logo

OKIデータと東芝テック、MFP(複合機)で共同開発

Tokyo, June 14, 2012 - ( JCN Newswire ) - 株式会社沖データ(社長:平本隆夫、本社:東京都港区、以下 OKIデータ)と東芝テック株式会社(社長:鈴木護、本社:東京都品川区、以下 東芝テック)は、MFP(複合機)の共同開発に合意し、東芝テック製MFPへのOKIデータ製デジタルLEDプリントヘッド採用をはじめ、商品・技術の共同開発をこのたび本格的に開始致します。

OKIデータは、近赤外線を発光させるLEDをドライバICと常温接合させる独自技術により実現した 小型プリントヘッドを搭載し、コンパクトで高い信頼性のプリンタで、日本・欧州・中南米を中心に高い評価を得ています。東芝テックは、A3サイズ対応MFPで高い品質の商品を提供しており、北米・欧州・中国を中心に高い実績があります。両社の得意とする技術には重なりが少なく、それぞれの強みを活かして、共同開発を行う運びとなりました。

今回の共同開発の本格化により両社は、互いの得意技術を組み合わせた共同商品開発、基幹技術の相互供給を行い、短期間でそれぞれの事業を補完します。OKIデータは、高速・高機能なMFPを品揃えすることでマネージドプリントサービス(以下 MPS)の売上倍増を目指します。一方東芝テックは、自社製品にないA4サイズ対応商品をラインアップに加えて販売強化を図ります。

世界のオフィス印刷市場においては、MPSに代表される、印刷業務や印刷機器管理の受託サービスやプリント環境を評価した結果に基づく最適化提案など、お客様の業務の生産性向上とコストダウンを 実現するサービスに対するニーズが高まっています。この流れを受けて、高度化・多様化するハードウェアやソフトウェアに対して求められる高い技術水準の実現、オフィス内のすべての印刷装置を供給する幅広い商品の展開、ならびに開発期間や開発コストの削減が両社の課題となっていました。

【主な合意内容】

1.商品共同開発
OKIデータの小型電子写真ユニットに東芝テックのコントローラを搭載した、MPSに最適な競争力のあるA4サイズ対応MFP等を開発し、2012年度より順次市場投入していきます。

2.基幹技術の相互供給
東芝テックは、OKIデータ製デジタルLEDプリントヘッドを搭載した小型・高精細なMFPの開発を行います。国内で先行して発表しましたA3フルカラー複合機「e-STUDIO(イースタジオ)2050C」注にも同プリントヘッドを採用し、世界最小クラスの設置面積の実現と大幅な省電力性能の向上に 貢献しています。また、OKIデータは、東芝テックの実績のあるソリューション展開を広げるOpen Platform技術の供給を受けてMPS事業強化を図ります。

注:国内では2012年7月上旬から発売予定です。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

東芝テック広報・調査室 水野
電話:03-6422-7008
e-mail:koho@toshibatec.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。