logo

新刊『損切り』(著・川村徹彦)の発売に先行して、その内容をFacebookで連載開始。(5/21~)

株式会社パブラボ(東京都神田)は、FXシュミレーション・サクセス・ストーリー『損切り』(著者:川村徹彦)を6月に刊行するに際して、先行的にその内容を、公式Facebookページで連載を開始した。

企業が販促活動の一環として、twitterやFacebookを活用する中、新たな活用方法として、株式会社パブラボでは、発売前のコンテンツ(本)を、先行して公式Facebookページで連載を開始。

その第一弾として、5月21日(月)から連載を開始するのは、6月中旬に発売を予定しているFX関連書籍『損切り』(著・川村徹彦)。
本書は、同ジャンルでも数少ない小説形式の内容となっており、主人公の平凡な主婦が、あるきっかけでFXをはじめ、紆余曲折しながらプロのトレーダーに成長していくまでの姿を描く。


<Facebookにて連載開始>

平日正午(12:00)、パブラボの公式Facebookページで連載中。

URL:リンク


<『損切り』あらすじ>

夫の突然の失業をきっかけに、
専業主婦から一転して働き始めなくてはならなくなった杏子は、
ひょんなことから外国為替取引――通称FXの存在を知る。

「簡単にできそう」

甘い考えで、知識・経験が浅いまま、
FXを始めた杏子はFXで損失を出してしまう。

投資をギャンブルと嫌う夫に
黙ってFXを始めたことを打ち明けられずに悩み、
そんな中で出会ったFX仲間・野原に心惹かれ
――様々な出来事に葛藤し、翻弄されながらも、FXを続ける杏子。

そして、FXトレーダー杉村との出会いが、
ひとりの人間として成長する大きな転機となっていく――。


<著者紹介>

川村 徹彦(かわむら てつひこ)氏

1958年生まれ。2007年にWin-invest Japan株式会社を杉田勝とともに創業、代表取締役社長就任。創立後、FXセミナーの受講生は約1万名に上り、成功者を多数輩出。


<書籍に関するお問い合わせ先>
株式会社パブラボ
担当:黒澤/菊池
URL:リンク
所在地:〒101-0043 東京都千代田区神田富山町8番地 アツミビル
電話:03-5298-2280  FAX:03-5298-2285
email:info@publabo.co.jp

用語解説

FX(Foreign exchange):外国為替証拠金取引

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。