logo

アララ株式会社はAR業界世界最大手のARtoolworksと業務提携を締結。スマートフォンアプリ”ARAPPLI ”のスピーディなARエンジンの開発と、グローバルなビジネス展開が可能に

DHE株式会社 2012年07月03日 12時33分
From PR TIMES



この度アララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介)は2012年4月17日にARToolworks Inc. (本社:イギリス、Ben Vaughan, CEO)とパートナーシップ契約を締結したことを発表いたします。アララ株式会社はSDK「ARToolKit」を開発した奈良先端科学技術大学院大学の加藤博一教授を顧問に、ARプラットフォームであるスマートフォンアプリ”ARAPPLI”の開発を行なっています。

■業務提携によるグローバル展開について
ARToolworksはAR業界の世界最大手で、ARのソフトウェアライブラリで最も主流であるARToolKitを提供しています。今回、このARToolworksとパートナーシップ契約を締結することによって2社ともに、日本そして世界中で、極めて効果的に開発およびマーケティングを行うことができる協力体制が整いました。この協力体制でARAPPLIの開発スピードが加速されます。また、今まで日本を中心に展開してきたARAPPLIですが、グローバルに活躍するARToolworksと業務提携をすることにより、世界へ向けたビジネス展開の展望が開けました。ARAPPLIはグローバル展開を見据え、すでにアプリのアップデートを進めており、現在複数言語対応を検討中です。今後は日本にとどまらずに、世界の市場で認められるようなアプリとなるよう開発ソリューションを展開していきます。

■ARマーカーが不必要!”マーカーレス”でのAR出現を可能にします!
今までのARAPPLIではARコンテンツを出現させる際に、ARマーカーと呼ばれる四角い黒枠マーカーをカメラに認識させていました。今回のこの業務提携で開発を進め、このようなマーカーが不必要な”マーカーレス”な状態でARを出現させる技術開発を進めていきます。

ARマーカーではなく、あらかじめ登録しておいた任意の画像を認識し、その画像に紐づいてARを出現させることが可能になりました。

マーカーレスのAR技術の実装が実現すれば、ARプロモーションを行う際に商品パッケージや雑誌等印刷物のレイアウトを崩さずにデザインを担保したままARを表示させることが可能となります。マーカーの無い状態でARコンテンツを出現させることが出来るので、以前よりも驚きや面白さがダイレクト表現できます。たとえば、既存の看板を読み込むとその看板からARを出現させることが可能になるのです。ARを実装するにあたり、AR用に看板を用意したり、パッケージをデザインする必要もなくなってくるのでARを容易に取り入れやすくなります。今後マーケティングARの幅と有効性の拡大が大いに期待できます。
youtube動画(マーカーレスタイプAR事例):リンク

■提携に関する両社取締役社長からのコメント

アララ株式会社 取締役社長 岩井陽介によるコメント: ARToolwoksとはこれまでも良好な関係を築いてきておりましたが、協力体制がさらに一歩前進したことは大変喜ばしいことです。ARToolworksが制作するARの開発ツールをサポートすることによって、両社ともに大きなビジネスチャンスを得ることができると信じています。弊社にとって何より重要なのは、ARマーケティングや開発に際して、よりスピードアップが図れる点です。

ARToolworks.inc取締役社長 Ben Vaughan氏によるコメント:アララは様々な素晴らしいAR技術を開発しており、彼らとより近い関係を結べることは大変嬉しいです。これまでも日本で素晴らしい結果を残してきたアララですが、この契約によって我々は、急拡大している東アジアでの開発戦略を加速させることは間違いないでしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------
「ARAPPLI」のことをもっと知りたい方はこちらをご参照下さい。海外の面白AR事例や弊社のAR事例等を紹介しています。ARについての質問や疑問点もお待ちしております!
■Facebook(日本語版)
リンク
■Facebook(英語版)
リンク
■Twitter
リンク

-----------------------------------------------------------------------------------
NEWS ANNOUNCEMENT

ARARA and ARToolworks sign a partnership agreement

17.Aprile 2012 - Arara Inc ARToolworks Inc are pleased to announce that they have formally joined by signing a partnership agreement. This agreement will give birth to an improved technical and marketing collaboration between the two companies in all areas of augmented reality technology, including mobile, web and custom solutions.


Augmented Reality integrates live video with computer generated graphics enabling virtual content to be overlaid on the real world. ARToolworks is the leading provider of tools for developing AR experiences and its software libraries are the first choice of developers creating AR applications. Arara Inc, a leading company in the field of AR, is the developer of the ARAPPLI, easy AR platform and of many other popular AR applications.


By entering this agreement, the two companies intend to establish a closer cooperation to get the best from their development and marketing activities, with special attention to Japan but also with a view to the wider global market. Arara will also be allowed to provide support for the ARToolKit product family.
Commenting on the agreement, Yosuke Iwai, CEO of Arara Inc, declared: “We have enjoyed working with ARToolworks in the past and it is a real pleasure seeing our collaboration take a step forward. By fully supporting all of the ARToolworks development tools, I strongly believe that plenty of opportunities will emerge for both of our companies. More importantly, this agreement will allow us to move faster to fulfill our marketing and development goals by giving us closer connections with the ARToolworks’ development team.”
Ben Vaughan, CEO of ARToolworks, added: “Arara has developed a range of great AR products and we are delighted to form a closer relationship with Yosuke and his team. As one of the premier Japanese AR solutions companies, this agreement will accelerate our product development strategy and help us increase our penetration into the expanding Far Eastern markets.”

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。