logo

ロンドンオリンピックワールドワイドパートナー・エイサーと プロダクションI.Gのコラボアニメ第2弾! 「美人すぎるボクサー」伊藤沙月選手の続編がスタート!!



ロンドンオリンピックワールドワイドパートナー・エイサーと
プロダクションI.Gのコラボアニメ第2弾!
「美人すぎるボクサー」伊藤沙月選手の続編がスタート!!

~『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇が
7月6日(金)からキャンペーンサイトにて公開!!~
アニメ公開を記念して、7月6日(金)19:00~ニコニコ生放送にて、伊藤選手&藤咲監督(プロダクションI.G)の対談を放送

2012年ロンドンオリンピックのオフィシャルワールドワイドパートナーである日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、ロンドンオリンピックを応援する取り組みにおいて、人々の新しい自分発見の驚きを応援する「Surprise Yourself.」キャンペーンの取り組みの一つとして、世界の頂点と女子スポーツ認知向上を目指す女子アスリートチーム「SUNRISE JAPAN」を応援してまいりました。
 今回、再生回数も10万回を突破し、好評をいただいておりましたプロダクションI.Gとのコラボレーションアニメの第2弾、『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇を7月6日(金)から「Surprise Yourself.」キャンペーンサイト*にて公開いたします。第2弾は、「美人すぎるボクサー」として注目を集める「SUNRISE JAPAN」伊藤沙月選手(ボクシング)を主人公にした第1弾『Surprise 4 U ~沙月の不思議な挑戦~「昨日と今日」』篇の続編です。7月6日(金)の『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇公開当日には、ニコニコ生放送にて、伊藤沙月選手と本作品の監督を務めるプロダクションI.G藤咲淳一監督の対談を生中継で放送する予定です。
※「Surprise Yourself.」キャンペーンサイトURL:リンク
※ニコニコ生放送サイトURL:リンク


■WEBアニメーションについて
 エイサーは、2012年7月27日より開催される2012年ロンドンオリンピックのオフィシャルワールドワイドパートナーです。強さ、情熱、勝負、技能、そして限りない挑戦。テクノロジーとスポーツには共通の理念があると私たちエイサーは信じています。精一杯努力し、勇気を持って一歩を踏み出した時に感じる「自分自身への驚き」。自分自身への驚きを応援したいという想いから「Surprise Yourself.」キャンペーンを開始しました。
 日本エイサーでは、スポーツの舞台で世界の頂点を目指して「Surprise Yourself.」のために日々努力し続けている女子アスリートチーム「SUNRISE JAPAN」を応援の一環として、世界中から注目を集めるアニメーション作品を数々手掛けているプロダクション I.G(Production I.G)とコラボレーションし、「SUNRISE JAPAN」メンバーの「Surprise Yourself.」な瞬間を描いたアニメーション『Surprise 4 U オープニング』篇、『Surprise 4 U ~沙月の不思議な挑戦~「昨日と今日」』篇の2作品を公開し、再生回数10万回を超えるなど、ご好評をいただいておりました。
今回、「美人すぎるボクサー」として注目を集める伊藤沙月選手(ボクシング)が登場する『Surprise 4 U ~沙月の不思議な挑戦~「昨日と今日」』篇の続編である、『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇を7月6日(金)から「Surprise Yourself.」キャンペーンサイト*にて公開いたします。次のオリンピックを目指して練習を続ける全日本女子ライトフライ級チャンピオン伊藤沙月選手の「Surprise Yourself.」な瞬間をアニメーションとして公開することで、2012年ロンドンオリンピック、2016年リオデジャネイロオリンピックを目指す「SUNRISE JAPAN」を通じて、自分自身を驚かせることの素晴らしさを伝えてまいります。また、7月6日(金)には、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン)がロンドンオリンピックに向けての取り組みについて語った動画もあわせて公開を予定しております。

■ニコニコ生放送での伊藤沙月選手 × 藤咲淳一監督のスペシャル対談が実現
7月6日(金)の『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇公開に伴い、同日19:00からニコニコ動画生放送にて、主演の伊藤沙月選手と藤咲淳一監督(プロダクション I.G)の対談を放送する予定です。対談では、伊藤選手のアニメキャラクターになっての感想や、ボクシングを始めたきっかけ、さらに、藤咲監督による制作エピソードや普段のアニメ制作についての考え方など様々な事についてお話しいただく予定です。

■WEBアニメーションストーリー
-『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇
「昨日と今日」篇は、今の伊藤選手がどこかから来たメッセージを元に、初心を思い出すという内容でした。今回の「今日と明日」篇では、そのメールが未来から来たものであることが明かされるという内容です。未来の伊藤選手は今よりもパワーアップし、技術的にも精神的にもタフになり四年後の世界大会で優勝するというサクセスを描きます。それは今現在の思い悩む伊藤選手に向けて成功者からのメッセージ――、積み上げてきたものは自分に嘘をつかないというポジティブなメッセージがサプライズを起こすのだというものです。伊藤選手だけでなく明日に向けて頑張る選手たちに向けた応援メッセージとして作りました。


