logo

【SolidWorks】ソリッドワークス・ジャパン、射出成形 樹脂部品の検証ための新製品、「SolidWorks Plastics」を販売開始

ソリッドワークス・ジャパン、射出成形 樹脂部品の検証ための新製品、 「SolidWorks Plastics」を販売開始

射出成形 樹脂部品のための設計者向け検証ツール

2012年7月30日
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、射出成形の樹脂部品の設計者向け検証ツール「SolidWorks Plastics」を、2012年9月3日より、弊社販売代理店網を通じて日本国内でも販売開始することをここに発表します。

SolidWorks Plastics製品は、SolidWorks CAD製品に完全統合されており、作成した設計データを同じインターフェイス上で樹脂部品として簡単に検証することができます。樹脂部品の初心者でもすぐに使える便利なアシスト機能を持ち、さらに樹脂のプロにも役立つ「樹脂の温度」や「せん断応力」の分布を確認する機能も提供されます。

SolidWorks Plastics製品は、プラスチック射出成形シミュレーションソフトウェアの大手供給業者SIMPOE SAS(以下、SIMPOE)社の技術をベースにしています。SIMPOE社は現在、SolidWorks Gold Partnerとして、完全に統合された相互運用可能な「シングルウィンドウ」機能をSolidWorksに提供しています。

「SolidWorks Plastics」のパッケージング
SolidWorks Plastics製品には、以下の主な機能が含まれています。

1.SolidWorks Plastics Professional: ライセンス希望小売価格 60万円
o樹脂部品を設計するすべての製品設計者に役立つ基本機能
o充填、ウェルドライン、ショートショット、エアトラップなどを検証
o樹脂の温度とせん断応力の変化を確認し、設計の方向性の決定に活用

2.SolidWorks Plastics Premium: ライセンス希望小売価格 180万円
oSolidWorks Plastics Professionalの全機能を包含
o保圧も考慮した、射出成形機や金型の検討役立つ上位版
o収縮、マルチキャビティ、複数材料、ランナー検討などに対応

 
製品の販売とシステム要件について
SolidWorks Plastics製品は日本全国のSolidWorks正規販売代理店から購入することができます。
SolidWorks Plastics製品の詳細に関しては、こちらのサイトをご覧下さい。 リンク

また、SolidWorks Plastics製品の詳細な説明をご希望の場合は、SolidWorks正規販売代理店にお問い合わせください。お近くの販売代理店については www.solidworks.co.jp/sw/contact-sales-representative.htmをご覧ください。


###
■SolidWorksについて
Dassault Systemes 3DExperienceプラットフォームをベースとするSolidWorks 3Dアプリケーションは、数百万ものエンジニアおよび設計者の革新を支援しています。この製品では、直感的な操作で製品設計、シミュレーション、発行、データ管理、環境負荷評価を行うことができます。最新のニュース、情報、オンライン デモンストレーションについては、当社のWebサイト(www.3ds.com/solidworks)をご覧になるか、お電話で1-800-693-9000(北米以外からの場合は+1 781-810-5011)までお問い合わせください。ワールドワイドでは、教育版を含み累計1,790,200ライセンス/160,700社以上出荷済(2012年 3月 現在)。


■ソリッドワークス・ジャパン株式会社について
(米) Dassault Systemes SolidWorks社の3次元CADソフトウェア 『SolidWorks』製品群および3DVIA製品 等の日本市場における販売・マーケティング、サポートおよびパートナー開拓・技術支援を実施しています。国内主要な製造業を網羅しており、特に設備・装 置・機械全般で35%、精密・医療・電子機器・エレクトロニクス全般で35%、それ以外に金型・加工、自動車関連、プロダクトデザイン等に採用されていま す。現在は単なるモデリングツールではなく、設計を支援するツールとして使い勝手のさらなる追及と設計検証、データ管理・運用等への展開のためのマルチプ ロダクト戦略で優位性を確保し市場を拡大しています。設立1998 年 12 月 17 日、代表取締役社長 大古俊輔、従業員数70名。日本国内では、教育版を含み累計134,500ライセンス/13,800社以上に出荷済(2012年 3月 現在)。

CATIA、DELMIA、ENOVIA、SIMULIAおよび3DVIAは、ダッソー・システムズ(Dassault Systemes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における登録商標です。


