logo

ソリッドワークス・ジャパン、テクニカル・コミュニケーションツールの新バージョン「3DVIA Composer V6R2013」を2012年9月より特別価格で提供

ソリッドワークス・ジャパン、テクニカル・コミュニケーションツールの新バージョン
「3DVIA Composer V6R2013」を2012年9月より特別価格で提供
~ 3次元資産を全社で有効活用するための革新的なツール ~

2012年8月22日
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、3次元CADデータを活用するためのテクニカル・コミュニケーションツール「3DVIA Composer V6R2013」を、2012年9月3日より、弊社販売代理店網を通じて日本国内でも販売開始いたします。

3DVIA Composerは、親会社であるダッソー・システムズが全世界のダッソー・システムズ販売代理店網を通じ販売をしています。本製品をダッソーグループ全体で取り扱うことにより、お客様の3次元設計データの活用範囲をさらに拡大し、製品をより早く市場に投入できるものづくりプロセスの効率化をサポートしてまいります。

また3DVIA Composerの国内販売開始3周年を記念して、日本のものづくりに関わるより多くの方に3次元資産を有効活用いただくために、3DVIA Composer V6R2013が販売される2012年9月3日より、プロモーション特別価格を設定いたします。

下記対象製品を特別価格にて購入することができます(※表示価格は税抜)。
・対象製品:3DVIA Composer スタンドアロン版
・対象期間:2012年9月3日~2012年12月31日
・通常希望小売価格: ¥1,224,000- → プロモーション特別価格: ¥768,000-

 
「3DVIA Composer」の新機能およびパッケージング
3DVIA Composer V6R2013 には、以下の新機能が含まれています。

1.イメージライブラリ
工具や作業内容を表す標準ライブラリ画像が追加され、 3DVIA Composerのインターフェイス上だけで最短の操作手順で、必要な画像を挿入できます。技術的なコンテンツ作成に最も効果を発揮する3DVIA Composerのよさをさらに生かす、重要な機能強化です。


2.マグネット線のアシスタントツール
その画期的な使いやすさからSolidWorksの図面機能にも追加されたマグネット線が、さらに使いやすくなりました。整列ボタンをクリックし、整列させたいエッジなどを選択するだけで、素早く整列できます。

3.アクターの削除を禁止
設計部門以外の外部へ展開する際に効果を発揮するビューア:3DVIA Composer Playerのセキュリティ機能がより柔軟になりました。セキュリティ機能(Right Manager)からアクターの削除を禁止するオプションが追加されています。これにより、3DVIA Composerのコンテンツを受け取った側が、3DVIA Composer Player上で形状や注記を意図せず削除してしまうことを防止でき、積極的に技術的なコミュニケーションを推進できます。
 

製品の販売とシステム要件について
3DVIA Composerの新バージョンは日本全国のSolidWorks販売代理店から購入できます。3DVIA Composerは、さまざまな異なるソースやシステムからのデータと連携することができます。SolidWorks、CATIA V4/V5、Pro/ENGINEER、Autodesk Inventor、3DXML、STEP、IGES等の3次元CADシステムやファイル・フォーマットをサポートしています。
3DVIA Composerは標準Microsoft(R) Windows(R)デスクトップ上で稼働します。
3DVIA Composerの詳細に関しては、こちらのサイトをご覧下さい。 リンク

また、3DVIA Composerの詳細な説明をご希望の場合は、SolidWorks販売代理店にお問い合わせください。
お近くの販売代理店については www.solidworks.co.jp/sw/contact-sales-representative.htm
をご覧ください。

###
■SolidWorksについて
Dassault Systemes 3DExperienceプラットフォームをベースとするSolidWorks 3Dアプリケーションは、数百万ものエンジニアおよび設計者の革新を支援しています。この製品では、直感的な操作で製品設計、シミュレーション、発行、データ管理、環境負荷評価を行うことができます。最新のニュース、情報、オンライン デモンストレーションについては、当社のWebサイト(www.3ds.com/solidworks)をご覧になるか、お電話で1-800-693-9000(北米以外からの場合は+1 781-810-5011)までお問い合わせください。ワールドワイドでは、教育版を含み累計1,878,300ライセンス/165,900社以上出荷済(2012年 6月 現在)。

■ソリッドワークス・ジャパン株式会社について
(米) Dassault Systemes SolidWorks社の3次元CADソフトウェア 『SolidWorks』製品群および3DVIA製品 等の日本市場における販売・マーケティング、サポートおよびパートナー開拓・技術支援を実施しています。国内主要な製造業を網羅しており、特に設備・装置・機械全般で35%、精密・医療・電子機器・エレクトロニクス全般で35%、それ以外に金型・加工、自動車関連、プロダクトデザイン等に採用されています。現在は単なるモデリングツールではなく、設計を支援するツールとして使い勝手のさらなる追及と設計検証、データ管理・運用等への展開のためのマルチプロダクト戦略で優位性を確保し市場を拡大しています。設立1998 年 12 月 17 日、代表取締役社長 大古俊輔、従業員数70名。日本国内では、教育版を含み累計136,000ライセンス/14,000社以上に出荷済(2012年 6月 現在)。
CATIA、DELMIA、ENOVIA、SIMULIAおよび3DVIAは、ダッソー・システムズ(Dassault Systemes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における登録商標です。


