logo

プログラミングができなくてもjQueryサイトが作れる!『LiVE for WebLiFE* 実践講座』開講 ~受講&習得できるのは“デジハリ・オンラインスクール”のみ~



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド]は、「デジハリ・オンラインスクール」の新講座として、株式会社デジタルステージと共同企画による新講座を開講いたします。

 新講座は、デジタルステージが発売するウェブ制作ソフト『LiVE for WebLiFE*』(ライブ・フォー・ウェブライフ、以下『LiVE』)を使用し、専門的な知識のない方でもjQueryベースのウェブサイトを作ることができる、eラーニング講座『LiVE for WebLiFE* 実践講座』で、8月9日(木)より受講申込受付を開始し、8月29日(水)より順次開講いたします。

 当講座はデジハリ・オンラインスクールとデジタルステージの共同企画であり、『LiVE』を学べる公式講座となります。

 『LiVE』は、瞬時に見る人の心や感情に訴えかける提案型のウェブを作ることに特化したウェブ制作ソフトです。『LiVE』を使用することによって、ウェブ業界の最新トレンドである、フルスクリーンデザインやスライド毎のサウンドエフェクト、サイトに奥行きを持たせるパララックス効果など、HTML5やCSS3、jQueryで構築されたウェブサイトをプログラミング知識ゼロで制作することができます。



<講座の特長>
◎プロのマーケッターからウェブプレゼンテーションの本質を学べる
観る人の心をつかむ、プレゼンテーションをするようにウェブサイトを構築
するにあたって必要なことは“ストーリーを語る力”です。
本講座では、これまで数多くの広告制作やWeb構築に携わってきた“プロ”が、
ユーザーの心を一瞬でつかむ、ストーリーテリング術をしっかり伝授して
いきます。

◎現役Webクリエイターから制作スキルが学べる
本講座のソフト操作を習得する「テクニック編」を担当するのは、現役の
ウェブクリエイター。
制作現場の最前線で、パララックス型ウェブサイトなどの最先端表現を担う
クリエイターだから、伝えられるウェブクリエイションの“イマ”を習得
いただけます。

◎オンライン授業だからいつでも、どこでも、何度でも学べる
学習は全てインターネット上にアップロードされている動画で行います。
だから「いつでも」「好きな時に」自分のペースで学習することができます。
また、期限内であれば繰り返し何度でもご覧いただくことが出来るので
初心者でも安心して学習いただくことが可能です。

◎授業して使用したオリジナルウェブサイトデータがもらえる
 「テクニック編2」をご受講頂くと、実際の授業で使用したウェブサイト
のデザインデータ一式が教材として付属します。
このデータは著作権フリーなので、ご自身で制作されるウェブサイトにも
ご使用いただく事ができます。


<講座概要>
1.ナレッジ編:「Webコミュニケーション進化論」 ~Webと消費者の変化から明日のWebを考えよう~
2.テクニック編1:機能を覚えてダイナミックなサイトをつくろう
3.テクニック編2:今すぐ使えるオリジナルデザインに挑戦しよう
※授業は単体でもご受講頂くことが可能です。


<対象者>
jQueryサイトを制作したい方
最先端なダイナミックなウェブサイトを制作したい方


<授業時間>
[3講座合計:270分/3ヶ月間]


<受講料(税込)>
受講料:3講座セット25,900円
3講座セット+LiVE(ソフト)付属版:48,700円
ナレッジ編  7,900円
テクニック編1 7,900円
テクニック編2 14,900円

詳細はこちら:リンク


【デジハリ・オンラインスクール 紹介】
リンク
「デジハリ・オンラインスクール」は、母体である専門スクール「デジタル
ハリウッド」で培ってきた実績あるカリキュラム、さらにはデジタルハリ
ウッドの創設以来の理念である「産学協同」のコンセプトに基づく企業との
コネクションを積極的に活かしたカリキュラムを学習することが可能なeラー
ニングスクール。
IT・デジタルコンテンツ産業で仕事をするために必要なスキルを習得する
カリキュラムを、スクールに通うことなく自宅のパソコンとインターネット
で受講が可能。双方向でのやり取りが可能なインターネットによるリアル
タイム授業提供の仕組みを最大限に活かし、ITスキルやデジタルコンテンツ
制作スキルを身に付けたいと思っていても、近くにスクールがなく、学ぶ
ことができなかった全国の方々に新しい学びの場を提供している。




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。