logo

映画『マダガスカル3』の製作に参加、本場ハリウッドのスタジオで働く日本人クリエイターによるメイキングセミナー ~ビジュアルディベロップメントの世界とは~



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド] では、8月1日(水)より3D・2D同時公開となる、映画『マダガスカル3』の制作スタッフとして参加をされていた日本人クリエイター、伊藤頼子さんをお招きし、『マダガスカル3』を通じてVD(ビジュアルディベロップメント)というお仕事に関する解説や本作のメイキングセミナーを開催いたします。

 全米を始め世界28カ国で公開された『マダガスカル3』は記録的な大ヒット発進を遂げ、ロシアでは、ロシア映画史上歴代最高記録となるオープニング成績を樹立、全米では2012年公開作品No.4の大ヒットスタートを記録しています。

 本作で伊藤さんは、脚本を元にイメージボードという「絵」を書くVD(ビジュアルディベロップメント)というお仕事をされています。

 そこで、今回は日本ではまだ馴染みの無いVD(ビジュアルディベロップメント)の仕事の紹介や魅力をご紹介していただきます。

 参加は無料となっておりますのでお誘い合わせの上是非お申込みください(要事前予約)。



◎メイキングセミナーの詳細
リンク


【映画『マダガスカル3』メイキングセミナー 概要】 
日時:2012年7月22日(日) 14:00~16:00、13:45開場
場所:デジタルハリウッド東京本校 1Fセミナールーム
   東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg.
   「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・
   「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
   東京本校の地図→ リンク
定員:50名 


【講師】
伊藤頼子(いとうよりこ)氏
アメリカ・サンフランシスコ在住。
15年以上アメリカでアニメーションの映画業務に携わる。
2011年よりサンフランシスコに出来た新しいストップモーションスタジオ
「Cinderbiter(シンダーバイター)」にてビジュアルディベロップメント
の仕事を手掛ける。
過去にもドリームワークスアニメーションで約12年、背景画やビジュアル
ディベロップメントを担当。
主な作品は、プリンス・オブ・エジプトから始まり最近ではマダガスカル1
~3、シュレック2、4など。
日本へ帰国の際にはCGやアニメーション学校などで特別セミナーを開催。


【モデレーター】
デジタルハリウッド大学 准教授 小倉以索


【作品紹介】
『マダガスカル3』公式サイト
リンク
8月1日(水、映画ファーストデー)3D・2Dで同時公開
配給:パラマウント ピクチャーズ
画像クレジット:(C)2011 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。