logo

世界のバイオガス市場は2022年に2倍の約330億ドル規模に成長

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「再生可能なバイオガス市場の分析と予測:メタンガス回収、埋立地ガスと嫌気性消化装置の利用:都市ごみ、農業廃棄物、産業廃棄物、廃水-Renewable Biogas」のプレスリリースにおいて、バイオガスは、電力、発熱、燃料、化学市場の需要の成長に見合う大きな可能性のあるものとして、同市場の世界収益は、2011-2022年に173億ドルから約2倍の331億ドルに達するだろう、との予測結果を発表しました。

2012年6月21日バイオエネルギーセクタ全般においては比較的小規模であるものの、バイオガス市場は、分散発電の需要の高まりや環境関連規制の強化、天然ガスや天然ガス自動車用のインフラ設置の加速など、様々な促進要因が重なり合う位置にいる。酸素のない状態で微生物が有機物を分解するプロセスである嫌気的消化(AD、メタン発酵、嫌気生分解)の副産物であるバイオガスは、電力、発熱、燃料、化学市場の需要の成長に見合う大きな可能性のあるものとして、様々なエネルギーキャリアの注目を集めている。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「再生可能なバイオガス市場の分析と予測:メタンガス回収、埋立地ガスと嫌気性消化装置の利用:都市ごみ、農業廃棄物、産業廃棄物、廃水 - Renewable Biogas:Methane Recovery and Utilization in Landfills and Anaerobic Digesters: Municipal Solid Waste, Agricultural, Industrial, and Wastewater Market Analysis and Forecasts」によれば、この急速に成長するバイオガス市場の世界の収益は、2011-2022年に173億ドルから約2倍の331億ドルに達するだろうとのことである。

「比較的成熟して飽和状態に近づいているドイツのバイオガス市場では、多くの設計施工企業やプロジェクト開発事業者が、欧州やアメリカ大陸、アジア太平洋地域でのビジネスチャンスを獲得するために、専門的な知識を輸出しようと注力している。農業従事者、地方自治体、廃棄物処理事業者からの需要が高まっており、さらには交通輸送やコジェネレーション(熱電併給発電)での再生可能な天然ガスの市場機会が拡大し、今後10年間のバイオガス産業の成長は安定的であるだろう」とパイクリサーチ社のシニアアナリストMackinnon Lawrence氏は語る。

世界で使用されているガス生産量は、現在、年間8000億立方フィート以上で、その内、稼働している分散発電とグリッドスケールによる再生可能発電量は14.5ギガワットである。2012年末までに、世界の年間発電量は少なくとも110億立方フィートとなると予測され、再生可能な天然ガス(RNG)はバイオガス市場における成長セグメントである。電力網へのガス注入における高熱量RNGや自動車燃料用途には多くのビジネスチャンスがあるが、化石燃料系の天然ガスが低価格であるために、強力な政策誘導がなければ市場の成長は限定的であると考えられている。

この調査レポートは、都市ゴミ、農業廃棄物、産業廃棄物、汚水処理の4つの主要産業セグメントから生成されるバイオガスの市場の、世界のビジネスチャンスを分析している。急速に成長するバイオガス製品と利用の需要促進要因、ビジネスモデル、政策要因、技術問題を査定している。主要企業について概説し、材料毎のバイオガスとRNGの世界の収益と生産量を地域毎と産業区分毎に2020年まで予測している。



【調査レポート】
再生可能なバイオガス市場の分析と予測:メタンガス回収、埋立地ガスと嫌気性消化装置の利用:都市ごみ、農業廃棄物、産業廃棄物、廃水
Renewable Biogas
Methane Recovery and Utilization in Landfills and Anaerobic Digesters: Municipal Solid Waste, Agricultural, Industrial, and Wastewater Market Analysis and Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

株式会社データリソースはパイクリサーチ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク


◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク


日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。