logo

一年間で4回の応募チャンス!賞金総額500万円超 第2回ヒーローズ漫画大賞 開催中

株式会社ヒーローズ 2012年06月30日 00時00分
From Digital PR Platform


 株式会社ヒーローズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅克)は、5月1日(火)より第2回ヒーローズ漫画大賞を開催しています。

◆ヒーローズ漫画大賞公式サイト:
リンク

 ヒーローズ漫画大賞は、漫画に携わる新たな才能を発掘するため、2011年11月に設立した漫画賞です。初開催となった前回の第1回では、約4ヶ月という短い期間ながら、約70作品のご応募をいただきました。第1回大賞作品の『Lenny Worker』(作者:淡田青)は、本日発売の月刊『ヒーローズ』2012年8月号に掲載しています。

 第2回ヒーローズ漫画大賞では、2012年5月1日(火)~2013年6月5日(水)までの期間を第1期(夏の陣)、第2期(秋の陣)、第3期(冬の陣)、第4期(春の陣)の4回に分けて作品を募集。異なる期間であれば何度でも応募することができ、全ての応募作品から選ばれた大賞受賞者には賞金300万円が授与されるほか、編集部が選ぶ各期の覇者(最優秀賞)には50万円が授与されます。
 募集する作品は前回同様、月刊『ヒーローズ』の読者を対象に、ヒーローをテーマにしたストーリー漫画。アクション、ファンタジー、時代劇などジャンルは問いません。

 なお審査員は、前回と同じく、2005年に実写映画化され話題になった『逆境ナイン』の作者で、本誌でも「ヒーロー」を夢の職業として描いた『ヒーローカンパニー』を連載中の島本和彦先生、型破りな教師の活躍を描いた『GTO』の作者で、同じく本誌で死者の魂を“あの世=死界”から救済するというアクションファンタジー作品『ソウルリヴァイヴァー』の原作・監修を担当する藤沢とおる先生など、本誌に携わるプロ漫画家2名のほか、株式会社円谷プロダクション社長の大岡新一氏、本誌編集長の田中聡の計4名が務めます。


【第2回 ヒーローズ漫画大賞 概要】

●賞金 :
大賞300万円 / 各期の覇者(最優秀賞)50万円 / 各期優秀賞30万円 / 各期奨励賞10万円
※各期の賞(年4回)はヒーローズ編集部が選考いたします。
●審査員 :
島本和彦先生(漫画家)
藤沢とおる先生(漫画家)
大岡新一代表(株式会社円谷プロダクション代表取締役社長)
田中聡(本誌編集長)
●応募資格 :
年齢、性別、国籍、プロ、アマ問わず。
●作品内容 :
『ヒーローズ』の読者を対象とした、ヒーローをテーマにしたストーリー漫画。
アクション、ファンタジー、時代劇などジャンルは問いません。
ただし、商業誌に未発表のオリジナル作品に限ります。
※「ウルトラマン」の新ストーリーなどは、オリジナル作品に該当いたしません。
●応募期間 :
第1期(夏の陣) 2012年5月1日 ~ 2012年9月5日
第2期(秋の陣) 2012年9月5日 ~ 2012年12月5日
第3期(冬の陣) 2012年12月6日 ~ 2013年3月5日
第4期(春の陣) 2013年3月6日 ~ 2013年6月5日
●その他詳細 :
ヒーローズ漫画大賞公式サイト( リンク )よりご確認ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。