logo

アクロニス、VMware vSphereTM小規模仮想環境向けの バックアップ・リカバリソフトウェア、「Acronis(R) vmProtectTM 7」を発売

物理環境、仮想環境、クラウド環境に対応し使いやすさを追求したバックアップと復元のソリューションを提供するリーディングカンパニーであるアクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本:東京都港区、代表取締役 村上 督、以下: アクロニス)は、VMware vSphereTMによって構築された小規模仮想環境に特化したバックアップ・リカバリソリューション、「Acronis(R) vmProtectTM 7」を本日発表し、2012年4月24日(火)より提供を開始します。((注) パッケージ版のリリースは、2012年5月18日(金)となります。)本製品は、アクロニスWebサイト、またはディストリビューターであるソフトバンクBB株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社ネットワールド、及び当社製品のリセラー企業を通して販売されます。
アクロニスでは、「Acronis(R) vmProtectTM 7」を2012年4月24日(火)に開催されますVMware社主催のパートナー企業向けイベント「VMware Partner Exchange 2012 on Tour 東京」にて、初めて一般公開いたします。

当社が2011年9月~10月に18か国で実施したバックアップとディザスタリカバリに関する信用度調査によると、2011年の中堅・中小企業におけるサーバの仮想化率は、全体の30%でした。2012年は、仮想化されたサーバの比率は、サーバ全体の35%になると予想されています。企業は、サーバを仮想化することにより、ビジネスの効率性の向上、また、柔軟かつ迅速なサーバの配置が実現できると回答しています。しかしながら、バックアップ頻度の比較では、仮想サーバの1/4は物理サーバと比較するとバックアップ頻度が低いという結果が出ています。例えば、月ごとが36%、毎日が24%、1週間ごとが20%という結果です。

「Acronis(R) vmProtectTM 7」はVMware vSphereTMによって構築された小規模仮想環境に特化した製品であり、管理サーバの準備構築などの必要もありません。簡単に導入でき、すぐに仮想マシンのバックアップを開始することができます。本製品は、次の先進機能を提供することで、お客様のVMware vSphereTM環境の仮想マシンを強力にバックアップ、リカバリいたします。

今回の発表にあたり、VMware社より次のようなコメントをいただいています。

ヴイエムウェア株式会社 パートナービジネス本部 本部長 中村共喜
「ヴイエムウェア株式会社は、アクロニスのAcronis(R) vmProtectTM 7の発表を心より歓迎いたします。中堅・中小企業のお客様においては、日々のビジネスで使用しているアプリケーションの多くが、VMware vSphereTM上で運用されるようになってきました。アクロニスのvmProtect 7は両社の共通のお客様に対して、VMware仮想化環境の素早いバックアップ、容易なリカバリ手法、及びバックアップの効率的な管理を提供し、同時にコスト削減や複雑さの排除を実現できると確信しております。」

「Acronis(R) vmProtectTM 7」の主な機能
<運用・管理> 
1. 簡単インストール、簡単操作
- 数分でインストール完了。操作はすべてWebブラウザ*から実施。
- バックアップタスクの作成はわずか、4ステップで完了。仮想マシンの復元も3ステップで完了。

2. 無制限P2V移行
- ブータブルメディアからWindowsマシンを起動し、イメージを取得。その後、vmProtectTM 7の管理画面からイメージを元に仮想マシンを作成することでP2V移行を実施。P2Vの回数制限もない。

<機能性> 
3. Always Incremental backupスキーム(日々の増分バックアップと古いデータの整理を高速処理)
- バックアップアーカイブサイズの増大を極力抑えると同時に負荷のかかるバックアップ統合を排除する新技術を搭載。日々の増分バックアップと古いデータの整理を高速に処理。

4. 仮想マシンのレプリケーション(複製)
- 1つの画面で、4つのステップで仮想マシンのレプリケーションスケジュールを作成。2回目以降は増分データのみコピーして複製。
- フェイルオーバーやフェイルバックにも対応。

5. ESXiホストのバックアップ
- ESXiホストのバックアップを実施。復元時はブータブルメディアを用いて行う。

6. Microsoft Exchange対応
- バックアップのスケジュール作成時に「Exchange対応バックアップを有効にする」をクリックすることにより、Microsoft Exchangeのバックアップが可能に。トランザクションログの切り捨ての選択もできる。
- 復元に関しては、データベース、メールボックス、メールボックス内の特定のコンテンツなど、「アイテム単位」の復元が可能。

*サポートするWebブラウザ
● Microsoft (R) Internet Explorer(R) 7.0以降
● Mozilla(R) Firefox(R) 3.6以降
● Apple(R) Safari(R) 5
● Google ChromeTM 10.0以降
● OperaTM 10.0以降

■出荷開始日
日本語ライセンス版、オンライン版発売日: 2012年4月24日(火)
日本語パッケージ版発売日: 2012年5月18日(金)

■販売形態と参考価格:
ライセンス版価格: 60,000円(税抜)、オンライン版価格: 60,000円(税抜) (共に1 CPU  1ライセンス)
パッケージ版価格: 60,000円(税抜) (1CPU 1ライセンス)
(注)※ 価格には消費税が含まれておりません。  

■販売体制
本製品の販売はディストリビューターであるソフトバンクBB株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、株式会社ネットワールド、及び各リセラー企業を通して行います。販売価格に関しましては、当社ディストリビューまたはリセラーまでお問い合わせください。

【報道関係者のお問い合わせ先】
アクロニス・ジャパン株式会社 マーケティング  担当 北尾(PR担当)、今村
TEL: 03-6430-1442 / Email: Media_jp@acronis.com






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]