logo

STとIS2T社、電子機器に直感的な機能を追加するSTM32向けJavaプラットフォームを発表

STマイクロエレクトロニクス 2012年05月23日 09時30分
From PR TIMES



生活家電および産業用電子機器に最先端のグラフィックスを導入するため、
Java専門企業と開発ツールで協力
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、生活
家電、OA機器、産業用制御機器等のコンピュータ化された機器に、スマートフォ
ンに見られるようなアニメーションやウィジェット等の豊富なグラフィックス
機能を付加するための新しい開発ツールを発表しました。

スマートフォンやメディア・プレーヤといったガジェットは、キッチンや
オフィスにある電子機器と比較すると、急速にその魅力を高め、強力で使いやす
くなりました。その理由の1つとして、Javaなどの高度なオブジェクト指向
プログラミング(OOP)ソフトウェア設計環境が挙げられます。モバイル業界で
はJavaが使用されているのに対し、マイクロコントローラ(以下マイコン)を搭載
したシステムではC言語等の従来のプログラミング言語が主に使用されています。
特にJavaは、元来、ウィジェット階層等の機能を使用したオブジェクト指向言語
のため、グラフィック・ユーザ・インタフェースの構築を簡略化します。

STのマイクロコントローラ開発ツール担当マネージャであるDominique Jugnonは、
次の様にコメントしています。「STは、これまでにない気軽さと使いやすさを
実現した次世代組込みシステムを開発するのに最適で、画期的なプロフェッショ
ナルJavaツールを発表しました。」

STは、革新的なJavaツールを専門とするIS2T(R)社と共同で、すぐに使える
STM32マイコン用Java開発キットを作成しました。STM3220G-JAVA Starter Kitは、
IS2T社のMicroEJ(R)ソフトウェア開発キット(SDK)の評価版とSTM32F2シリー
ズ用評価ボードを組み合わせており、開発を始める上で必要なものが全て含まれ
ています。

MicroEJソフトウェア開発キットは、組込みシステム設計者がJavaオブジェクト
指向プログラミングを利用できる世界初のプロフェッショナルなツールセット
であると考えられます。MicroEJは、組込みシステムにおいて、Javaアプリケー
ションの作成・シミュレーション・試験・実装するための拡張機能を提供します。
グラフィック・ユーザ・インタフェース(GUI)開発のサポートには、
ウィジェット・ライブラリ、絵コンテ作りを含む設計ツール、およびフォントの
カスタマイズ用ツールが含まれています。

完全なハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションであるGeeseWareは、
STM32マイコン用にJavaをサポートする開発エコシステムに貢献します。
GeeseWareは、IS2T社のMicroEJ SDKとSTM32F2・STM32F4に対応した開発ボードを
組み合わせています。

STM32 : 組込みJavaアプリケーションに最適なマイコン
ARM(R) Cortex(TM)-Mコアは小型・低価格・低消費電力を重視した機器に
おける多彩なヒューマン・インタフェースをサポートできることから、同コアを
搭載したSTM32は組込みシステムを開発するためのJavaプラットフォームとして
最適です。今回発表したツールは、STM32F2(ARM Cortex-M3搭載)および
STM32F4(Cortex-M4搭載)上でのJava開発をサポートします。Cortex-M4には、
DSP拡張機能と浮動小数点ユニットが追加されています。Cortexの高度なアーキ
テクチャは、多くの独自コア搭載マイコン(8 / 16 / 32bit)に勝る処理能力、
消費電力およびコスト効率を兼ね備えています。

STM32ファミリは、最先端のCortex-Mコア・シリーズと高性能なペリフェラルを
組み合わせた多くの製品シリーズから構成され、これまでにない幅広い選択肢と、
高度な性能・機能を提供します。ファミリ内の全製品にピン配列・ペリフェラル・
ソフトウェア互換性があるため、高い開発コストをかけずに素早く設計を適合
または拡張・縮小することができます。現在、300品種以上の製品を擁する
STM32ファミリは、最大1MBのFlashメモリを内蔵した製品、接続性を重視した
USB / イーサネット / CAN / OTG対応製品、超低消費電力製品、および高性能
製品といった様々な製品を取り揃えています。

STは、開発環境で使用できる評価キット、ドライバ、ファームウェア、プログラ
ミング・ツール、デバッグ・ツール、および代表的な開発ツール・ベンダ各社の製品等、
充実したリソースによってSTM32搭載機器の開発をサポートします。
IS2T MicroEJ SDK評価版が含まれたSTM3220G-JAVA Starter Kitは、この豊富な
開発エコシステムに追加された最新の開発キットです。これにより、STM32を搭載した
機器は、多種多様な環境や市場において、さらに優れたユーザ体験を提供できるでしょう。

STM3220G-JAVA Starter Kitは、STまたは販売代理店より入手可能で、価格は
349ドルです。MicroEJ開発キットの完全版はIS2T( リンク
から入手可能です。

また、GeeseWare開発ボードは、GeeseWare( リンク
および北米、イスラエル、フランスの同社販売代理店より入手可能です。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、Sense & Powerおよびマルチメディア・コンバージェンス分野の多種多様
なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。
エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアから
スマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や
遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍して
います。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」
の実現に取り組んでいます。2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい
情報はSTのウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
MMSグループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。