logo

ディメンションデータ、アジアパシフィックおよびEMEAR地域でシスコ社パートナーサミット2012のグローバル賞をダブル受賞

株式会社ディメンションデータジャパン 2012年04月24日 10時30分
From DreamNews

ディメンションデータ、アジアパシフィックおよびEMEAR地域で
シスコ社 パートナーサミット2012のグローバル賞をダブル受賞


2012年4月24日、東京発 - ディメンションデータは、シスコ社パートナーサミットにおいて、アジアパシフィック・日本・中国(APJC)地域パートナー・オブ・ザ・イヤー賞と、ヨーロッパ・中東・アフリカ・ロシア(EMEAR)地域パートナー・オブ・ザ・イヤー賞のダブルグローバル賞を受賞したと発表いたしました。受賞者の発表は、4月17日にカリフォルニア州、サンディエゴで開催されたシスコ社・年次チャネルパートナー・コンファレンスにて実施されました。

シスコ社・パートナーサミット・グローバル賞は、優秀なチャネルパートナーの中から各部門の最優秀企業を表彰するもので、業界のモデルとなるものが選ばれます。審査項目には、革新的なプラクティス、アプリケーション事例、ユニークなプログラム、問題解決、セールス・アプローチなどがあります。全ての受賞者は、シスコ社のワールドワイドチャネル部門と各地域の役員の協議により選ばれます。

シスコ社のワールドワイドチャネル部門、シニア・バイス・プレジデント、エジソン・ペレス(Edison Peres)氏は次のように述べています。「シスコ社が、世界有数の優れたチャネルパートナーと協業できることは特権であり、私にとって、ディメンションデータをAPJC地域とEMEAR地域のパートナー・オブ・ザ・イヤー・グローバル賞の受賞者として表彰できることは名誉なことです。この2つの賞は、ディメンションデータグループが、シスコ社・チャネルパートナーとして、2011年度にEMEAR地域とアジア地域において際立った実績を上げたことを称えるものです。」

ディメンションデータのCEO、ブレット・ドーソン(Brett Dawson)は語っています。「今回の受賞を大変喜んでいます。今年でディメンションデータがシスコ社と協業し始めて21年になります。世界最先端のベンダー技術を当社の顧客企業に届ける上で、技術パートナーシップは重要です。ディメンションデータはワールドクラスのソリューションやサービスを世界中の顧客企業に提供するよう尽力していますが、本年シスコ社の賞をいただいたことで、当社が事業展開している世界51ヶ国の各シスコ社シアターにおいて、当社サービスの世界的な広がり、技術経験、業務遂行能力があらためて評価されたように思います。」

シスコ社・パートナーサミット賞はグローバル、地域、シアターごとの各レベルで授与されます。シスコ社・パートナーサミット・グローバル賞は、特定の技術市場分野において、いくつかの地理的地域にまたがって、最も優れた業績を上げたチャネルパートナーに与えられます。


ディメンションデータアジアパシフィックについて
ディメンションデータアジアパシフィックは、ディメンションデータホールディングスの子会社で、13のアジア太平洋地域に60以上の拠点を置いて事業を展開しています。ディメンションデータは、お客様のICTインフラを計画、構築、サポート、管理、改良および革新するお手伝いをします。ネットワーク、セキュリティ、データセンター・ソリューション、マイクロソフト・ソリューション、およびコンバージド・コミュニケーション&コンタクトセンター・テクノロジーの専門知識を、優れたコンサルティングスキル、インテグレーションおよびマネージドサービスと組み合わせて、お客様のビジネス課題を迅速に解決するためICTソリューションをデザインします。尚、ディメンションデータはNTTグループの一員です。リンク

本件に関する問い合わせ先:
株式会社ディメンションデータジャパン
コーポレートコミュニケーション&ブランドマネジメント本部
明石 みき
Tel: 03 6746 2230  Fax:03 6746 2300
Email:miki.akashi@dimensiondata.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。