logo

2012年4月25日(水)からパシフィコ横浜で開催される「レーザーEXPO 2012」に光デバイス・ファイバ等の設計・解析用ソフトウェア最新版V9.0を出展

日本アールソフトデザイングループ株式会社 2012年04月17日 11時00分
From ValuePress!

光ファイバ・導波路や半導体レーザーについて、設計・解析のためのモデリングとシミュレーションに興味がある方は、是非ともご来場頂き、応用事例のデモをご覧ください。

日本アールソフトデザイングループ株式会社では、4月25日(水)から27日(金)までパシフィコ横浜にて開催される「レーザーEXPO 2012」において、光デバイス・ファイバ等の設計・解析用シミュレーション・ソフトウェアの最新版V9.0を事例デモと共に紹介致します。

この度リリースされる最新版V9.0では、光デバイス・ファイバ等の設計・解析用ソフトウェアとして、初めてマルチスレッド・サポートを実現致しました。その結果、BPM法のシミュレーション・ソフトウェアBeamPROP、RCWA法のDiffractMOD、EME法のModePROP、有限要素法のFemSIMについては、その計算スピードが大幅に向上(2~3倍)しています。この最新版に加えて、LEDの光取り出し効率解析用LEDユーティリティや薄膜太陽電池解析用Solar Cellユーティリティ等も、事例デモと共に紹介します。

その他、半導体レーザーの解析用ソフトウェアで、半導体レーザーのモデリングと特性解析シミュレーションを行うLaserMODについても、フォトディテクター解析機能やテーパーレーザ設計に特化したオプションTapered Laserユーティリティと共に事例デモで紹介します。

皆様のお越しをお待ちいたしております。


■「レーザーEXPO 2012」 概要
開催日時:2012年4月25日(水)から27日(金) 10:00 - 17:00
開催会場:パシフィコ横浜
弊社ブース番号:D-2
リンク


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:日本アールソフトデザイングループ株式会社
担当者名:尾崎 透徹
TEL:03-5484-6670 
Email:ozaki@rsoftdesign.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。