logo

ユニテック・ジャパン、堅牢な設計の業務用タブレットPC TB100を新発売

ユニテック・ジャパン株式会社 2012年06月25日 12時00分
From DreamNews

ユニテック・ジャパン株式会社(代表取締役: 飯島賑二、本社: 東京都中央区)は、本格的な業務に耐えられるタブレットPC TB100を発売いたします。
当社は、Windows CEおよびWindows Mobileオペレーティングシステムを採用した業務用ハンディターミナル(PDA)を2000年より発売し、世界各国のマーケットで多数販売して参りました。TB100は業務用ハンディターミナルと同様に倉庫、運輸、店舗など使用環境の厳しい場所で使用可能になる設計を行っています。
今回発売するTB100は、硬質ガラスの7インチの液晶ディスプレィを採用したほか、IEEE802.11b/g/n 無線LAN、Bluetooth、microSDスロットを内蔵し、また3.5G 通信回線に接続可能なモデルもあります。バーコード読み取りを必要とするアプリケーションのために、わずか24グラム、板ガムサイズのポケットバーコードスキャナMS910も発売いたします。MS910で読んだバーコードデータは無線でTB100に送信されます。
1.2メートル高からコンクリート床への落下に耐え、IP65の防塵・防水性能など、ハンディターミナルで培った技術をタブレットPCにも採用しており、様々な分野で安定した運用を実現します。
発売開始は2012年7月2日、標準価格はオープン、販売目標は年間1,000台です。
TB100の主な特徴
● Android 3.2 オペレーティングシステム
● 7インチWXGA  LCD、マルチタッチTFT ディスプレィ
● 大容量バッテリ、約6時間使用可能
● Bluetooth 内蔵、802.11b/g/n 無線LAN内蔵
● 3.5G 無線オプション
● 600グラム以下の頑丈なタブレット
● 5メガピクセル、自動焦点カメラ内蔵と1.2メガピクセルカメラ
● デジタルコンパス、ライトセンサー、Gセンサ、3軸ジャイロスコープ等内蔵
● 1.2メートルからの落下に耐える、IP65の防塵・防水

発売の狙い
Android OSを採用したタブレットPCは多数ありますが、倉庫や屋外などの過酷な環境で使用可能な製品は多くはありません。TB100は、特に防塵と防水性を強化し、そして落下にも耐えられるように設計しております。業務で使用するために必要となるバーコードリーダは、Bluetoothで接続する板ガムとほぼ同じサイズのMS910ポケットスキャナを用意しています。TB100はハンディターミナルで培った経験をタブレットPCにも適用したものです。


ユニテックについて
ユニテックは1979年に設立され、各種の自動認識機器およびデータ収集機器(AIDC)製品を設計・製造そして世界各国で販売しています。主な製品は、モバイルコンピュータ(業務用の耐久性の高いPDAやハンディターミナル)、バーコードスキャナ、そして入退室管理やセキュリティコントロールに使われる固定式のターミナルです。

ユニテックは、近年特に業務用PDAの開発に力を入れております。一次元または二次元バーコードスキャナ、無線LAN、BluetoothそしてRFIDリーダ等を内蔵したどのような現場でも使いやすいポータブルターミナルを提供しております。

ユニテックは米国、欧州、中東、中国そして日本に支社や販売網を持ち、全世界35ヶ国以上で多くのパートナー企業と密接な関係を築いております。またユニテックの日本法人であるユニテック・ジャパンは日本マーケットに適した製品を提供できるように努力いたしております。

問い合わせ先
ユニテック・ジャパン株式会社
マーケティンググループ
電話: 03-3523-2766 FAX 03-3523-3766
E-mail: info@jp.ute.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。