logo

中国重慶市に新開発拠点を設立し、スマートフォン関連ビジネスを強化

中国重慶市に新開発拠点を設立し、スマートフォン関連ビジネスを強化

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、現在中国(上海)で行っている開発センターに加え、重慶に新しい開発拠点を設立、5月22日に事業を開始しました。
新拠点では、現在すでに中国で提供しているアフィリエイト広告サービス開発に加え、今後拡大が見込まれるスマートフォン関連市場の事業拡大を強力に推進していくことになります。

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、現在中国(上海)で行っている開発センターに加え、重慶に新しい開発拠点を設立、5月22日に事業を開始しました。
新拠点では、現在すでに中国で提供しているアフィリエイト広告サービス開発に加え、今後拡大が見込まれるスマートフォン関連市場の事業拡大を強力に推進していくことになります。

アドウェイズは2003年に進出後、2005年3月に日本初の中国向けのアフィリエイト広告サービスとして「CHANet」を開始、2011年には提携メディア数:約30万サイト、広告主数:約2,300社の中国最大級の成果報酬型広告サービスに発展。また今年4月には、スマートフォン広告「AppDriver(中国名:愛普動力)」の開始をしています。
一方、中国開発センター(上海)においてスマートフォンアプリを開発。日本市場向けに2011年1月にiPhoneアプリ「カイブツクロニクル」を提供してきました。
2011年の中国におけるインターネットユーザー数が5億1300万人(前年比5.8%増)である一方、スマートフォンの普及を背景にモバイルインターネットユーザー数は、3億5600万人(前年比191.8%増)と、急拡大しています。※CNNIC 2012年1月発表データより
今後、重慶開発センターから急拡大する中国スマートフォン市場に向け、スマートフォンアプリを提供して行く予定です。


【中国開発センター:愛徳威軟件開発(上海)有限公司について】 リンク
2003年設立。株式会社アドウェイズ100%出資の中国における子会社として、アドウェイズ・グループのサービス開発全般を手がけるとともに、スマートフォンアプリを開発。

【愛徳威広告(上海)有限公司】 リンク
株式会社アドウェイズ100%出資の中国における子会社。中国でのインターネット広告事業・モバイル広告事業を展開。中国全土において、中国最大級のアフィリエイトプログラム「CHANet(チャネット)」をはじめ、検索連動型広告「Keynet(キーネット)」、バズマーケティングサービス「WOMVISION(ワムビジョン)」、スマートフォン向け広告「AppDriver(アップドライバー)」を提供。


□■□株式会社アドウェイズについて リンク
2001年設立。国内最大級の広告主を有するモバイルのアフィリエイトプログラム「Smart-C」の運営を始め、PC媒体向けアフィリエイトプログラム 「JANet」の運営、スマートフォン向け広告サービス「AppDriver」の運営、アプリ/コンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。子会 社の愛徳威広告(上海)有限公司においては中国でのインターネット広告事業を展開。2006年に東証マザーズ上場。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。