logo

フリースケール、比類のないレベルで堅牢性、周波数範囲、ブロードバンド性能を組み合わせた新しいRFパワー・トランジスタを発表

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、幅広い周波数範囲にわたり耐反射性能と広帯域動作を実現するRFパワー・デバイスを求める市場ニーズに応えるべく、広範な用途に対応する2種のデバイスを発表しました。LDMOSプロセス技術を利用して製造したRFパワー製品において、新次元のリニアリティと堅牢性を実現します。

新しいデバイスは25Wの「MRFE6VS25N」と100Wの「MRFE6VP100H」で、どちらも全動作周波数範囲にわたり完全なCW定格出力を提供することが可能で、システム信頼性を大幅に増強しつつ、アンプ設計の複雑性とコストを低減します。

最新デバイスは、同種のアプリケーション向けに設計されたGaNベースのソリューションと比べてさまざまな利点があり、65:1以上のインピーダンス不整合(VSWR)に対応し、比類のないリニアリティを実現しつつ、デバイス・コストを大幅に削減します。この広帯域LDMOS FETは、信頼性が重要となる極めて過酷な条件下でも障害なく動作するよう設計されています。ターゲット・アプリケーションとしては、HF-UHFトランスミッタ/トランシーバ、テレビ用トランスミッタ、トランシーバ、航空宇宙/防衛システム、試験装置、レーダー・システムなどがあります。

フリースケールの副社長兼RFディビジョン担当ジェネラル・マネージャであるリトゥ・ファブレは、次のように述べています。「今回の新製品により、フリースケールのRFパワー・ポートフォリオは、ワイヤレス・インフラストラクチャの範囲を超えて、隣接する急成長市場に向かって拡張していきます。比類のない性能と堅牢性を備えた最新デバイスは、幅広いお客様とアプリケーションに受け入れられるでしょう。」

新デバイスは、フリースケールの低熱抵抗パッケージで提供されます。このパッケージは、内部の温度上昇を最小限に抑え、長期的な信頼性を高めつつ、温度管理問題を低減します。また、このデバイスは、幅広い動作条件にわたり回路の安定性を強化する内部ネットワークを内蔵しているため、外部回路が簡素化されます。最適な堅牢性を保証するため、フリースケールは、通常の動作環境をはるかに超えた条件の下でデバイスを試験しており、定格動作電圧の20%増の電圧、定格RF入力の2倍の入力、65:1のインピーダンス不整合(VSWR)で評価を行っています。

多様なアプリケーション
MRFE6VS25N/MRFE6VP100Hは広帯域の周波数範囲に対応しているため、1.8MHz~54MHzや30MHz~512MHzなど、複数の帯域を単一のアンプでカバーすることができます。そのため、部品点数を削減し、アンプのサイズや重量を減らし、電源損失を低減し、冷却システムを簡素化することができます。新デバイスは、ブロードバンド性能、堅牢性、広い周波数範囲という組み合わせを、競合するGaN(窒化ガリウム/ガリウム・ナイトライド)デバイスに比べて低いコストで実現します。

MRFE6VS25N/MRFE6VP100Hの主な特長:
・MRFE6VS25N:25W CW、1.8MHz~30MHzで26dB以上のゲイン、512MHzで25dB以上のゲイン、50%~73%の効率、65:1以上のVSWRで完全な定格性能
・MRFE6VP100H:100W CW、512MHzで26dBのゲイン、30MHz~512MHzで19dB以上のゲイン、40%~71%の効率、65:1以上のVSWRで完全な定格性能

MRFE6VS25Nトランジスタは、フリースケールのTO-270-2オーバーモールド・プラスチック・パッケージで提供されます。MRFE6VP100H/HSトランジスタは、フリースケールのNI-780-4/NI-780S-4エアキャビティ・パッケージで提供されます。

供給
MRFE6VS25N/MRFE6VP100Hは、現在出荷中です。リファレンス・デザインをはじめとした各種サポート・ツールも利用可能です。サンプルや価格の詳細については、フリースケール・セミコンダクタまたはお近くの販売代理店にお尋ねください。

MRFE6VS25N/MRFE6VP100Hの詳細については、www.freescale.com/RFpowerのWebサイトをご覧ください。

 

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、リンクまたは、リンクをご覧ください。


FreescaleならびにFreescaleのロゴマークは、米国、またはその他の国におけるフリースケール社の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれ各社の商標です。
(C)2012フリースケール・セミコンダクタ・インク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。