logo

MCPCアワート゛2012で佐賀県がグランプリを受賞しました

佐賀県 2012年04月23日 17時13分
From Digital PR Platform


 平成24年4月20日(金)に大手町サンケイプラザ(東京)で開催されたMCPCアワード2012の最終審査において、「佐賀県医療機関情報・救急医療情報システム(愛称:99さがネット)」がグランプリ/総務大臣賞を受賞しました。

1 受賞したシステムの内容
 ○システムの名称
 「佐賀県医療機関情報・救急医療情報システム」(愛称:99さがネット)

 ○システムの概要
 救急搬送において受入病院の確保が課題となっている中で、県内全ての救急車にタブレット端末iPadを配備し、救急車の中から「どの病院が受入可能か」、「どの病院に搬送が集中しているか」といった情報を病院と救急隊が瞬時に共有することができるシステムです。
 現場の動きを“見える化”することで、救急患者を一刻でも早く病院に搬送し、一人でも多くの人の救命につなげていくためのシステムです。

 ○タブレット型端末の導入状況
 県内の全救急車両55台をはじめ、関係機関など全80台を導入。

2 MCPCアワードとは
 モバイルコンピューティングの導入により高度なシステムを構築し、「業務効率化」・「業績向上」・「顧客満足の向上」・「社会貢献推進」・「先進的なモバイル活用」などの成果をあげている企業や団体等の事例を募集し、顕彰するもので、2003年度よりMCPCが毎年開催しています。

※ MCPCとは、(「Mobile Computing promotion Consortium」)の略で、日本のキャリア、モバイル関連のメーカー等がモバイルの普及啓蒙活動等を行うことを目的としたNPOの団体です。(会員企業:176社) 
※ グランプリとは、各モバイル4賞受賞事例の中から、最も優れた事例を選び表彰するものです。
※ 総務大臣賞とは、グランプリ受賞事例に対し総務大臣が表彰するものです。
※ モバイル4賞とは、モバイルテクノロジー賞、モバイルビジネス賞、モバイルパブリック賞、モバイル中小企業賞の4つの賞です。

3 その他の受賞者
 □モバイルビジネス賞 (株)カーセブンディベロプメント 「インスマートシステム」
 □モバイルパブリック賞 東北大学 「被災建物調査支援システム」
 □モバイル中小企業賞 習志野台整形外科内科 「iPadを利用した患者参加型医療支援システム」
 □モバイルテクノロジー賞及び審査員特別賞 (株)リモート 「遠隔監視システム「牛温恵」
 
4 2011年の受賞者
 □グランプリ賞・総務大臣賞・モバイルテクノロジー賞 日産自動車(株) 「EV専用情報通信システム」
 □モバイル中小企業賞 (株)モトックス 「Wine-LinkBtoB販売支援システムBtoC情報提供システム」
 □モバイルパブリック賞 帝人ファーマ(株) 「在宅医療モニタリングシステム」
 □モバイルビジネス賞 ヤマトホールディングス(株) 「TA-Q-BINシステム」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。