logo

Androidライブ壁紙の無料制作・流通プラン受付開始!“Live Wallpaper Airport ”プロジェクト



2012年8月29日 デジタルコンテンツの制作・流通の株式会社ヒューベースi(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉原大二、資本金:1 億円 以下『HBI』)は、スマートフォンAndroidのライブ壁紙の無料制作と国内外への販路拡大の流通を組み合わせた”Live Wallpaper Airport”プロジェクトを開始します。

◆Live Wallpaper Airport プロジェクトとは
HBIが、Android端末の主要コンテンツであるライブ壁紙の制作を無料で請負い、既存のGoogle Playでの販路だけでなく、HBIが開拓する複数のアプリストアへの販路を国内外に広く拡大していくことで、デジタルコンテンツの流通を変革していくプロジェクトです。今後、各国のアプリストアは随時追加される予定です。

◆背景
一般的にライブ壁紙制作は、どんなに予算を抑えても、1コンテンツあたり3万~25万円程度(当社調べ)の制作コストが発生します。Google Playでの配信や国内通信キャリアを通じたコンテンツプロバイダーの自社サイト配信のみでは、制作費をリクープすることはかなり難しい状況です。なぜなら、Google Playにおいては、既に65万以上のアプリが存在しています。仮に、新規に制作・配信してもユーザーの目に留まること自体が難しく、ダウンロードされる機会が少なくなっています。また、自社サイトでの配信においても、そこにユーザーのトラフィックを持ってきて、ダウンロードさせるには相当額のプロモーション・コストが発生します。

◆コンテンツプロバイダー及びライセンサーのメリット
制作費が無料であり、制作費の負担がありません。
HBIが開拓する国内外の流通ネットワーク(各種アプリストア)に販路を拡大していくので、自社でのプロモーション費用やサイト構築費用も発生しません。HBIが各種アプリストアへのハブとなってコンテンツ配信をサポートし、そこで得た収益を一定の分配率で配分するので、手間も費用も必要最小限で済みます。

◆役割分担
コンテンツプロバイダー及びライセンサーは、コンテンツ・ライツの権利処理と企画・監修業務。
HBIは、コンテンツの制作、マーケットへの認証プログラム、その他ローカライズ、及びアプリストアへのプロモーションの働きかけを含めたマーケティング業務を各種アプリストア運営会社と協力して行います。

◆コンテンツの企画とタイトルについて
企画については、コンテンツプロバイダー及びライセンサーとHBIが相談の上決定します。タイトルについては、HBIとアプリストア側で、ある程度ダウンロード数が見込まれるものを選定します。

◆ライブ壁紙以外のアプリについて
その他アプリの配信については、当社担当者までご相談ください。

本件に関するお問い合わせ先:株式会社ヒューベースi 担当:Sales & Planning Division 大庭、清水
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町14-23 セントラル代官山ビル6F Tel: 03-5457-3218  Fax: 03-5457-3219
Email:info@hubase-i.net  Company URL:リンク 

※Androidはグーグル インコーポレイテッドの商標または登録商標です。
※Androidおよび、Androidロゴ、Androidマーケット、Googleマップとそのロゴは、Google Incの商標または登録商標です。
※その他、本リリースに記載されている各種名称、会社名、製品名などは各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。