logo

テクノグラフィーが業界に先駆けInfiniBand対応ストレージを実現した高速ストレージSolidPOWER7000を計算科学振興財団様に納入!

業界に先駆けInfiniBandストレージに進化させたSolidPOWER7000(SP7K)の高速化技術である”非同期転送パラレル処理”の性能が日常業務に於いて、どのような形で効果をもたらすかを評価するために採用されました。

News Release
2012年4月5日


テクノグラフィーが業界に先駆けInfiniBand対応ストレージを実現した
高速ストレージSolidPOWER7000を計算科学振興財団様に納入!


テクノグラフィー株式会社(TGI)(代表取締役 稲岡 茂穂 本社 東京都渋谷区神泉町10-10
〒150 0045)は、同社の主力製品である高速ストレージ“SolidPOWER7000”を計算科学振興財団様
(FOCUS:兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-28 計算科学センタービル)へ納入したと発表した。

今後益々高速ストレージの需要が増すにつれ、如何にDisk I/O処理の性能を効率よく且つ
スピーディに向上させるかと言う点で、RAID-7のコア技術である“非同期データ転送、パラレル処理“
技術を採用すると同時に、特にI/O処理のスピードをRAID-7の性能を100倍に性能アップさせ
業界に先駆けInfiniBandストレージに進化させたSolidPOWER7000(SP7K)の高速化技術の
性能が日常業務に於いて、どのような形で効果をもたらすかを評価するために採用されました。

特徴&機能

1)Disk I/Oの高速処理に不可欠なアルゴリズムの開発
 即ち“非同期データ転送、パラレル処理”技術の実現

2)User-Siteで自由にVolume構築が可能
各モデルに対してSCE(Storage Control Engine)ソフトで一元管理

3)Model
*SP7K Mach-7(Full SSD) 900,000IOPS
*SP7K Hybrid-7(SSD+HDD) 120,000IOPS
64Kランダム 3,000MB/sec
シーケンシャル 6,000MB/sec
*SP7K Super-7(HDD)
24 Driveで 3,000MB/sec
48 Driveで 6,000MB/sec

4) 一元管理のメリット:Up-Gradeに必要な拡張ライセンス、
Interfaceなどの機器諸費用はかからない

5) Disk Driveの数を増やすに従って性能アップする構造

6) User Needsに応じてカスタマイズを実現

7) 他社同等ストレージに対し 性能3倍、価格1/3


SolidPOWER7000の主な仕様

モデル SolidPOWER7000 8U/4U SolidPOWER7000 5U SolidPOWER7000 4U
形状 8U/4U ラックマウント 5U ラックマウント        4U ラックマウント
RAIDレベル   0/1/10/5/6
標準キャッシュメモリ   16GB with ECC
ホストI/F        40Gbps InfiniBand I/F (最大4個) SRP  (IPoIBも可)
             10Gbps Ethernet I/F (最大4個) iSCSI
             8Gbps FC I/F(最大4個) FCP
内部I/F           SAS/SATA 3Gbps/6Gbps
最大内部ディスク数 48/45 (3.5inch)   24 (3.5inch)   72 (2.5inch)
ディスク容量 SAS:300GB/600GB  SAS:300GB/600GB   SAS :146GB
     SATA:1TB/2TB/3TB  SATA:1TB/2TB/3TB  SATA :1TB
                                 SSD :64GB/256GB
接続可能拡張筐体    19/22     1         -
価格 オープン


記載されている会社名、製品名等は、各社の商標または登録商標です。
プレス スリリースの情報は、発表日時点のものです。その後予告なしに変更される
ことがありますので予めご了承ください。
【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:テクノグラフィー株式会社
担当者名:小野 令
TEL:03-5459-4571
Email:ono@tgi.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。