logo

モバイルゲームサイト『entag!』が著名なゲームクリエイターを起用した新作ゲーム5作品を独占配信!



モバイルゲームサイト『entag!』が
著名なゲームクリエイターを起用した新作ゲーム5作品を独占配信!


(株)エムティーアイが運営するモバイルゲームサイト『entag!(エンタグ)』は7月4日(水)より、著名なゲームクリエイターやキャラクターデザイナーを起用した、スマートフォン向け新作ソーシャルゲーム5作品を順次サービス開始します。
新たにスタートするのは、カードゲーム「戦国デュエル鬼札」、ロールプレイングゲーム(RPG)「ガラクタ戦記ブリキウス」、カーレースゲーム「いつでも対戦エンタグランプリ」、格闘ゲーム「entag!格闘(仮)」、シューティングアクションゲーム「ガン!ガン!海賊団(仮)」、の5タイトルです。
いずれも、多くのゲームファンに支持されている、ゲームクリエイターやキャラクターデザイナーを起用しており、話題性はもちろん、家庭用ゲームに負けないエンターテインメント性に長けており、スマートフォンならではのソーシャル性・操作性もプラスされた新作ゲームです。これらの作品はすべて当サイトのため作られたオリジナルゲームです。

◆『entag!』は、簡単・手軽にゲームが始められるモバイルゲームサイト
『entag!』は、旬のゲームが楽しめる無料ソーシャルゲームサイトです。通常、利用時に必要なメールアドレス登録など、面倒な設定が不要で、すぐにたくさんのソーシャルゲームやミニゲームを楽しめます。
プレイ時間や好みに合わせて、RPG・ペット育成・バトル系・恋愛シュミレーション・パズルなど、多数のジャンルから選ぶことができます。

◆あの著名ゲームクリエイターの新作が、『entag!』だけで楽しめる!
5つの新作ゲームは、著名なゲームクリエイターやキャラクターデザイナーが手がけた作品で、7月上旬から今秋にかけて公開されます。
すべての作品が「タップするだけ」「アイテムを集めるだけ」という単純な内容ではなく、家庭用ゲームに匹敵する奥の深い世界観が表現されており、プレイヤーを飽きさせない豊富な展開が魅力です。
また、シンプルな操作性、3G回線でのオンライン対戦、プレイヤー間の交流を含むソーシャル性など、スマートフォン向けゲームならではの楽しみ方も数多く盛り込まれています。

【各ゲームの概要】
1.「戦国デュエル鬼札」 (7月4日(水)公開)
戦国時代をテーマとし、天下統一を目指すカードアクションRPG。カードコレクションを楽しむ他、バトル時のカードの組合せによるさまざまな必殺技、カード合成を楽しむことができる。

2.「ガラクタ戦記ブリキウス」 (7月12日(木)公開予定)
ガラクタの王国を発展させるシミュレーション要素と、スクラップのモンスターを倒すアクションRPG要素が含まれたゲーム。登場キャラクターのデザインは、人気ゲーム「サルゲッチュ」を手がけた米倉俊之氏が担当。

3.「いつでも対戦エンタグランプリ」 (7月下旬公開予定)
ユーザー同士のリアルタイム通信対戦も楽しめるカーレースゲーム。「セガラリー」シリーズや海外で人気の「スターウォーズアーケード」シリーズなど、数々の人気アーケードゲームを生み出したゲームクリエイター佐々木建仁氏の新作で、数十種類もの車体カスタマイズが可能。

4.「entag!格闘(仮)」 (8月下旬公開予定)
世界初の、縦に持ったまま遊べるスマートフォン専用3D格闘ゲーム。他のプレイヤーが育てたキャラクターが、対戦相手として登場するため、個性豊かなライバルと戦えるのが特長。

5. 「ガン!ガン!海賊団(仮)」 (9月下旬公開予定)
海賊をテーマとしたガンシューティングアクションゲーム。シリーズ化されている人気ゲーム「バーチャファイター」の生みの親である、ゲームクリエイター鈴木裕氏がプロデュースする作品。

『engtag!』では、上記のほかに、2012年度中に累計100タイトル以上のゲーム提供を予定しています。
スマートフォンを通じて人々が楽しめるクオリティの高い、魅力的なソーシャルゲームを提供することを目標とし、新たなユーザー層の拡大を目指します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。