logo

最新情報を片手に銀座 ソニービルを探検しよう!初の「ソニービル 公式アプリ」がソニーの体験型アプリケーションとして2種類登場!7/16(月・祝)13:00~ Android向けに提供開始

ソニー企業株式会社 2012年07月12日 13時02分
From PR TIMES



東京・銀座 ソニービルは、ソニービル初の公式アプリ2種類(Android向け)の提供を開始いたします。ソニーの体験型アプリケーション群「x-アプリ・シリーズ」(※1)の新作アプリとして”ソニービル案内情報のエンタテインメント化” を行い、分かりやすく且つ新鮮な驚きを楽しめる顧客体験を演出します。これらのアプリはソニー株式会社、ミライアプリ株式会社、株式会社ZEPPELINの協力のもとに制作いたしました。ソニービルでは今後、各種イベント開催に加えて公式アプリならではの多彩な情報や機能を順次拡充させ、より先進的で楽しいソニービル体験をお客様にご提供するよう努めてまいります。

「x-Floorscopy (エックス・フロアスコピー)」
ソニービルの建築的特色である花びら構造のデザインをベースに、各フロアの展示内容を表示するフロアガイドアプリです。透視感覚3Dインターフェースで建物を表現することで、新感覚でビルの内外を一望できます。

「x-Corocoro Info (エックス・コロコロインフォ)」
ソニービル、およびその周辺の最新イベント情報を表示する情報カタログアプリです。 積み上がった60個のブロックを気ままにタッチすると、コロコロと多彩な動きや音と共に情報が変化するので、楽しみながら遊び感覚で最新情報に出会えます。

2012年7月16日(月・祝)13:00~Google Play上で提供を開始する予定です。また、同日から始まるソニービル全館イベント「45th Sony Aquarium」と連携したアプリ体験イベントも、提供開始とともに週末限定で開催いたします。
「x-アプリ・シリーズ」では今後、「ソニービル 公式アプリ」を第一弾として、様々な地域や店舗等のリアル空間の話題作りや活性化をサポートするプラットフォーム展開を想定しています。
※1:「x-アプリ・シリーズ」とは、映像や音声などの多彩なコンテンツを加工・演出することで、新しいユーザー体験を提案するソニーの「体験型アプリケーション」群です。主なものに、「x-おまかせ・まる録」、「x-Pict Story」、「x-Radar」、「x-Jiken」などがあります。


■ソニービル 公式アプリ 体験イベント概要
ソニービル公式アプリの体験イベントを開催いたします。ソニービル全館イベント「45th Sony Aquarium」と連携した、南国の海辺にあるバーカウンターをイメージした特設体験コーナーです。アプリを体験し、アンケートにお答えいただいた方にはノベルティをプレゼントするほか、1日7回(7月16日のみ6回)、スペシャルノベルティが当たる抽選会を実施いたします。

・開催日 : 7月16日(月)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
       8月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)
・開催時間 : 11:00~19:00(7月16日のみ13:00~)
・開催場所 : ソニービル1Fエントランスホール


【ソニービル 公式アプリ 詳細】※2つのアプリは連携することができます。


1.透視能力でルートを探せ!近未来フロアガイド「x-Floorscopy(エックス・フロアスコピー)」
ソニービルの建築的特色である花びら構造のデザインをベースに、各フロアの展示内容を表示するフロアガイドアプリです。


特徴1 :新開発!透視感覚3Dインターフェース搭載
ソニービルの建築的特色である花びら構造そのものをエンタテインメント化しました。ビルを透視するような透視感覚3Dインターフェースによって、ビルの外観と内部のフロアの構造を同時に見渡すことができる新感覚UIです。傾きセンサーとタッチパネルの活用によりスマートフォンやタブレットを上下に傾けたり、画面にタッチすることで、あらゆる角度からビルの構造をお楽しみいただける、体感インタラクションを採用しています。

特徴2 : 3D&2Dのシームレスインタラクション
各フロアの情報には、分かりやすく写真を用いた2Dの画面をご用意。3Dによってビルの構造を表示する画面と、2Dによって各フロアの情報を表示する画面の両方に共通するフロア表示部分を、画面の遷移を越えてシームレスに表示する技術を採用。3Dと2Dの異なる表現の画面を自然にお楽しみいただけます。フロア情報画面では、フロアマップをタッチすることで目的の場所を探したり、自動スクロールに任せてフロアを回遊して散策気分を楽しむことができます。

特徴3 : 線画と黒背景を基調としたシンプルな近未来感デザイン
全く新しい透視感覚3Dインターフェースと傾きセンサーを用いた体感インタラクションを活かすため、線画でシンプルにソニービルを表現。バーチャルな空間に浮かぶソニービルをリアルな場所で散策する、という近未来感覚をお楽しみいただけます。


2.コロコロ動かしてお宝を捕まえろ!遊び感覚情報カタログ「 x-Corocoro Info(エックス・コロコロインフォ)」
ソニービル、またはその周辺の最新イベント情報を表示する情報カタログアプリです(現時点ではソニービル内の情報から案内開始)。

特徴1 :宝探しのように、最新情報を楽しく探せます!
積み上がった60個のブロックを気ままにタッチすると、ソニービルや周辺の最新情報をランダムにキャラクターが紹介します。 タッチするたびに異なる情報が表示され、まるで宝探しのように楽しみながら遊び感覚で最新情報に出会えます。インタラクションの楽しさの中から生まれる情報との出会いをテーマとした、最新情報提供の新しいスタイルを提案します。

特徴2 :多彩な表示エフェクトとサウンド
最新情報はキャラクター達による楽しい7種類のエフェクトとサウンドとともにランダムに表示されます。大人から子供まで、ついつい何度も試したくなる楽しさを表現しました。

特徴3 :キャラクターによる道案内
ソニービルやその周辺の最新情報との出会いを、ブロック型のキャラクターがコロコロと楽しく演出。時には2つのソニービル公式アプリを行ったり来たりする道案内役も担っています。アプリのあちこちに現れるキャラクターをどんどん触ってお楽しみください。また、体験イベント会場にてキャラクターのオリジナルアニメーションを公開予定です。


■ソニービル 公式アプリ 提供情報
・アプリ名称 :  「 x-Floorscopy(エックス・フロアスコピー)」
「x-Corocoro Info(エックス・コロコロインフォ)」
※2つのアプリは連携することができます。
・提供開始日時 : 2012年7月16日(月・祝)13:00~(予定) 
・提供価格 : 無料
・提供形態:Android アプリ Google Playよりダウンロード
・「ソニービル 公式アプリ」 詳細情報URL: リンク
・「ソニービル 公式アプリ」 ダウンロードURL:
x-Floorscopy : リンク
x-Corocoro Info : リンク 
・アプリ推奨使用環境
-動作条件 :Android OS 2.3 以降  
-推奨環境 : “Sony Tablet(ソニータブレット)” Sシリーズ、Xperia(TM)acro HD、Xperia(TM)acro、Xperia(TM)NX

※“x-アプリ”、“x-Floorscopy”、”x-Corocoro Info “ は、ソニー株式会社の商標または登録商標です。
※“Android”、“Google Play”は、Google Inc. の商標または登録商標です。
※その他記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。