logo

もう一度読みたいあの作品が電子書籍で蘇る! ”電子書籍で復刊”プロジェクト「復☆電書」がスタート! 入手困難な書籍の電子書籍化リクエストをtwitter ・facebookで受付!

 株式会社講談社(本社:東京都文京区・代表取締役社長:野間省伸)は、2012年5月10日より、電子書籍ラインナップのさらなる拡充と本好きの方々の電子書籍を手に取るきっかけ作りを目指し、「復☆電書」を開始いたします。

 「復☆電書」とは、現在入手困難な作品を、“電子書籍で復刊”するプロジェクトです。
 “電子書籍で復刊”タイトル選定にあたっては愛読者の皆様の意見を反映すべく、twitterとfacebookによるリクエストを受け付けます。リクエスト上位のものから順次交渉にあたり、初めての試みとなる今回は数点程度の“電子書籍で復刊”を目指します。

今回「復☆電書」の対象となる作品は下記です。
・過去に講談社から刊行された作品であること。
・現在、入手困難な作品であること。
・海外翻訳作品、コミック、雑誌は、今回対象外とさせていただきます。
※お分かりにならなくても復☆電書事務局でお調べいたしますので、お気兼ねなくリクエストください。

詳しくはこちらの告知ページをご参照ください。
リンク


◇◆概要◆◇
●受付期間:2012年5月10日(木)〜5月31日(木)

●告知:復☆電書お知らせサイト URL リンク (電書info内)

●リクエスト方法
1.「twitter」(アカウント:@fukudensho)
 ・新規に復刊をリクエストする→#復電書で、「書名」「著者名」をつぶやく
 ・すでにリクエストされた作品に投票する→リツイートする
2.「facebook」(URL リンク
 ・新規に復刊をリクエストする→復☆電書facebookページのウォールに「書名」「著者名」を書きこむ
 ・すでにリクエストされた作品に投票する→[いいね!]を押す

●発表:6月4日(月)予定

●お一人様何作品でもリクエストしていただいてけっこうですが、他の方が賛同しやすいよう、一投稿につき一作品としてください。
twitterでのリツイート数や、facebookでの[いいね!]数の多かった作品を電子書籍での復刊交渉の対象とします。


 今回の試みを通して、”電子書籍で復刊”に至るまでの過程を公開し、いかに数々の困難なステップを乗り越えなければいけないかを愛読者の皆様にもご理解いただき、”電子書籍で復刊”の喜びを共有していただきたいと考えております。
 twitterやfacebookページでは、リクエストをお受けする以外にも、復☆電書の担当者たちが電子書籍や書籍に関する話題や、復刊に向けての過程を情報発信しています。ぜひご覧ください。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]