logo

(大阪府箕面市)誘いあって 新緑の宴へ!箕面川床が4月29日(祝)からオープン~せせらぎを聴きながら味わう旬のお料理に、思わず舌鼓!~

府営箕面公園内の箕面川のほとりで、お料理や甘味をお楽しみいただける「箕面川床」が平成24年4月29日(祝)から6月3日(日)まで営業します。
平成22年から2年間、社会実験として営業していましたが、箕面川床をご利用になられたお客様から「良かった」、「また来たい」と大好評をいただいたことから、いよいよ今年から本格的に営業することになりました。
毎年ご好評いただいているお料理は、旬の食材や止々呂美地区で採れる希少なゆずを取り入れた自慢の逸品!
せせらぎを聴きながら、目にも鮮やかな新緑に囲まれて味わうお料理は格別です。
大切なかたのおもてなしや「女子会」、会社の同僚との宴会など、様々なシーンで新しい箕面の風物詩となった箕面川床をぜひお楽しみください。

1.箕面川床の内容
○日程:平成24年4月29日(祝)から6月3日(日)までの毎日 ※要予約
(月曜日から木曜日は、10名以上のご予約のみの受付となります)
○店舗:2店舗が営業(予約受付中)

【川床磯よし】
11:00~21:00 はもコース3,500円 電話:072-724-2477

【川床音羽山荘梅屋敷】
11:30~21:00(※) 川床弁当2,500円 電話:072-721-3005
※17:00~21:00は、10名以上のご予約のみの受付となります。


2.これまでの箕面川床の経緯
○期間限定で2年前に復活
明治から昭和初期にかけて、府営箕面公園内の箕面川では、河川に張り出した
茶店や休憩所が設置されていました。これが「箕面川床」のはじまりです。
2年前、阪急箕面駅から箕面大滝へ続く滝道の活性化を目的として、箕面の特
産品を使ったお弁当や甘味などが楽しめる「箕面川床」を復活させました。

○新たな箕面の風物詩となった「箕面川床」
平成22年から2年間、社会実験として「箕面川床」を復活させ、昨年の新緑
時期(4月29日から5月31日)、納涼時期(7月17日から8月29日)、
紅葉時期(9月2日から10月16日)に行った川床では、延べ7,600名を超える
お客様が利用し、大変ご好評をいただきました。

             新緑時期         納涼時期
         (平成23年4月~5月) (平成23年7月~8月)
「良かった」       96.7%           91.0% ←90%以上のお客様にご満足いただきました!
「また来たい」     87.7%   80.9%

2年間の営業が非常に好評だったことから、新たな箕面の風物詩として、今年
から本格的に営業を行います。さわやかな春の風が吹き抜ける箕面川床で、川の
せせらぎを聴きながら、各店舗が腕を振るったお料理をぜひご堪能ください。


3.今後の予定
春期営業は6月3日(日)で終了しますが、引き続き下記の期間に営業しますので、ぜひご利用ください。
◆夏期:7月14日から 9月17日
◆秋期:9月21日から10月28日

お問い合わせ先
地域創造部 活力推進室 商工観光課
電話:072-724-6727(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]