logo

新婚カップルの歳の差は?10歳差以上の“歳の差のカップル”は4%、妻が<24歳以下>の場合は12.6%(8組に1組)


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するブライダル総研より、『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』(結婚前に首都圏に住んでいた『ゼクシィ』読者のうち、2010年4月~2011年3月に挙式もしくは披露宴・披露パーティを行った人、計1,024人を対象)から見えてきたカップルや結婚式の状況や特徴に関する分析をお伝えします。

▼『歳の差に関するレポート』はこちら
リンク

▼『ゼクシィ結婚トレンド調査2011』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
1.新婚カップルの歳の差は?約半数が“同年代カップル”
――――――――――――――――――――
『ゼクシィ結婚トレンド調査2011 首都圏版』から、新婚カップルの歳の差を見てみると、夫婦が「同年齢」なのが22.5%で最も多く、ついで「夫が1歳上」が11.3%でした。

これに「妻が1歳上」11.0%を加えると50.9%で、およそ半数は“同年代カップル”であることがわかりました。

――――――――――――――――――――
2.「夫が10歳以上、歳上」の“歳の差カップル”は4.0%
妻が<24歳以下>の場合では12.6%
――――――――――――――――――――
近年よく話題になる“歳の差カップル”の実態はどうなのでしょうか。

「夫が10歳以上、歳上」のカップルは4.0%と、決して多くない数字です。
しかし、これを年齢別に見てみると、妻が<30歳以上>の場合は1.7%なのに対し、妻が<24歳以下>の場合は12.6%と、8組に1組は10歳以上の“歳の差のカップル”ということがわかりました。

――――――――――――――――――――
3.出会いのきっかけ、<24歳以下>は「学校」よりも「アルバイト」で
――――――――――――――――――――

出会いのきっかけを年齢別に見てみると、カップルの歳の差の理由が見えてきそうです。

妻が<25~29歳>のカップルでは「学校で」が<24歳以下>よりも多く、学生時代に出会ったカップルは数年間の交際を経て、結婚に至ると言うケースが多いようです。

一方で<24歳以下>では「アルバイトで」がその他の年代よりも多く、「アルバイトで」と「職場や仕事で」を足した「仕事で」は43.2%と他の年代よりも約10pt多くなっています。

<30歳以上>では、「友人・兄弟姉妹を通じて」が他の年代よりも多く、年齢を重ねて交際範囲を広がった末に結婚に至っているようです。

▼『歳の差に関するレポート』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートのブライダルカンパニーに設置されている調査・研究組織です。恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。