logo

ホームページのアクセシビリティをサポートする「ZoomSight」(ズームサイト)が第6回キッズデザイン賞を受賞



~子どものホームページを活用した学習を「音声よみあげ・ふりがな」でサポート~

日立公共システムエンジニアリング株式会社(取締役社長:建部 清美/東京都江東区)が開発・販売しているホームページのアクセシビリティ・サポートツール「ZoomSight(ズームサイト)クラウド型」が、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会主催(後援:経済産業省)の「第6回キッズデザイン賞」を受賞しました。

「ZoomSight」は、ホームページのアクセシビリティに配慮し、文字や画像のサイズ、色を変更することで、ホームページを快適に閲覧するためのソフトウェアです。本製品は、2002年にインストール型で提供開始して以来、Webアクセシビリティへの関心の高まりを受け、160以上の自治体・民間企業のホームページに導入されてきました。2012年4月より、インストール不要のクラウド型もあわせて提供しています。

近年、情報教育や授業におけるICT活用など、教育現場での情報化が進み、子どもがインターネットを利用する機会が増加しています。本製品は、子どもがホームページを利用する際に読めない漢字や単語を「音声よみあげ」機能や「ふりがな」機能により読めるようにすることで、新しい知識の習得をサポートし学習意欲の向上に貢献します。

操作するコントローラーは、直感的に操作できるデザインにこだわり、難しい漢字を使っておらず、子どもでもスムーズに利用できるよう設計しました。また、クラウド型で提供することでインストール不要のため、スムーズに使い始めることができます。

■キッズデザイン賞について
「キッズデザイン賞」は、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」、「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」、「子どもたちを産み育てやすいデザイン」の3つのデザインミッションから構成された、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会主催(後援:経済産業省)の顕彰制度です。受賞作品は「キッズデザインマーク」を使用することができます。

■ZoomSight(ズームサイト)の受賞暦
本製品は、これまでにも次の賞を受賞しています。
・2004年、2006年 グッドデザイン賞受賞(インストール型)
・2007年 キッズデザイン賞受賞(インストール型)

■関連ホームページ
アクセシビリティサポーター「ZoomSight」(ズームサイト)
リンク

■商標名称に関する表示
「ZoomSight」は、日立公共システムエンジニアリング株式会社の登録商標です。

■会社概要
会社名:日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP※1)
資本金:3億円
従業員数:930人(2012年4月)
事業概要:(1)業務システム開発を中心としたソリューション事業
     (2)パッケージ・ソリューション事業
     (3)レガシー・システム再生ソリューション事業
     (4)インターネット総合サービス事業
     (5)日立製品の販売事業
対象分野:中央省庁、自治体、準公共団体、年金基金、図書館、大学、研究所、民間企業
拠点:東京、名古屋、大阪、福岡、北京

■日立GPのWebサイト
リンク

※1 当社は、社名「Hitachi Government & Public Corporation System Engineering, Ltd.」(英語表記)より「日立GP」を略称としています。

■本件に関するお問い合わせ先
日立公共システムエンジニアリング株式会社 広報担当 森崎・照屋・原
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号
電話:03-5632-1338(直通)
E-mail:news-release@ml.gp.hitachi.co.jp

----------------------------------------------------------------

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

----------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。