関連URL:リンク

当リリースに関するお問い合わせ先:
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(リンク)
担当:マーケティング部 担当部長 金谷 道雄(かなやみちお)
E-Mail: Michio.Kanaya@3ds.com
〒108-0022 東京都港区海岸3-18-1 ピアシティ芝浦ビル
TEL:03-5442-4005 FAX:03-5442-6256

参考資料:
1.SolidWorks Plastics製品について
SolidWorks Plastics製品は世界で最も使用されている3次元CADメーカーが提供する、射出成形 樹脂部品のための設計者向け検証ツールです。

・この製品のメリット
・SolidWorksに統合された圧倒的な使いやすさ。
・樹脂部品の初心者でもすぐに使える、設計に便利なアシスト機能。
・樹脂のプロにも役立つ、樹脂の温度とせん断応力の分布を即座に確認。

2.SolidWorks Plastics製品が役立つポイント
SolidWorks Plasticsを部品設計の早い段階で活用し、最小のコストと期間で最大の効果を獲得!
・樹脂部品で発生する手戻りの80%を占める、設計段階の原因を解決。
・材料の変更による成形の変化を共有し、確保したい部品強度と生産性を両立
・部品設計の意図を金型設計者に、金型設計の意図を部品設計者に伝えるための共通言語。
・成形の難易度、温度変化、せん断応力変化の情報を共有し、複雑な諸条件の組み合わせを検討。
・設計段階からのパートナーとのコミュニケーションにより、手戻りしない設計を実現。




記事掲載例(補足資料):

一般向け掲載例
【ソリッドワークス・ジャパン、射出成形 樹脂部品のための設計者向け検証ツール「SolidWorks Plastics」の国内販売開始を発表 - 2012年7月30日】
ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、設計者向け射出成形 樹脂部品の検証ツールの新製品「SolidWorks Plastics」を、2012年9月3日より、日本国内において当社販売代理店網を通じて販売を開始します。本製品は、製品設計者が作成した設計データを同じインターフェイス上で簡単に樹脂部品として検証することができるツールです。
SolidWorks Plastics製品は、SolidWorks CAD製品に完全統合されており、作成した設計データを同じインターフェイス上で樹脂部品として簡単に検証することができます。樹脂部品の初心者でもすぐに使える便利なアシスト機能を持ち、さらに樹脂のプロにも役立つ「樹脂の温度」や「せん断応力」の分布を確認する機能も提供されます。
SolidWorks Plastics製品は部品設計の意図を金型設計者に、金型設計の意図を部品設計者に伝えるための共通言語として、日本のものづくりを支えます。(約360文字)


SolidWorks製品戦略面からの掲載例
【ソリッドワークス・ジャパン、プラスチック部品の設計を効率化し、金型設計者とのコミュニケーションを助ける新製品「SolidWorks Plastics」の国内販売開始を発表 - 2012年7月30日】

ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)は、設計者向け射出成形 樹脂部品の検証ツールの新製品「SolidWorks Plastics」を、2012年9月3日より、日本国内において当社販売代理店網を通じて販売を開始します。本製品は、製品設計者が作成した設計データを同じインターフェイス上で簡単に樹脂部品として検証することができるツールです。
SolidWorks Plastics製品は、SolidWorks CAD製品に完全統合されており、作成した設計データを同じインターフェイス上で樹脂部品として簡単に検証することができます。樹脂部品の初心者でもすぐに使える便利なアシスト機能を持ち、さらに樹脂のプロにも役立つ「樹脂の温度」や「せん断応力」の分布を確認する機能も提供されます。

DSソリッドワークス社は、1995年から3次元設計ツール「SolidWorks」を販売。2003年からは設計検証・解析ツールを、2007年からは本格的なデータ管理ツールを提供してきました。これらの製品群は、3次元CADを単なるモデリングツールから、設計要件を考慮した設計検証ツール、そして生産要件をも考慮した検討ツールへと進化し、そして、今回の第4の製品「3DVIA Composer」で製品のテクニカル・コミュニケーションを改善させることで、エンジアリング全体を最適化する設計ツールを他社に先駆けて提供してきました。そして今回、ものづくりの共通言語として射出成形 樹脂部品の検証ツールを提供し、製品リリースまでのものづくりプロセス全体を飛躍的に向上させることを目指します。(約600文字)

以上




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。