプロトコル処理の負荷を取り除き、アプリケーションとサービスのために貴重なCPUサイクルを確保し、サーバーの仮想化率を高めます。QLogicネットワークアダプターは多くのOEMと150以上のソリューションパートナーに認められており、弊社の15年にわたるエンタープライズでの経験、世界レベルのグローバル性、最高の相互運用性に基づいた製品です。

Dell'Oro Group の詳しい資料は www.delloro.com をご参照ください。
Crehan Research の詳しい資料は www.crehanresearch.com をご参照ください。

【米国QLogic社について】
米国QLogic社(Nasdaq:QLGC)は、アダプターやスイッチ、ASICなど高性能ネットワークのグローバル・リーダーで、同社のデータ、ストレージ、サーバー・ネットワーク・ソリューション製品は世界の大手OEM/チャネル・パートナーから大きな信頼を得ています。QLogicは、NASDAQ Global Selectに選ばれ、S&P 500にも名を連ねています。詳細はウェブ(www.qlogic.com)をご覧ください。
 米国QLogic社 日本事務所
 〒163-0532 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル 32階
 Tel: 03-5322-1358  Fax: 03-5322-1364

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。