logo

アバゴ・テクノロジー、業界最小電力で動作する5MBdデジタル・フォトカプラを発表

アバゴ・テクノロジー株式会社 2012年05月08日 09時00分
From Digital PR Platform


アバゴ・テクノロジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周)は、本日、ACPL-M21L/021L/024L/W21L/K24Lフォトカプラ・シリーズを発表しました。これらのフォトカプラは、従来の5MBdフォトカプラよりも大幅に低消費電力の製品です。ACPL-x2xLフォトカプラは、高効率LEDおよび新設計のディテクタICにより、低消費電力、高絶縁電圧、および優れた同相除去(CMR)性能の両立という、高まりつつある市場ニーズを満たします。

アバゴ・テクノロジーのデジタル・フォトカプラは、電源およびモータ制御回路からデータ通信、およびデジタル・ロジック・インタフェース回路まで、様々なデジタル信号の絶縁用途に使用可能です。

新しいACPL-x2xL 5MBdデジタル・フォトカプラは、1.6mAの最小LED駆動電流と、最大1.1mAのディテクタIC電力消費で動作します。ディテクタICは、シュミットトリガ回路内蔵の光レシーバ入力段と、電源の立ち上がりと立ち下がり時に出力にグリッチが発生しないCMOS出力段を含み、追加の波形整形が不要です。また、内部シールドにより、同相電圧1kVで25 kV/μs以上の高い同相除去(CMR)性能を保証します。ACPL-x2xLフォトカプラは、3.3V/5V電源で動作し、-40℃~+105℃の広い温度範囲で使用することが可能です。

ACPL-M21L、ACPL-021L、およびACPL-W21Lはそれぞれ、5ピン面実装パッケージ(SO5)、8ピン面実装パッケージ (SO8)、およびストレッチ6ピン面実装パッケージ (SSO6)の1チャネル製品です。また、ACPL-024LとACPL-K24Lはそれぞれ、8ピン面実装パッケージ(SO8)とストレッチ8ピン面実装パッケージ (SSO8)の2チャネル入り製品です。

ACPL-x2xL 5MBdデジタル・フォトカプラは、UL 1577、CSAおよびIEC/EN/DIN EN 60747-5-5など海外安全規格に準拠しています。

価格と供給
このシリーズの中で最初に量産されるACPL-M21Lのサンプル価格は、90円からです。サンプルと量産品の供給は、アバゴの販売代理店を通して行われています。

アバゴ・テクノロジー社
日本法人: アバゴ・テクノロジー株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周)
アバゴ・テクノロジーは、通信、産業、民生向けアナログ・インターフェース機器のグローバルリーディング・サプライヤです。当社の主力製品は、アナログ、ミクスドシグナル、オプトエレクトロニクスの部品やサブシステムなど多岐にわたっています。ターゲット市場は、インダストリアル / 自動車、情報通信 / エンタープライズ・ネットワーク、携帯電話/ワイヤレス・コミュニケーション、そしてコンピュータ周辺機器の4つの市場にわたり、革新的、高機能そして高品質製品を提供しています。また、世界中に技術サポートおよびカスタマーサービス拠点を有し、お客様をサポートしています。アバゴ・テクノロジー技術革新の伝統は、約50年前のヒューレット・パッカードに遡り、そしてアジレントの時代から受け継がれてきたものです。詳しくは当社のウェブサイト www.avagotech.co.jp をご覧ください。

# # #

Avago、Avago Technologies、およびAのロゴは、米アバゴ・テクノロジー社、またはその子会社もしくは関連会社の商標です。

本件に関するお問い合わせ先(報道関係者):
アバゴ・テクノロジー株式会社
マーケティング・コミュニケーションズ
カルデラ久美子
TEL: 03-6407-2704
kumiko.caldeira@avagotech.com


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。