logo

東日本大震災、被災地で学べる「在宅就業を目指す無料eラーニング講座2012」5/14(月)より15名が受講開始

(株)テレワークマネジメントと(株)ワイズスタッフが取り組む、東日本大震災被災地における「テレワーク」による就労支援

株式会社テレワークマネジメント(リンク、所在地:東京都千代田区)と株式会社ワイズスタッフ(リンク、所在地:北海道北見市 いずれも代表取締役:田澤由利)は、東日本大震災の被災者を対象に、被災地を離れず、また、自宅や仮設住宅に居ながら学べる「在宅就業を目指す無料eラーニング講座2012」(リンク)を5月14日(月)より開講いたします。

2011年7月よりテレワークマネジメントとワイズスタッフは、「テレワークでの就労」をサポートすることで、東日本大震災の被災地支援(リンク)を行ってまいりました。同講座はその取組みのひとつとして、自宅や仮設住宅等に居なが ら、IT技術を身に付けていただき、副収入が得られる在宅就業を支援するためのものです。
昨年7月~12月にかけて実施した無料講座では、5人の受講生が参加し、 全員が4か月のeラーニングを修了。在宅型テレワーカーへの一歩を踏み出しました。

被災地での在宅就労を支援するこの活動を継続し、さらに発展させるべく、今年度は定員を15名に拡大し、参加者を募集しておりました。 震災によって職を失われた方、小さなお子様や高齢のご家族がいらっしゃる方、 出来る限り地元を離れずに就業を希望されている方等、様々な条件や環境の方からたくさんのお申込をいただきました。選考の結果、15名の方に5月14日(月)開講の無料講座を受講いただくこととなりました。
今後は1ヶ月の基礎研修と、最大3ヶ月の応用研修を受講いただき、9月末に修了する予定です。
また、研修修了後もその後の就業のサポートとして、ご希望の方にはテレワークマネジメントとワイズスタッフが運営する「ITお手伝いサービス」(リンク)に登録いただき、研修で学んだスキルにあった仕事をご紹介する予定です。


〇今年度の受講生の概要
【居住地】
・福島県:7名
・宮城県:7名
・東京都(避難先):1名

【性別】
・男性:2名
・女性:13名


〇「在宅就業を目指す無料eラーニング講座2012」研修スケジュール
・「キックオフミーティング」(5月10日)
WEB会議システムを利用しネット上で実施。

・「基礎研修」(5月14日~6月8日)
パソコンおよび代表的なソフトの基礎知識の習得。

・「応用研修」(6月下旬~9月下旬)
音声起こし等の在宅ワークに即した実践的なスキルの習得。


〇講座の受講形態について~「eクラスルーム」のご紹介
今回提供させていただく無料eラーニング講座は、個別にすすめていく従来のeラーニングの学習形態とは異なる「eクラスルーム」形式で受講いただきます。
「eクラスルーム」形式とは、メール上に教室(ホームルーム)を構築し、ホームルームを起点に総合的な学習をすすめていく、新しいeラーニングの学習形態です。ホームルームではトレーナー(先生)がひとりひとりの学習の進行をサポート、クラスメイトと共にeラーニングを受講いただきます。
同形式による学習形態は、テレワークマネジメントとワイズスタッフが受託し、北海道と奈良県で実施している、厚生労働省の「ひとり親家庭等の在宅就業支援事業」(リンク)でも運用しており、事業の訓練受講生からは「トレーナーの励ましや仲間との交流が励みになった」など、満足の声をいただいています。

※「eクラスルーム」の全体イメージは付帯情報にある画像をご参照ください。

今後も自治体および、関係企業様との協働も含め、被災地の方を長く支えることのできる、継続的な支援を目指し、この取り組みをより一層すすめてまいります。 引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


<本件に関するお問合せ>
● 株式会社テレワークマネジメント 東京オフィス
担当:鵜澤 / 伊藤
TEL:03-3265-5012     FAX:03-3265-5032
URL:リンク

●株式会社ワイズスタッフ 北見オフィス
担当 : 堂本
TEL : 0157-61-5012    FAX : 0157-61-5013
URL : リンク

このプレスリリースの付帯情報

「eクラスルーム」の全体イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。