logo

オートデスク、次世代のBIMを実現するクラウドサービス「Autodesk BIM 360」 を発表

~ 建設、土木、インフラプロジェクトへの時間と場所を問わないアクセスを提供 7月18日開催のAutodesk University Japan 2012でサービスの詳細を披露 ~

米国オートデスク社 (本社:米カリフォルニア州サンラファエル、社長兼 CEO :カール・バス) は本日、次世代のBIM(ビルディング インフォメーション モデリング)を実現する「Autodesk(R) BIM 360」(オートデスク ビム 360)を発表しました。複数のクラウドサービスから構成されるAutodesk BIM 360は、建設・土木・インフラのプロジェクト ライフサイクル全体の情報への、時間と場所を問わないアクセスを提供します。このサービスはAutodesk Building Design Suite(オートデスク ビルディング デザイン スイート)やAutodesk Infrastructure Design Suite(オートデスク インフラストラクチャ デザイン スイート)などの、設計/施工/維持管理のためのBIMソリューションとの連携を実現します。3DモデルをベースとしたインテリジェントなBIMの手法により、迅速で経済的かつ環境への負荷を抑えた建設/土木・インフラ プロジェクトの遂行をサポートする知見を獲得できます。


Autodesk BIM 360を通じ、オートデスクはBIMのプロセスをクラウド上で展開します。設計モデルの調整やインテリジェントなデータの交換など、多岐にわたるコラボレーションを実現する新しいクラウドサービスは、施主、建築家、エンジニア、施工者によるリアルタイムのコラボレーションを実現し、建設/土木・インフラ プロジェクトのデータ管理・共有の方法を革新します。Autodesk BIM 360は、土木のエンジニア、交通や都市の計画に携わるプロフェッショナル向けに新しい、クラウドのサービスを提供することで、地理的に離れたチーム同士のコラボレーションを促進し、設計コンセプトの探求、提案書の作成とレビュー、そして実現可能性の評価を行うことが可能です。


オートデスクは、建設業界向けにクラウドやモバイルによる現場管理ソフトウェアを提供するVela Systems社の買収を2012年6月に発表しました。Vela社とAutodesk BIM 360の技術融合により、実際の作業現場にBIMの手法を取り入れ、そして、品質・安全性・性能検証チェックリストや計画書・設計図の共有などのプロセスを自動化できます。Autodesk BIM 360は、レンダリングによる素早い可視化の機能や、エネルギー解析と構造解析向けの高速なシミュレーション機能を提供するなど、高い負荷のかかるコンピューティング作業をクラウドに移行させることで、プロジェクト全体を高速化します。さらに、施主向けには、BIMモデルを通じた維持管理に関する包括的な情報を提供し、プロジェクトの引き渡しと建造物のライフサイクル全般をサポートします。


今回のAutodesk BIM 360の発表は、昨年12月に日本でも発表された、クラウドを通じた高い演算能力により、設計、可視化、シミュレーションの方法を大きく刷新するクラウド プラットフォーム「Autodesk 360」に大きな前進をもたらすものです。



サービスの提供開始予定日
Autodesk BIM 360は現在、英語版のみの提供で、その他の言語については近日中に提供される予定です*。Autodesk Infrastructure Design Suite 2013とAutodesk Building Design Suite 2013のサブスクリプション ユーザには通常機能に加えて特別機能が提供される予定です。今回の発表に関する詳細は、以下URL(英語サイト)をご覧ください。
リンク

*日本語版の提供開始時期は未定です。


Autodesk BIM 360を含む、Autodesk 360に関する詳細は下記URLをご覧ください。
リンク


Autodesk University Japan 2012でAutodesk BIM 360の詳細が明らかに
2012年7月18日(水)にロイヤルパークホテル(東京都中央区)で開催される「Autodesk University Japan 2012」では、「AEC Keynote BIM - 今までの建築設計、建設・施工の手法から未来の手法へ移行しましょう」と題したKeynoteセッションを行い、今回発表されたAutodesk BIM 360の概要を含めた最新情報を紹介します。この機会にぜひ、オートデスクが提供する最新の建設/土木・インフラ業界向けBIMソリューション、クラウド ソリューションの詳細を体感してください。
AEC Keynote、ならびにその他の建設/土木・インフラ業界向けセッションの詳細は下記URLをご覧ください。
リンク


以上


オートデスクのBIMソリューションについて
BIMは3Dモデルをベースとしたインテリジェントなプロセスで、より素早く経済的で、環境への影響を抑えた建設、土木インフラプロジェクトの進行と管理を可能にします。建築と土木インフラのライフサイクル向けソリューションはAutodesk Revit(R)とAutoCAD(R) Civil 3D(R)によって作成されたインテリジェントなモデルを使用します。プロジェクトのバーチャルなビジュアライゼーションやシミュレーション、文書作成、製図、データ管理、コラボレーションといった用途のための様々なツールを含む強力なパッケージにより、BIMによって得られるメリットはさらに拡大されます。Autodesk Building Design Suite 2013、Autodesk Infrastructure Design Suite 2013、Autodesk Plant Design Suite 2013といったスイート製品は、これを実現しBIMのワークフローをサポートする費用対効果の高い包括的なパッケージです。


オートデスク株式会社概要
本 社:  東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
大阪営業所: 大阪市淀川区宮原3-5-36  新大阪トラストタワー 3F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設 立: 1985年4月1日
資 本 金: 1億円
オートデスクホームページ: リンク


Autodesk,Inc.会社概要
Autodesk, Inc. (NASDAQ: ADSK) は、3Dデザイン ソフトウェアを提供する世界的な企業です。製造、建築、土木、メディア&エンターテインメント産業を中心に、多岐にわたる顧客がアイデアの具現化や視覚化、シミュレーションにAutodeskのソフトウェアを使用しています。顕著な例として、アカデミー賞(R) 視覚効果賞の受賞者にオートデスクの顧客が16年連続で選ばれています。1982年のAutoCADの発表以来、世界の市場を対象に業界先進のデザイン ソフトウェアの開発に取り組んでいます。詳細は、リンク をご覧ください。


当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/田坂
Email: autodesk@golinharris.com
TEL: 03-5484-6024


Autodesk、Revit、AutoCADならびにCivil 3Dは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。アカデミー賞(Academy Award)は、米映画芸術科学アカデミー(the Academy of Motion Picture Arts and Sciences)の登録商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
(C)2012 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]