logo

エンタテインメントプラスへブルーコートシステムズ社製 帯域制御装置 PacketShaperを提供

~アクセス集中時に対応できる動的な帯域コントロールにより、チケット販売サービス全般の安定稼働を実現~

ネットワーク機器の輸入、開発、販売を手がけるマクニカネットワークス株式会社(以下 マクニカネットワークス、本社所在地:横浜市港北区新横浜1-5-5、代表取締役社長:宮袋 正啓)は、この度、株式会社エンタテインメントプラス(以下 エンタテインメントプラス、所在地:〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1)へ、ブルーコートシステムズ社製の帯域制御装置「Blue Coat PacketShaper(以下、PacketShaper)」を提供したことを発表いたします。

チケット販売サイト「e+」を主軸としてチケット販売事業を展開しているエンタテインメントプラスでは、人気公演のチケット販売時にアクセスが集中することにより、ピーク時には他の公演の購入者のアクセスまで困難にしてしまうことが課題となっていました。更に、「e+」の他にもアウトソーシングサービスやチケット販売システムを提供しているため、どこか一つのサービスでアクセスが集中すると全てのサービスに影響を及ぼしてしまい、ネットワークを都度手動で制御する運用に限界を感じていました。このようなアクセスピーク時の課題を解決するべく導入されたのが、帯域制御装置PacketShaperです。

 PacketShaperは各システムそれぞれに最低限の帯域を設定するので、アクセスピーク時でも他のサービスへの影響を最小限に抑えることができます。更に、アクセスが増えてくるとPacketShaperが自動的に設定を変更してコントロールするため、検索エンジンからのロボットなどの大量アクセスを制御できるほか、人気商品のピークを事前に予測しきれなかったとしても管理者の手を介さずリアルタイムに対応することが可能です。また、マクニカネットワークス開発の専用アプリケーションLaLaViewe(注)を活用し、PacketShaperの統計情報を詳しく分析することが可能となります。この統計情報を利用すれば、今後のシステム設計・新しいサービスの構築にも役立たせることができます。

エンタテインメントプラスは柔軟に帯域をコントロールできるPacketShaperの導入により、システム面・運用面の課題を解決し、より前向きな業務により多くのリソースをかけることができるようになりました。今後も、「e+」をはじめとするサービス全般の更なるレベル向上が期待されます。

(注)導入前の検証で利用。2012年4月導入

<製品に関する詳細>
リンク

<製品に関するお問合せ先>
マクニカネットワークス株式会社 Blue Coat製品担当
TEL: 045-476-2010  E-mail: bluecoat-sales@cs.macnica.net

このプレスリリースの付帯情報

PacketShaper導入イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。