logo

NTTデータ、NTTデータ ウェーブが日本テラデータとハイパフォーマンスなビジネス・アナリティクス分野で協業

NTTデータ、NTTデータ ウェーブが日本テラデータとハイパフォーマンスなビジネス・アナリティクス分野で協業
-まず、SAS In-Databaseテクノロジーについて共同提案を実施-

[ 本プレスリリースは、株式会社NTTデータ、株式会社NTTデータ ウェーブ、日本テラデータ株式会社の共同プレスリリースです。3社より重複して配信される場合がありますのでご了承ください ]

2012年4月18日
株式会社NTTデータ
株式会社NTTデータ ウェーブ
日本テラデータ株式会社

株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:山下徹、以下NTTデータ)、株式会社NTTデータ ウェーブ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:羽生田文晴、以下NTTデータ ウェーブ)と日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下テラデータ)は、Teradataデータベースの高速な分析エンジンを活用したハイパフォーマンスなビジネス・アナリティクスの推進に関して、本日より共同展開することを発表します。

ハイパフォーマンスなビジネス・アナリティクスとは、多様なデータから高度な分析や予測を高速に処理するもので、最近ではリアルタイムでの在庫管理や偽装クレジットカードの摘発など幅広い分野で活用されはじめています。今回の協業では、NTTデータ、NTTデータ ウェーブがTeradataデータベースの完全な並列処理技術による高い分析パフォーマンスとスケーラビリティに着目し、ハイパフォーマンスなビジネス・アナリティクスを実現するためにテラデータと3社共同でお客様企業へ情報活用基盤を提案していきます。

今回は、ビジネス・アナリティクスのリーティングカンパニーである SAS Institute Japan株式会社が提供する、SASソフトウェアの分析プロセスの主な機能をTeradataデータベース上で実行する、「SAS(R) In-Databaseテクノロジー(*1)」を活用したソリューションをお客様企業に提案していきます。3社はすでにSAS In-DatabaseテクノロジーとTeradataデータベースを用いた共同検証を実施し、性能および拡張性において本テクノロジーの高い有効性を確認しました。特に大量データの分析において高速化を確認しており、最近注目されているビッグデータ(超大容量データ)の分析での活用が期待できます。検証結果は、技術文書としてお客様企業へ提供します。

本協業では、NTTデータは、金融、小売り、製造業など幅広い適用分野を想定し、SAS In-Databaseテクノロジーの評価を順次実施します。NTTデータ ウェーブは、既存のデータ資産をIn-Database処理に移行した際の効果を検証するアセスメントサービスと、In-Database処理を最大限活用したシステム設計および構築サービスを提供します。テラデータは、評価やアセスメントサービスに必要なTeradata製品をNTTデータとNTTデータ ウェーブに提供します。お客様企業への提案や導入、プロモーション活動は共同で実施していきます。

今後は最新の技術動向を踏まえて、Teradataデータベースを活用した新たなハイパフォーマンスなビジネス・アナリティクスのソリューションを3社で検討していきます。

*1 SAS(R) In-Databaseテクノロジーについて
SAS Institute Japan株式会社が提供するSAS In-Databaseテクノロジーは、アナリティクスを実現するSASソフトウェアの分析プロセスの主な機能をTeradataデータベース上で実行できるようにした、ハイパフォーマンス・コンピューティング技術の一つです。例えば従来SASサーバーで実行していた“モデリング”や“スコアリング”などの分析処理をTeradataデータベース側で実行し、処理済の最終的な分析結果のみをSASサーバーに返します。SASの高度な分析をTeradataデータベースのアーキテクチャの強みである超並列処理で直接実行するため、高速な分析処理が可能になり、またSASサーバーとTeradataデータベース間のデータ転送量が削減されるため、処理時間も大幅に短縮します。また、Teradataデータベース上でサンプルデータだけでなくデータセット全体のモデリングを行うことができるため、分析のスピードと精度が大幅に向上し、お客様企業のビジネス全体像を把握したより良い意思決定が可能になります。

# # #

◆ NTTデータについて
「BI Boosts Your Innovation(R)」のコンセプトのもとに数多くのBIシステムの構築を手掛ける一方、最適なBIシステムの導入を支援する「データウェアハウス/ビジネスインテリジェンス・ラボ(R)」サービスや独自の分析技法「BICLAVIS(R)」にもとづくデータ分析コンサルティング等の取り組みを行ってきました。また、最近ではビッグデータ時代に対応して、数ペタバイトのデータに埋もれた知識を発見する技術やリアルタイムに発生するデータを瞬時に分析処理する技術といった「ビッグデータ+ビジネス・アナリティクス」技術の蓄積を行ってきました。
NTTデータが提供するBIサービスについて:リンク

◆ NTTデータ ウェーブについて
NTTデータ ウェーブは、お客様をトータルにサポートする「ITエージェント」として、コンサルティングから企画提案、構築、運用に至るまで最適のサービスをご提供しています。特にSASを利用したシステムやデータウェアハウス環境の構築については、十数年の実績を持っています。
NTTデータ ウェーブが提供するSAS In-Database 適用ソリューションについて:
リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。
日本テラデータホームページ リンク

*「BI Boosts Your Innovation」「BICLAVIS」は、日本国内におけるNTTデータの登録商標です。
* Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。
* その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]