logo

結婚情報誌『ゼクシィ』の「花婿100人委員会」が後輩花婿に贈る、“イケてる花婿=「イケ婿」”になるための五訓


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が発行する結婚情報誌『ゼクシィ』では、ここ数年で顕著になってきた“イケ婿現象”に伴い、「花婿100人委員会」に所属する先輩花婿の声を集めて、“結婚準備成功の五訓”をつくりました。また、『ゼクシィnet』(リンク)に「イケ婿」ページをオープンさせ、今後もイケ婿の結婚準備を応援していきます。

▼『ゼクシィnet』の「イケ婿」ページはこちら
リンク

▼「花婿100人委員会」について
リンク

――――――――――――――――――――
「花婿100人委員会」の声から生まれた“結婚準備成功の五訓”
――――――――――――――――――――

■一訓
結婚式準備、それは例えるなら山登り
途中、苦しくとも山頂から見える景色は最高だ

■二訓
自分の親は自分の親、彼女の親も自分の親。
同じくらいの大きな愛で包もう

■三訓
彼女が間違っていても、親の前では彼女の味方
意見するのはふたりのときに

■四訓
理屈じゃない、女性の話は。
否定せず「なるほど」「そうか」と相づちを

■五訓
「大丈夫?/俺やるよ/あれどうする?/手伝うよ」
彼女をイライラさせない魔法の言葉
(そして定期的な愛情表現も忘れずに)


▼『ゼクシィnet』の「イケ婿」ページはこちら
リンク

――――――――――――――――――――
『ゼクシィnet』に「イケ婿」ページが登場!
――――――――――――――――――――

6月22日(金)『ゼクシィnet』にイケ婿ページをオープンいたしました。

<URL> リンク

<コンテンツ>
■イケ婿 File1 「イケ婿」って、実際には何をやってるの?
■イケ婿 File2 花嫁は「イケ婿」のこと本当はどう思ってるの?
Q.イケ婿って、どのくらい存在するの・・・?
Q.なんでイケ婿になったと思う?
Q.ほんとのところ「イケ婿」のことどう思う?
■イケ婿 File3 イケ婿流 プロポーズ
・さすがイケ婿!?胸キュンプロポーズ体験談
・イケ婿がホンネを暴露!プロポーズ、その真相は・・・?

▼『ゼクシィnet』の「イケ婿」ページはこちら
リンク

――――――――――――――――――――
“イケ婿”が集まる「花婿100人委員会」とは?
――――――――――――――――――――

■「花婿100人委員会」とは

結婚情報誌『ゼクシィ』の編集記事をサポートし、後輩花婿にアドバイスを送る目的で発足した委員会。
自身の結婚式の際、準備段階や当日の演出で積極的に活躍した花婿約100人で構成されている。

・対象:過去2年以内に結婚式を挙げた全国の先輩花婿
・発足:2012年5月9日
・人数:103名(1期生)
・活動期間:1年間
・活動内容:既に20期生が活動している“花嫁1000人委員会”と同様、ゼクシィの編集記事制作の協力や、誌面上で結婚式準備中読者へのアドバイスなどをおこなう予定

■どんな“イケ婿”がいるの?

「花婿100人委員会」へのアンケート(2012年2月実施)の結果、
結婚式に対して
「結婚式は当然挙げるべきだと思う」(81%)
「結婚式は頑張りたいと思った」(85%)
「一生に一度のことなので、とことんこだわるべきだ」 (81%)
という積極的な考えをもっており、
「結婚式準備はふたりで進めた」(84%)
「結婚式準備は楽しかった」(85%)
と、花嫁任せにすることもなく、協力して準備を行ったことがわかりました。


▼「花嫁1000人委員会」・「花婿100人委員会」について
リンク

▼「花婿100人委員会」第2期生メンバー募集中
リンク

――――――――――――――――――――
“イケ婿”が活躍する最新の結婚式事情
――――――――――――――――――――

■“イケ婿(いけむこ)”とは

結婚式場選び、披露宴演出への参加、アイテム作りなど結婚式準備全般に積極的に関与する新郎のこと。

■『ゼクシィ』の購入者の約30%は男性

結婚情報誌『ゼクシィ』を店頭で購入する人の約30%は男性です。
特に「彼専用ゼクシィ」という男性向けの結婚式準備のノウハウが書かれた付録がつく号は、その購入率も高まります。(※チェーン調べ 2011年3月~2012年3月・首都圏版)

■イケ婿はどんなことをするの?

結婚式当日、ほぼ2人に1人がウェルカムスピーチを行い、5人に1人はゲストや新婦に向けてサプライズを仕込みます。中には花嫁のベールやブーケを手作りしたり、ケーキやスイーツを手作りするイケ婿や、披露宴で花嫁に再度プロポーズをするイケ婿など、バリエーションも豊富です。

【参考】結婚式当日の新郎の行動について(複数回答)

・ウェルカムスピーチをした(47.1%)
・当日の演出に積極的に参加した(42.1%)
・ゲストへのサプライズ演出をした(23.1%)
・新婦へのサプライズの演出をした(18.0%)
・親へ手紙を読んだ/送った(花婿の手紙)(16.3%)
・新婦へ手紙を読んだ/送った(11.4%)
・新婦へプレゼントをした(8.3%)

※「演出アンケート」ゼクシィ調べ(2011年11月実施)
結婚後、同居生活を始めて1年以内の20~34歳の男女516名(マクロミルモニター会員)

■イケ婿はどうして生まれたの?

大きな時代の流れにより、結婚式の意味合いが「ふたりのお披露目の場」から「家族や友人に感謝の気持ちを伝えるためのおもてなしの場」と変化しました。また、現在結婚をする30歳前後の世代は、物心ついたときから絆を感じる世代で、特に男性は「男はこうあるべき」という固定概念にとらわれない、ユニセックス化している世代でもあります。

イケ婿たちは「結婚そのもの」や「結婚式」に対しても抵抗がなく、彼らの行動は、「結婚式はふたりで準備するのが当然」、または「彼女(新婦)に喜んでもらいたい」と思う気持ちからくるもので、自分自身のこだわりというよりは、彼女や他者への思いが強いことが今の世代の特徴のように感じられます。

▼『ゼクシィnet』の「イケ婿」ページはこちら
リンク


――――――――――――――――――――
◎参考 結婚情報誌『ゼクシィ』媒体概要
――――――――――――――――――――

ホテルや専門式場、チャペルレストランなど様々なスタイルのウエディング会場をはじめ、ジュエリーやドレス、引出物、二次会会場など、ブライダルに関する情報を掲載しています。

誌名:ゼクシィ
発行開始日:1993年5月24日
発行エリア:全国 19版
部数:約30万部
発行サイクル:毎月23日~25日 ※版によって異なる
定価:300円~500円(税込) ※版によって異なる
シリーズ:『ゼクシィ国内リゾートウエディング完全ガイド』
『ゼクシィ海外ウエディング完全ガイド』『ゼクシィAnhelo』
Webサイト:『ゼクシィnet』(PC)『ケータイゼクシィ』(携帯)

▼『ゼクシィnet』はコチラから
リンク

▼ブライダル総研はこちら
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]