■SUNRISE JAPAN
SUNRISE JAPANとは「女子スポーツをもっとメジャーなものにしたい。」という想いを胸に、さまざまな競技団体に所属する強さと美しさを兼ね備えた女子アスリートが、競技の垣根を越えて集結したスーパー・ビューティ・アスリートチームです。
-伊藤沙月選手(ボクシング)
 08年、全日本女子ライトフライ級チャンピオンの座を射止めると、その美しい容姿も相まって「美人すぎるボクサー」と称されるなど、一躍日本の女子ボクシング界を代表するヒロインとなりましたが、ボクシングを開始してその座に輝くまでの時間がわずか1年というスピード開花ぶりにも注目が集まりました。現在は五輪を目指す強化選手にも選ばれるなど、その前途が大いに期待される存在です。


■プロダクション I.G(Production I.G)について
 日本の映像作品としては初めて全米ヒットチャート(ビルボードセルビデオ部門)で1位を獲得し、数々のハリウッド映画に影響を与えた「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」、日本のアニメーションとしては初めてカンヌ国際映画祭のオフィシャル・コンペティション部門にノミネートされた「イノセンス」。クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビルVol.1」アニメーションパートを制作するなど、日本に留まらず、世界中からその高いクオリティが評価を得て注目されている世界最高峰のアニメーション制作スタジオです。
創立25周年となる2012年は『ももへの手紙』『劇場版BLOOD-C The Last Dark』『図書館戦争 革命のつばさ』『009 RE:CYBORG』の劇場作品4タイトルを発表、精力的な活動を続けています。

■エイサーのロンドンオリンピックパートナーシップについて
 強さ、情熱、勝負、技能、そして限りない挑戦。エイサーは、2012年ロンドンオリンピックのオフィシャルワールドワイドパートナーです。スポーツの世界最高峰の舞台であるオリンピック。それは世界で最も複合的で、緻密で、高度な管理技術をも必要とします。エイサーは、2010年バンクーバー冬季オリンピック大会を皮切りにオリンピック大会の公式コンピューター部門においてオフィシャルワールドワイドパートナーになりました。2012年7月27日より開催される2012年ロンドンオリンピックでは、選手とファンをつなぎ、世界中の人々に興奮を届けるために、950台のサーバー、2,900台のノートパソコン、13,500台のデスクトップパソコン、13,000台のモニター、さらには350名を超える技術者や専門家を現地に派遣し、その準備から運営までを徹底的にサポートしています。

■WEBアニメーション概要
タイトル:日本エイサー×プロダクション I.G WEBアニメーション
     『Surprise 4 U. ~沙月の不思議な冒険~「今日と明日」』篇
出演:伊藤沙月選手(SUNRISE JAPAN)
放映開始日:2012年7月6日(金)
公開:Surprise Yourself.」キャンペーンサイト(リンク

■Acer プレゼンツ ニコニコ動画 生放送「伊藤沙月選手×藤咲淳一監督 スペシャル対談」
日時:7月6日(金) 19:00 ~
視聴方法:下記URLにて視聴可能
放送URL:リンク

■アニメーション制作スタッフ
監督・シリーズ構成:藤咲淳一
演出:西久保利彦
音楽:池頼広
キャラクターデザイン:ヒラタリョウ
アニメーション制作:Production I.G
制作プロダクション:FILM

■Acerについて
エイサーは1976年の設立以来、全世界でIT製品を販売し、絶えず人と技術の間の障壁を取り除き進化させることを追求してきました。グローバルマーケットにおいてはノートブックパソコン売上シェア第2位* を獲得しました。現在グループ全体の従業員数は8,000人を超えており、2011年度は売上米ドル157億を達成しています。
インダイレクトセールスを展開する「チャネルビジネス」モデルが、エイサーが継続的に成長するために有効な手段となっており、グローバルマーケットで、エイサー、ゲートウェイ、パッカード・ベルによるマルチブランド戦略を展開しています。エイサーは、環境に配慮した製品デザインだけではなく、サプライヤーと協同で環境保全に配慮したサプライチェーンを確立しています。
2010年バンクーバー冬季オリンピックを皮切りに、オリンピックのオフィシャル・ワールドワイドスポンサーを努めており、2012年ロンドンオリンピックでは、コンピューター関連インフラと技術者を提供し、準備から運営までを徹底的に支えています。 詳細は、www.acer.co.jpをご覧ください。              * 出展: ガートナーデータ2011

■販売元:日本エイサー株式会社について
商号:日本エイサー株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
代表者:代表取締役社長 ボブ・セン
設立:1988年2月
資本金:2億円
事業内容:パーソナルコンピュータ、周辺機器、電子機器類、
     及びデータ通信機器類等のハイテク用品卸販売
URL:リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。