logo

「コカ・コーラ インターハイ体験リポータープログラム 2012」 5月16日より、全国から高校生15名を募集


コカ・コーラシステムは、7月28日(土)より開幕する全国高等学校総合体育大会(通称:インターハイ)「2012 北信越かがやき総体」の開催に合わせ、「コカ・コーラ インターハイ体験リポータープログラム2012」の募集を、5月16日(水)より、全国の高校生を対象に開始いたします。

「コカ・コーラ インターハイ体験リポータープログラム2012」は、15名の高校生を「現地リポーター」として、7月29日(日)~7月31日(火)の期間に富山県へ派遣。現役の新聞記者等を講師に招く「記者塾」と、実際の取材・リポート活動を夏休みに体験できるプログラムです。成果リポートは、コカ・コーラ公式ブランドサイト等でご紹介いたします。

「記者塾」には特別講師として元バレーボール日本代表・川合俊一氏の登壇も予定しています。実際にインターハイ出場の経験を持ち、プロバレーボール選手として活躍後はリポーター・解説者としての経験も豊富な同氏からは、インターハイ出場選手の気持ちや、競技を取材する際のポイント、取材される選手の心理などについてお話いただく予定です。

1993年から協賛企業として継続的にインターハイを支援するコカ・コーラシステムでは、インターハイの魅力を、部活動での実績や運動の得意・不得意に関わらず、少しでも多くの高校生の方々に実際に感じて、参加していただくため、2010年より本プログラムを実施しています。高校スポーツ最大の祭典であるインターハイという舞台で、同年代の選手たちが生み出す感動や喜びを、自分の言葉で表現し、伝えてみたいという熱意のある方からのご応募をお待ちしています。

■募集要項(概要)※詳しい応募要項は後述
募集期間:2012年5月16日(水)~6月15日(金)
対象:日本全国の高校生
応募方法:以下のテーマに沿って撮影した写真と必要事項を記載し応募
テーマ:「インターハイでつながる。」同級生・先輩・後輩がインターハイ出場を目指す、学校の部活動風景を撮影ください
応募方法: (1)オンライン、(2)郵送/どちらも特設ページ: リンク からご確認いただけます

■川合俊一氏プロフィール
大学時代から全日本代表に選ばれ、ロサンゼルス、ソウル五輪に2大会連続出場。代表キャプテンも務め、「バレーボール界のプリンス」として男子バレーボール人気を牽引した。現役引退後もコーチング活動を続け、2012年より日本バレーボール協会強化副本部長に就任。バレーボールの普及と強化に取り組む。インターハイには第32回大会に出場。ベスト16に貢献し、優秀選手に選出されている。

■「コカ・コーラ インターハイ体験リポータープログラム 2012」募集要項(詳細)
プログラム名称:コカ・コーラ インターハイ体験リポータープログラム 2012
【主催】コカ・コーラ
【応募方法】インターハイを目指して頑張る姿や厳しい練習の様子など、今回の募集作品テーマ「インターハイでつながる。」に沿って撮影した、同級生や先輩・後輩達の部活動風景の写真データをご用意ください。
(1)オンライン: 応募フォームから必要事項と写真データを送信
(2)郵送: 申込書(書式自由)に必要事項を記入し、写真と共に事務局へ送付
(どちらも詳しくはリンク をご参照ください)
※お一人様何作品でもご応募いただけます
※添付写真は申し込み1回につき1点のみ(容量1MB以内)
【必要事項】
1.氏名(ふりがな)
2.郵便番号・住所
3.電話番号
4.学校名・学年
5.応募写真のタイトル(20字以内)
6.応募写真の説明(50文字以内)
7.本プログラム参加への意気込み(200文字以内)
8.本プログラムを何で知ったか
【募集対象】日本全国の高校生
【締め切り】2012年6月15日(金)24時到着分まで
【賞】厳正な選考の結果、入選者として15名の高校生を7月29日(日)~31日(火)の期間、「インターハイ体験リポーター」として富山県へ派遣します。
※交通、宿泊、食事に係る費用は主催者が負担いたします。
※上記の日程および内容は変更させていただく場合があります。
【発表】6月下旬、コカ・コーラ公式ブランドサイト他にて予定
※入選者には事務局から直接連絡いたします
【著作権】応募作品はコカ・コーラ及びその他の告知媒体に使用する場合があります。
※応募者の個人情報は、日本コカ・コーラ株式会社が業務委託する本プログラム運営事務局にて厳重に管理いたします。それらは本プログラム開催以外の目的で使用することはありません。
【一般からの応募に関する問合せ先】
「インターハイ体験リポータープログラム」事務局
TEL: 03-3212-2272 (土・日・祝日除く10時~17時)

■昨年度参加者の声
「試合で敗れ涙を目に浮かべながら取材に答えてくれる選手や、試合に勝ち笑顔をずっと見せてくれた選手もいた。都道府県を代表する想いを多くの人に伝えられる体験ができ、本当に良かった。」 (北海道)

「最初は緊張したけど、コーチに話を聞けたり、間近で選手の写真を撮ることができた。全国からのリポーターとも他の県の話を聞けたり、すごく楽しかった。」 (千葉県)

「緊張のなか取材を始めましたが、勇気を出して行動したら緊張もほどけました。他の皆の記事がとても良くて刺激になりました。ここで学んだことを、ずっと覚えておきます!」 (大阪府)

「同じ高校生の活躍を文章にして伝えることは決して簡単ではないけれど、自分の目で見て、聞いて感じることはとても大切なことだと学びました。これからも色々なことにチャレンジしていきたい」 (愛知県)

■昨年度参加者所属校一覧
北海道:私立北嶺高等学校
宮城県:私立尚絅学院高等学校
長野県:私立飯田女子高等学校
富山県:富山県立富山西高等学校
千葉県:千葉県立千葉女子高等学校
埼玉県:川口市立川口高等学校
東京都:東京都立高島高等学校
静岡県:私立日本大学三島高等学校
愛知県:私立桜丘高等学校
愛知県:私立安城学園高等学校
大阪府:近畿大学付属高等学校
奈良県:私立帝塚山高等学校
愛媛県:愛媛県立八幡浜高等学校
宮崎県:宮崎県立延岡星雲高等学校
沖縄県:沖縄県立糸満高等学校

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]