logo

テクニカルコラム「第8回“Ciscoデバイスのバックアップ~」

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:藁谷二郎、本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)は表記コラムのバックナンバーを公開しました。原文は以下の通りです。

今回はCiscoデバイスにおける設定のバックアップに関して紹介致します。

例えば、新しい機器やサービスを導入する際や、発生してしまったトラブルを解決する際は、現在の設定情報から設定変更を行います。この時、設定変更したことにより、トラブルを引き起こしてしまったら・・・。
万が一の場合に備え、設定ファイルのバックアップを自動的に作成してくれる機能が「設定アーカイブ機能」です。

Cisco IOSにおけるコマンド例は下記の通りです。
------------------------------------------------------------------------
■設定方法
Cat2960(config)#archive ;アーカイブ機能の有効化
Cat2960(config-archive)#path flash:/Archive/
            ;アーカイブファイルの保存ディレクトリ
Cat2960(config-archive)#write-memory
            ;設定保存時に自動的にアーカイブを作成(オプション)
Cat2960(config-archive)#time-period 1
            ;定期的(本例では1分間隔)にアーカイブ作成(オプション)

本例ではFlashメモリにアーカイブを作成していますが、pathコマンドによりネットワーク上のサーバを指定することもできます。

■確認方法
・アーカイブファイルの確認
Cat2960#show archive
The next archive file will be named flash:/Archive/--6
Archive # Name
1 flash:/Archive/Nov-14-15-31-04.634-0
2 flash:/Archive/Nov-14-15-32-05.217-1
3 flash:/Archive/Nov-14-15-33-05.548-2
4 flash:/Archive/Nov-14-15-34-05.853-3
5 flash:/Archive/Nov-14-15-35-06.159-4
6 flash:/Archive/Nov-14-15-36-06.465-5 <- Most Recent
※出力は一部省略しています。

・アーカイブファイルの表示
Cat2960#more flash:/Archive/ファイル名

・現在の設定(running-config)との差分確認
Cat2960#show archive config differences system:running-config flash:/Archive/ファイル名

■復元方法
Cat2960#configure replace flash:/Archive/ファイル名
------------------------------------------------------------------------

今回は、トラブルを迅速に復旧するために、アーカイブ機能について紹介致しました。
また、CTC教育サービスでは、トラブルシュートの研修を提供しております。コース内では、原因の切り分け方法やトラブル発生後の効率的な復旧方法などを、よくある事例を交えながら紹介しております。
今後、業務においてCiscoデバイスを扱われる方、実践力を磨いていきたい方、是非ご検討ください。

ネットワークトラブルシュート
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。