logo

「グループウェアで、企業間情報共有・脱メール・BCP対策!」活用例を公開



株式会社リンコム(本社:東京都台東区、代表取締役:藤原信二、以下「リンコム」)は、2012年7月2日に、企業間グループウェア「リンコム ネクスト」の活用例をホームページにて公開しました。
今回リリースしたコンテンツでは、企業間ウェアを活用した効果の一例として、取引先との情報共有による営業支援、問い合わせ対応の可視化、メールからの脱却、取引先とのBCP対策など、既存の情報共有システムでは実現しにくかった活用例をご紹介しています。
(企業間ウェアの活用例 : リンク


[関連コンテンツ]----------------------------------------------------------------------
企業間ウェアとは? : リンク
脱メールシステム : リンク
取引先とのBCP対策 : リンク
--------------------------------------------------------------------------------------


■ 企業間ウェアとは?

企業間ウェアとは、グループウェアを利用して取引先との情報共有を行う、新しいグループウェアの活用方法です。ただし、取引先との情報共有を行うためには膨大なユーザー数に対応できるライセンス体系、業務に特化したシステムを構築できる柔軟性、管理負荷を軽減するための仕組みなど、社内グループウェアの範疇では収まりきらない要件が必要です。こうした企業間での情報共有に必要な要素を全て持っているグループウェアが「リンコム ネクスト」です。
企業間ウェアを導入することで、情報共有による営業支援、取引先との情報共有の可視化、メール利用からの脱却、取引先とのBCP対策など、今まで以上に密接に取引先と協業体制を組むことができます。


■ 「リンコム ネクスト」とは?

リンコム ネクストは、豊富なアプリケーションを搭載した、大規模環境や企業間での利用に最適なエンタープライズ向けグループウェアです。
1,000社以上の導入実績があり、業務に合わせた柔軟なカスタマイズが可能です。また、利用ユーザー数に依存しないサーバーライセンスを採用しているため、大規模環境や社外ユーザーを含めた情報共有(企業間ウェア)での利用に最適です。
(参考リンク:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。