logo

『インターネットショッピングに関する動向調査2012』 ネットショッピングでの支払い方法、現実とニーズにギャップが存在

『インターネットショッピングに関する動向調査2012』で株式会社ネットプロテクションズは、
インターネットショッピングユーザーが現在どのような支払い方法を利用しており、
支払い方法について何を望んでいるのかについて、20代以上の男女2,064名を対象に調査を実施しました。
<調査概要>・調査期間:2012年4月3日(火)~4月16日(月)
・調査方法:株式会社マクロミルのモニター会員に対するインターネット調査


1.調査結果の概要
■現実とニーズにギャップが存在!クレジットカードが1位、後払いが代引きを超え2位のニーズ
インターネットショッピングにおいて、普段利用している支払い方法と最も利用したい支払い方法について
聞いたところ、順位に差が生じました。
中でも最も差が大きかったのは後払い決済で、その差は10ポイント以上となりました(Q1、Q2)。

■利便性と安心感が重要視されていた!
最も利用したい支払い方法でクレジットカード及び代引きと回答した理由の1位は「支払の手間がかからないから」で、
後払いと回答した理由の1位は「商品を確かめてから支払ったほうが安心だから」でした(Q3)。
インターネットショッピングにおいては、決済の利便性と安心感が重要視されているようです。

■希望する支払い方法がない場合、4人に3人が購入せずに離脱する
利用したいと思う支払い方法がない場合の対応を聞いたところ、4人に3人が他のサイトで購入するか、または、
購入を止めてしまうことが分かりました(Q4)。
ニーズが高いクレジットカード・後払い・代引きのいずれかを導入していないEC事業者は
顧客を取りこぼしが発生していることが考えられます。





インターネットショッピングにおいて、普段利用している支払い方法と最も利用したい支払い方法について
聞いたところ、現実とニーズにギャップが存在していることが分かりました。
中でも最も差が大きかったのは後払い決済で、その差は10ポイント以上となりました。
インターネットショッピングにおいては、後払いの普及がまだ十分でないということが推測されます。



◆Q3 Q2にて、上記回答を選んだ理由について教えてください
クレジットカードを選んだ理由
1位 支払の手間がかからないから(87.7%)
2位 ポイントなどの特典が受けられるから(52.1%)
3位 現金がなくても利用できるから(29.3%)

後払いを選んだ理由
1位 商品を確かめてから支払ったほうが安心だから(23.4%)
2位 コンビニで支払えるから(16.2%)
3位 クレジットカード情報の不正利用の心配があるから(12.4%)

代引きを選んだ理由
1位 支払の手間がかからないから(87.7%)
2位 ポイントなどの特典が受けられるから(52.1%)
3位 現金がなくても利用できるから(29.3%)



利用したい支払い方法がなければ、「購入自体をやめる」が24.2%、
「利用したい支払い方法が用意されている他のサイトで購入する」が49.5%。
実に73.7%の人が、利用したい支払い方法がない店では購入しないことが分かりました。
検索ひとつですぐにでも同じ商品を探すことができるインターネットショッピングにおいて、
支払い方法の充実は、大きな購入決定要素となっていることが推測されます。


■アンケート調査概要
調査対象:全国20代~50代以上の男女 各258名 合計2064名
調査手法:インターネット調査

■報道機関からのお問い合わせ先
株式会社ネットプロテクションズ
担当:マーケティンググループ 秋山
E-mail: marketing@netprotections.co.jp

■株式会社ネットプロテクションズ概要
会社名:株式会社ネットプロテクションズ
本社:〒104-0061 東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル4階
代表者:柴田 紳
設立:2000年1月
URL:リンク
事業内容:ネットショップ向け後払い決済サービス「NP後払い」
     企業間取引向け後払い決済サービス「NP掛払い」



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。