logo

『SCHOOL OF LOCK!』 番組オリジナルアプリ無料提供スタート!

TOKYO FM 2012年04月17日 14時10分
From PR TIMES



*****************
全国10代のNo.1ラジオプログラム
“未来の鍵を握る学校”TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』
番組オリジナルアプリ無料提供スタート!

iPhone / Android対応
*****************

TOKYO FMをはじめとする全国38局ネットで放送中の
“ラジオの中の学校”『SCHOOL OF LOCK!』は、
番組サイト(PC+携帯)に1ユーザー1アカウントで登録されている
全国の約24万人10代リスナーに向けたスマートフォンアプリ、
<スマートフォン向け『SCHOOL OF LOCK!』オリジナルアプリ>を開発、
2012年4月2日(月)より、無料で提供を開始しました。

“ラジオの中の学校”『SCHOOL OF LOCK!』の“教室”は
ネットの中 にあります。
手の中にある「携帯・スマートフォン」、「PC」は、
24時間いつでも、番組WEBサイトにある“教室”「BBS掲示板」につながり、
全国のリスナーは、ラジオ番組放送時間以外でも、
この"教室"で日夜、"心の声"を交わし合うことが出来ます。

そんなリスナーのすべての声を、校長や教頭、番組の
全スタッフ職員が見て、その会話から、
『SCHOOL OF LOCK!』の放送が生まれています。

2005年10月の番組開始以来、
全国の10代に広くご支持いただけるラジオプログラムとして
リスナーを増やし続け、現在、番組サイト(PC+携帯)の純登録者数は
約24万人(2012/03)、1日の書き込み数は2000~3000件、
を記録するまでに成長しました。

この度、『SCHOOL OF LOCK!』にスマートフォンを使用している
リスナーが増えている現状に答えるため、開発したのが
スマートフォンでの掲示板の閲覧や書き込みの検索に優れた<スマートフォン向け『SCHOOL OF LOCK!』オリジナルアプリ>です。

番組サイト(PC+携帯)に1ユーザー1アカウントで登録されている
全国の約24万人の10代中心のリスナー同士と番組が、一層つながりやすくなる
スマートフォンアプリです。

『SCHOOL OF LOCK!』の“教室”、「BBS掲示板」の閲覧、書き込み、
に特化した利便性の高い本アプリは、
今後、10代中心のリスナーの中で急速に浸透していくことが予想されます。

“ラジオの中の学校”の24時間いつでもつながる“教室”への
新たな入り口となったスマートフォンアプリは、
今後も、サービスの改善・向上につとめ、
全国の10代リスナーに広く活用いただけるアプリを目指します。

■<スマートフォン向け『SCHOOL OF LOCK!』アプリの特徴>
・番組サイト(PC+携帯)に1ユーザー1アカウントで登録されている、
 ラジオネームなどの情報と連動。
 全デバイスから同じアカウントで掲示板の閲覧や書き込みが可能。
・リスナーの興味に合わせて多数存在する(現在約20種)各掲示板へ、
 即アクセスできる。
・スマートフォンの画面に最適化された表示で、見やすい。

■ダウンロード方法
 番組HP リンク (PC・スマートフォン共通)
 にアクセスし、アプリのバナーをクリック。
 (App StoreおよびAndroidマーケットでもダウンロード可能)

■ 『SCHOOL OF LOCK!』とは
“全国の青き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”を
コンセプトに、パーソナリティのとーやま校長とよしだ教頭ほか、
人気アーティスト、女性タレントたちをレギュラー講師陣に迎え
お送りしているTOKYO FM系 /全国38局ネットのラジオ番組。
2005年10月の番組開始以来、10代を中心に圧倒的な支持を得ており、
番組サイト(PC+携帯)の純登録者数は約24万人(2012/03)です。

 放送日時: 毎週月~木曜日 22:00~23:55 / 毎週金曜日 22:00~22:55
 放送局 : TOKYO FM系 /全国38局ネット(※一部 東京ローカル)
 番組HP : リンク
(PC・スマートフォン・フューチャーフォン共通)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]