logo

トランスコスモス、 「CRITEO(クリテオ)パフォーマンスディスプレイ広告」の販売体制を強化 ~多くの運用実績をもつ経験豊富なメンバーが、幅広い業種で導入・運用をサポート~



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)は、CRITEO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:上野正博、以下、クリテオ)の広告商品で、トランスコスモスが販売代理を行う、「CRITEO(クリテオ)パフォーマンスディスプレイ広告」の販売体制を強化します。導入社数やお客様企業からの要望の増加に伴い、専属の販売チームを設置しました。

クリテオは、2005年にパリで設立された、世界トップレベルのPPC(ペイパークリック)課金による、パフォーマンスディスプレイ広告のプロバイダーです。リターゲティング広告は、一度サイトに訪れたユーザーに対して効率的に商品をアピールし、購買を促すとして注目されています。そのリーディングカンパニーであるクリテオが提供するパフォーマンスディスプレイ広告は、ユーザーの閲覧商品を基に、商品単位でバナーをリアルタイムに自動生成し、再来訪を促進します。さらにレコメンデーションエンジンにより、関連した商品と分析された商品もあわせてバナーを自動生成し、ユーザーにリターゲティング配信を行い、高い効果を発揮しています。

トランスコスモスは2011年10月より「CRITEO(クリテオ)パフォーマンスディスプレイ広告」の販売を開始しており、すでにEC(総合通販・アパレルなど)はじめ、不動産・資格・旅行・人材など多くのお客様企業に対して導入、運用しています。(国内における販売社数第1位;トランスコスモス調べ) 導入したすべてのお客様企業で大きな成果が出ていること、今後“広告のパーソナライズ化”が大きなトレンドとなることが予測されることから、その先駆けとなる、「CRITEO(クリテオ)パフォーマンスディスプレイ広告」の販売を強化します。検索連動型広告/ディスプレイ広告の運用知見をもった専門スタッフ10人の組織を設置し、導入・運用・改善を提供します。


CRITEO株式会社 代表取締役 上野正博様より、以下のコメントをいただいております。
「インターネット広告企業として、すばらしい実績をもつトランスコスモスが、クリテオ専属の販売チームを設置してくださることに感謝しており、これにより両社の関係がさらに深まることになるでしょう。クリテオはスマートフォン広告市場への参入、さらには新技術の開発などにより、より高いパフォーマンスの実現に努めて参ります。」

トランスコスモスは今後、検索連動型広告/ディスプレイ広告/CRITEO(クリテオ)/ソーシャル広告を統合管理し、お客様企業のインターネット広告全体の効果最大化を目指します。


※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

(トランスコスモス株式会社について)
1966¬年に事業を開始して以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。コールセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、売上の拡大、新規顧客の獲得などを実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。当社は高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。(URL: リンク)


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。