関連URL:リンク

当リリースに関するお問い合わせ先:
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(リンク)
担当:マーケティング部 担当部長 金谷 道雄(かなやみちお)
E-Mail: Michio.Kanaya@3ds.com
〒108-0022 東京都港区海岸3-18-1 ピアシティ芝浦ビル
TEL:03-5442-4005 FAX:03-5442-6256

参考資料:
1.3DVIA Composer について3DVIA Composer は世界で最も使用されている3次元CADメーカーが提供する、製品のテクニカル・コミュニケーションに3次元CADデータを活用するツールです。
・この製品のメリット
・製品の市場への投入期間を短縮できます。
・既存の資料作成手順を劇的に改善します。
・明確で効率的なテクニカル・コミュニケーションが可能です。
 

2.3DVIA Composer の主な活用先
3DVIA Composer は、ものづくり企業が必要とするすべての製品ドキュメントに活用することができます。


記事掲載例(補足資料):

一般向け掲載例
【ソリッドワークス・ジャパン、テクニカル・コミュニケーションツールの新バージョン 「3DVIA Composer V6R2013」を2012年9月より特別価格で提供 - 2012年8月22日】
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、デスクトップ向けテクニカル・コミュニケーションツールの新バージョン「3DVIA Composer V6R2013」を、2012年9月3日より、日本国内において当社販売代理店網を通じて販売を開始します。この製品は、Dassault Systemesグループが提供する、製品の技術的なコミュニケーションに3次元CADデータを活用するツールです。
新バージョンではさらに使いやすく改良されており、製品に関するコンテンツの作成から使用にかかる工数を削減することが可能で、これにより(1)イメージライブラリ、(2)マグネット線のアシスタントツール(3)アクターの削除を禁止する機能、等が盛り込まれています。
また、2012年9月3日から12月末までの約3か月間、日本のものづくりに関わるより多くの方に3次元資産を有効活用頂くために、プロモーション特別価格が設定(3DVIA Composer スタンドアロン版 122.4万円 → 76.8万円)されます。既に国内外での事例も公開されており、ものづくりの根幹を支えるテクニカル・コミュニケーションを支援します。(約500文字)


SolidWorks製品戦略面からの掲載例
【ソリッドワークス・ジャパン、3次元デジタルものづくりの効率化を推進する新バージョン 「3DVIA Composer V6R2013」を2012年9月より特別価格で提供- 2012年8月22日】
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、デスクトップ向けテクニカル・コミュニケーションツールの新バージョン「3DVIA Composer V6R2013」を、2012年9月3日より、日本国内において当社販売代理店網を通じて販売を開始します。
また、2012年9月3日から12月末までの約3か月間、日本のものづくりに関わるより多くの方に3次元資産を有効活用頂くために、プロモーション特別価格が設定(3DVIA Composer スタンドアロン版 122.4万円 → 76.8万円)されます。
新バージョンではさらに使いやすく改良されており、3次元データとの連想を生かし、常に製品ドキュメントのコンテンツを最新に保つ機能を提供することで、製品の市場への投入期間を短縮します。さらに、従来から作成していたドキュメントや製作ツールを生かしたまま、必要なイラストや画像を非常に短時間で作成することで、既存の資料作成手順を劇的に改善し、明確で効率的なテクニカル・コミュニケーションを実現します。
また、これらは組立指示書などを取り扱うエンジニアリング部門はもちろんのこと、製品カタログ、WEBコンテンツなどを取り扱う企画・マーケティング及び営業部門でも利用できるような操作性、利便性を備えており、既にいくつかの国内外の事例が発表されています。DSソリッドワークス社は、1995年から3次元設計ツール「SolidWorks」を販売。2003年からは設計検証・解析ツールを、2007年からは本格的なデータ管理ツールを提供してきました。これらの製品群は、3次元CADを単なるモデリングツールから、設計要件を考慮した設計検証ツール、そして生産要件をも考慮した検討ツールへと進化し、エンジアリング全体を最適化する設計ツールとして他社に先駆けて可能としてきました。そして、今回の第4の製品「3DVIA Composer」で製品のテクニカル・コミュニケーションを改善させることで、3次元データをより広範に、効率的に活用することを提案し、製品リリースまでのものづくりプロセス全体を飛躍的に向上させることを目指します。(約900文字)

以上


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。