logo

日産ソーシャルメディアプロジェクト 『にっちゃん』企画第1弾!鈴木おさむ編集長によるワクワク企画 「あなたの企画を『2.3万円』でお買い上げします。」 7月13日よりFacebook内にOPEN



日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン、以下:日産自動車)は、7月12日(木)より、ソーシャルメディアプロジェクト「にっちゃん」の第1弾企画として、「あなたの企画を2.3万円でお買い上げします。」を日産ソーシャルサイトにてスタートしました。また13日(金)より、日産のFacebookページでも同企画をスタートしました。

日産のソーシャルメディアプロジェクト「にっちゃん」は、6月28日(木)に始動したソーシャルメディアを活用し「今までなかったワクワク」を皆さまとともにつくっていくプロジェクトです。プロジェクト編集長に、放送作家の鈴木おさむさんを起用し、“日産の本気の新しいチャレンジ”として、ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションに取組んでまいります。

記念すべき当プロジェクト第1弾の本企画では、あなたの「こんな日産だったら、クルマを買う!」というアイデアから「日産ショールームにイケメン増やしてほしい!」などの些細な企画まで、日産の車や会社、ショールームなど日産のすべてに関する皆様のアイデア・企画を日産ソーシャルサイト、及び日産のFacebookページにて大募集いたします。応募いただいたアイデアは、鈴木おさむ編集長により厳正に審査され、厳選されたアイデアは『2.3万円(にっさん)』でお買い上げさせていただきます。また編集長自らそのアイデアを日産自動車に提案し、日産としても本気で検討していきます。日産のクルマにあなたのアイデアが採用されるかもしれない、というワクワクが詰まった企画です。思わずクルマに乗りたくなる、日産のお店に行きたくなる、そんなアイデアを是非ともご投稿ください。

「にっちゃん」では今後も引き続きいろいろな企画を通じて「今までになかったワクワク」を皆様と作っていきます。

応募先及び検索ワード
【日産ソーシャルプロジェクトURL】リンク     ※7月12日より
【日産オフィシャル Facebook URL】リンク ※7月13日より
【検索】             日産 ソーシャル


■にっちゃん企画第1弾「あなたの企画を『2.3万円』でお買い上げします。」に対する鈴木おさむ編集長の意気込み

来ましたよ!今日から企画の一つがスタート。みなさんの企画を2.3万円でお買い上げする企画が開始です!これは、日産の車や会社、ショールーム、なんでもいいから皆さんの日産に対する企画を考えてください!ってもの。僕が買い取り企画にしたものは、2.3万円(日産だから2万3千円ってことですよ!)をお支払いします。毎月発表するから明朗会計!できたら一月に何本か買い取りたいです。 何でもいいです!日産の車、シートに座った瞬間、体重と体脂肪を測ってくれたらいいのにね!とか。日産ショールームにイケメン増やしてほしいね!とか。日産の会社のキャッチコピーになるような川柳考えたぞ!とか。どんな些細なことでもいいから、待っています!
まずは応募することから始めよう!全員がプランナー計画!全員が放送作家!

■今後の鈴木おさむ編集長による『にっちゃん』企画案

【究極の「移動事務所カー」を作れ。】
いろんなタレントさんには「移動車」がある。僕は超快適で、事務所として使えるクルマがほしい。たとえばクルマのなかでネット環境がどこまで整うのかとか。僕が普段家の中でやっていることをどこまでクルマのなかで実現できるのかを検証する。

【鈴木おさむプレゼンツ ハッピーどっきり企画】
僕がやってきた、テレビの“どっきり”番組でのノウハウを本気でつぎ込む。日産のあるクルマを買ってくれた一般の人と、その家族を対象に、ある日突然の「ハッピーどっきり」を仕掛け、日産のソーシャルサイトやFacebookで発表して共有する。

【検証「クルマでモテるのか?」】
僕らはとにかくクルマを持っているヤツらがモテた世代だが、今の若者達は、クルマもってない子が多い。その子にクルマを与えたら、モテるようになるのか? もしかしたらモテないのかもしれないが、クルマをもったらどれだけ生活が変わるのか、というのを日産のソーシャルサイトやFacebookで発信する。

【過去の名車倉庫に潜入!】
日産さんなので、いっぱいいろんな名車を持ってるんですよ。そういう倉庫があるんですが、そこに僕らが潜入し、クルマの写真を勝手にとって、ネット上にアップしていこうと思う。これは好きな人にはたまらない企画です。

【日産・センター試験】
日産社員が実際どこまでクルマのことをわかってるのか? ということを、抜き打ちで社員の人にテストする。そして、その結果を全部ソーシャルメディアで発表する。もしかしたら恥をかいてしまうかもというギリギリの線だが、それくらい本気ということ。

【ソーシャルで募集 電気自動車10番勝負!】
僕も正直良く知らなかった。電気自動車って、どのくらいすごいの!?っていう質問をもとに、僕がいろいろ試してみる。どれくらいパワーがあるのか、とか、意外に加速がすごいとか。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。