logo

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート Windows Developer Daysで披露されたgloopsの探究心


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■ソーシャルゲーム運用のキモ「5秒ルール」とは
Windows Developer Daysで披露されたgloopsの探究心
――――――――――――――――――――

マルチプラットフォームにソーシャルゲームを展開するgloops。国内のソーシャルゲーム業界の中では珍しく、マイクロソフト技術をベースにゲームを開発・運用しています。その技術探究心の一端が、Windows開発者のためのイベントで披露されました。『Tech総研』編集部はその様子をレポートします。

2012年4月24日・25日に東京で開催された日本マイクロソフト主催の「Windows Developer Days」。
1日目のブレイクアウトセッションにスピーカーとして登壇したのは、gloopsシステム基盤部の大和屋貴仁氏です。
大和屋氏は優れた情報発信者に対してマイクロソフトが認定する「Microsoft MVP for SQL Azure」のタイトルホルダーでもあります。

「人気ソーシャルゲームでの SQL Azure Federation 性能検証」というテーマのセッションにて大和屋氏は、柔軟なリソースの追加・削減が即座にできるというクラウドならではの利点と、今後のグローバル展開時の基盤にもなるようなプラットフォームとしての性能に期待していると「Windows Azure Platform」に注目する理由を語りました。

また、SQL Azureのデータベースの最大容量が1台当たり150GBという制限について、SQL Azure Federationによる分割で対応することが可能であると述べ、リソースを過剰消費するとセッションが強制切断されてしまうというSQL Azureのサービス仕様も、接続元・接続先を複数用意し、分散させることでこれを乗り越えることができ、その結果、秒間4000アクセスの負荷に対して5秒ルールを達成するレスポンス比率は99.73%に達し、タイムアウト回数も3分1000回以内に十分とどめることができました。
「SQL Azure Federationでスケールアウトを行えば、いくつかの制約はあるものの、オンプレミスをクラウド環境に移行することは十分可能だ」と、大和屋氏は結論づけました。

本レポートでは、2日目の同社河合宜文氏の「LINQ to Everything ──データソース・言語を超えるLINQの未来」についても詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

▼関連記事はこちら
gloops池田氏×MS砂金氏──Windowsテクノロジー対談
リンク

gloopsがWindows環境でソーシャルゲームをつくる理由
リンク

――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――

エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]