logo

新規ブログを公開 - 4つのテーマのもと、写真・ムービーの裏の裏まで明らかに

マンフロット 2012年08月08日 12時28分
From PR TIMES



カメラ・映像サポート機材でイメージング業界をリードするマンフロット(本部:イタリア)では、新しく、写真やムービーの裏の裏まで明らかにするブログ「Imagine More(イマジン・モア)」、日本語ページURL: リンクを立ち上げました。

マンフロットは昨年より、 「Imagine More(イマジン・モア)」 プロジェクトを推進し、そのテーマのもと製品開発やコミュニケーションプログラムを展開して参りました。そして今回、Imagine Moreプロジェクトを一層進めるべく、新しいブログを立ち上げました。

ブログコンセプトは、「デイリーライフからハプニングまで、インスピレーションにあふれた写真やムービーは、それ自体がストーリー」。毎週数回に渡り、世界中の美しい画像や面白動画、感動的な写真など、ソーシャルメディアで話題のものをお届けすると同時に、写真や動画に隠された意味もお伝えしていきます。

今回マンフロットが立ち上げたブログは、日本語のみならず、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、中国語と、6か国語で展開しています。マンフロットは、世界各国の写真やムービー好きの皆さまと、このブログを通じてインタラクティブに繋がっていきます。

ブログは、前述したコンセプトをもとに、以下の4つの主要テーマを設けて展開していきます。

- パーソナリティ(PERSONALITY): 「全ての写真はセルフ・ポートレイトのようなもの」、を合言葉に、このテーマでは、それぞれの写真が持つパーソナルな意味を解き明かしていきます。毎週、心理学者が、SNSのプロフィール写真を分析し、見解を述べつつ、そのプロフィール写真が何を物語っているかを解説するのがこのテーマのコーナーとなります。

- ライフ(PHYSICALITY): 日々の瞬間の出来事を上手く捉え、ユーザーの心を鷲づかみにするのはどんな人なのか、また、どうやってそういった瞬間を写真やムービーに納めているのかをテーマに、世界の人々とコミュニケーションをはかりながら、その神髄をお伝えしていきます。

- 話題のモノ・コト(POPULARITY): このテーマでは、ほかの時間と比べて、ある一瞬が特別なのはどうしてか、そして、そういった瞬間を捉えた写真やムービーが共感され広まっていくのはなぜなのかをお伝えしていきます。ネット上で人気のブログや写真、ムービーもご紹介します。

- 実用アドバイス(PRACTICALITY): このテーマでは、ちょっとした実用的な撮影テクニックや、スマートフォンなどで使えるアプリ、便利なサイト、撮影に関する簡単な裏テクニックなどをお伝えします。日々を写真や映像に捉えてブログやSNSにアップしたいという方にぴったりです。

本ブログでは、この4つのテーマのもと、これから開催するフォトコンテストに参加いただいたり、Flickr写真の心理分析に耳を傾けたり、人気の画像や動画で楽しんだりしていただくことで、写真や映像の広がる世界を体験いただけるようになっています。長年に渡り、多くの人々に親しまれてきたのが写真であり、この写真が起点となって生まれる情熱に触れていただくこともできるでしょう。

マンフロットのコミュニケーション・ディレクター Simona Colomboは、このブログに関して次のように語っています。「このプログラムは、カンバセーション(対話)に参加する1人となっていただくことで、私たちと皆さんがつながることができるものです。私たちは、皆さんに写真やムービーを撮影していただければと考えています。そして、皆さん自身が行っている撮影や共有、それら全般をもっと素晴らしいものにすることができるように、このブログを通じてお手伝いしたいと考えています」

マンフロットは、40年以上も、カメラ・映像サポート機材のリーディングカンパニーとして、「Imagination(想像力)」をサポートするお手伝いをしてきました。 そして写真・映像の関連トピックを捉え、探究し、ブログ「Imagine More」を通じて、新たなコミュニケーション手段を誕生させました。

ブログ「Imagine More」は、マンフロットのFacebookならびに、Twitterとも連動して、写真・映像にまつわる様々な情報やコンテスト、更新情報などをお伝えしていきます。

各URLは以下の通り:
Imagine More: リンク
Facebook : リンク
Twitter: リンク


Manfrotto(VITECグループ):
マンフロットは撮影用機材をデザイン・製造・販売する世界的なリーディングカンパニーです。イタリアの報道カメラマンであったリノ・マンフロットにより1972年にベニス近郊の街、バッサーノ・デル・グラッパで創業されました。写真家としての豊富な経験が注ぎ込まれた革新的な撮影機材は、一躍世界で脚光を浴びるようになりました。その妥協のない製品哲学を受け継ぐ三脚や雲台、スタジオ用機材の数々は今尚、世界中のプロカメラマンや写真愛好家に親しまれています。1989年より英国VITEC(バイテック)グループの傘下に入りました。VITECグループには同じ三脚メーカーのGITZO(ジッツオ)やカメラバッグのKATA(カタ)など、世界的なブランドが多数あります。
www.manfrotto.jp

マンフロット株式会社(日本輸入総販売元):
英国VITECグループの日本法人として、Manfrottoをはじめ、同じくグループ傘下のGITZO、KATA、NATIONAL GEOGRAPHIC(ナショナルジオグラフィック)、Lastolite(ラストライト)、Colorama(カロラマ)などのブランドの、三脚、雲台、カメラバッグ、照明機材、背景紙等のマーケティングと国内販売を行っています。
www.manfrottodistribution.jp



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。