logo

【システム導入事例】全国10キャンパス、学生約3万人の授業運営を効率化、教員の作業負担を大幅に軽減!~東海大学様~



大学向け授業支援システム「IT's class.(イッツクラス)」

日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP( リンク ))は、大学向け授業支援システム「IT’s class.」を販売しています。このたび、本システムの東海大学様における導入事例を当社Webサイトに公開しましたので、是非ご覧ください。

大学向け授業支援システム「IT's class.」:東海大学様
リンク

■大学向け授業支援システム「IT's class.」とは

大学の授業運営では、教材の配布、予習復習内容の提示、出席管理、提出されたレポートの管理など、さまざまな管理業務が発生します。「IT's class.」は、これらの管理業務をWebシステム上で行うことで教員にかかる手間を軽減し、より効果的な学習環境作りを支援するシステムです。また、ディスカッション・アンケート・テストなどの機能により、学生の授業の理解度を深め、教員とのコミュニケーション活性化をサポートします。既に国内の多くの大学に導入いただいています。

大学向け授業支援システム「IT's class.」
リンク

■東海大学様

1942年に創設された、総合大学学校法人東海大学(以下、東海大学)様は、「文理融合」という教育方針のもと、人文科学系と自然科学系を総合的に教育することで、幅広い視野と世界観、柔軟な発想力を持つ人材の育成に力を注いできました。2008年4月には、同一学校法人内で別組織となっていた九州東海大学、北海道東海大学を統合し、北海道から九州に広がる10キャンパスに学生約3万人、専任教職員約2,800人を擁する、日本最大規模の総合大学へと発展しました。

2011年4月、同大学の総合情報センターにおいて全学的な授業支援システムの更改が行われ、「IT's class.」を導入いただきました。授業運営の効率を向上させる豊富な機能と、専門知識がなくても直感的に使用できる操作性が、選定の決め手となりました。

大学向け授業支援システム「IT's class.」:東海大学様
リンク

■大学向け授業支援システム「IT's class.」の豊富な機能

1.コミュニケーションに関する機能
ディスカッションやお知らせ機能で、授業情報の共有や予習・復習内容を提示できます。
また、欠席者への授業情報フォローや、予習・復習内容を掲示できます。

2. 教材(授業資料の提供)に関する機能
教員は、授業資料を簡単にアップロードし、受講者限定で公開することができます。
学生は、授業資料をいつでも閲覧・ダウンロードすることができます。

3.レポート機能
教員は、学生が提出したレポートに評価コメントを入力して返却したり、
学生が過去に提出したレポートの履歴を閲覧することができます。
また、学生のレポート提出状況の一覧表示、CSVダウンロードも可能です。

4.テスト・アンケート機能
教員は、Web上でテストを作成でき、解答時間制限の設定や自動採点が可能です。
また、アンケートの作成や回答結果の集計、CSVダウンロードも可能です。

大学向け授業支援システム「IT's class.」:授業運営をサポートする充実した機能
リンク

■大学向け授業支援システム「IT's class.」の特長

1.多様なクライアント動作環境で利用できます。
2.ニーズに合わせて必要な機能を選択できます。
3.アクセス集中に対応できる安定性を重視したシステム設計です。
4.ユーザー情報・授業・履修者などの教務情報を一括登録できます。
5.モバイル・英語にも対応、外国人の方も快適に利用できます(選択機能)。
6.大学の統一認証サーバーと連携することで、 学内共通IDを利用できます。

大学向け授業支援システム「IT's class.」:主な特長
リンク

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■日立GPのWebサイト
リンク

■会社概要
会社名:日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP ※)
資本金:3億円
従業員数:930人(2012年4月)
事業概要:
(1)業務システム開発を中心としたソリューション事業
(2)パッケージ・ソリューション事業
(3)レガシー・システム再生ソリューション事業
(4)インターネット総合サービス事業
(5)日立製品の販売事業
対象分野:中央省庁、自治体、準公共団体、年金基金、図書館、大学、研究所、民間企業
拠点:東京、名古屋、大阪、福岡、北京

※当社は、社名「Hitachi Government & Public Corporation System Engineering, Ltd.」(英語表記)より「日立GP」を略称としています。

■ニュースリリースに関するお問い合わせ先
日立公共システムエンジニアリング株式会社 事業推進部 照屋/原
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号 電話:03-5632-1338
リンク

----------------------------------------------------------------

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

----------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。