logo

『トリップアドバイザー・バケットリスト』を開始 ~ 世界の旅をキュレーション、第1回はワイルドなスイミングスポット ~

トリップアドバイザー株式会社 2012年07月20日 15時13分
From PR TIMES



世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本考伸、 リンク)は、死ぬまでに一度は訪れてみたい世界の絶景スポットをテーマごとにまとめて毎週紹介する「トリップアドバイザー・バケットリスト」をスタートしましたのでお知らせいたします。

「バケットリスト(Bucket List)=棺桶リスト」とは、英語の口語表現で「死ぬまでにやっておきたいことの一覧」という意味。
トリップアドバイザーには、世界のほぼ全ての国*をカバーする、約17万5000件の観光スポットや55万5000軒のホテル、78万軒のレストランなどに対して、1000万枚を超える写真や6000万件を超える口コミが世界中の旅行者から投稿されています。

今回スタートした「トリップアドバイザー・バケットリスト」は、“死ぬまでに行きたい・見たい”世界中の観光スポットやイベント、ホテルなどを、これらの旅行者から寄せられた情報をもとにテーマ別に編集し紹介していく旅のキュレーション/まとめサービスです。

「トリップアドバイザー・バケットリスト」は、世界の驚くような絶景を紹介することで、旅への意欲を刺激したり次の旅のプランの一助となるだけでなく、ブラウザ上でひとときのバーチャルトラベルを体験できるような楽しいコンテンツを目指し、2012年7月から毎週公開していきます。

本日公開した第1回のバケットリストは「死ぬまでに泳ぎたい、世界のワイルドなスイミングスポット12」 リンク で、今後「世界の今にも転げ落ちそうな岩場」「世界の迫力がありすぎる滝」など、独自のテーマで世界の観光スポットをまとめて、順次紹介していく予定です。

トリップアドバイザーでは、すでに旅に関するお役立ち情報を視覚化したインフォグラフィックを集めたサイト「トリップグラフィックス(tripgraphics)」(リンク)を、昨年の8月より公開しており、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアにおいてのべ2万件をこえるエンゲージメント(反響)を獲得しています。

今回の「トリップアドバイザー・バケットリスト」も、TwitterやFacebook、Pinterestなどを通じて、より多くの旅行ファンの皆様に共有されることを期待しています。

「トリップアドバイザー・バケットリスト」は、マスメディアやソーシャルメディアを通じた自由な利用を想定しています。ぜひ御メディアでのご紹介、ご活用を賜れば幸いです。紹介している各スポットの画像データのご提供もいたしますので、ご相談ください。

*南スーダン、ナウル、赤道ギニアを除く

トリップアドバイザーについて:
トリップアドバイザー(本社:米国マサチューセッツ州ニュートン)は、旅行者が最高の旅行を計画し実行するための世界最大の旅行サイト。旅行者の実体験に基づくアドバイスと、幅広い旅行の選択肢および予約ツールとシームレスにつながったプランニング機能を提供しています。
世界最大の旅行者のコミュニティとして、世界30カ国でサイトを展開し (中国ではdaodao.comとして運営)、月間ユニークユーザー 数5000万人、6000万件以上のクチコミ情報を掲載しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。