logo

NTT東西初!皮革ブランド「濱野皮革工藝」コラボ電報 「牛革 ビジネスステーショナリーセット by HAMANO」新発売 就職祝、父の日、栄転の贈り物に

東日本電信電話株式会社 2012年03月16日 16時43分
From PR TIMES



NTT東日本・NTT西日本は、慶祝用電報台紙「牛革 ビジネスステーショナリーセット by HAMANO」(以下本商品)を、平成24年3月22日(木)より12,000個限定(東:7,000個、西:5,000個)で販売開始します。
  
 本商品は、130年の歴史を誇る皮革ブランド、HAMANOオリジナルのペンケースとデスクトレーをセットにした電報です。シンプルかつ洗練されたデザイン、本物志向の方に相応しいステーショナリーセットとなっております。ペンケースは牛革を使用しており、使えば使うほど味わいの出る、長く利用いただけるアイテムとなっております。
新社会人への就職祝い、お取引先や上司・部下の就任・栄転など人事のお祝いをはじめ、誕生日・記念日・父の日など、様々なシーンでご利用いただける電報台紙です。

1.開発背景

●男性向け商品開発の狙い
電報は、お得意様やお取引先様の「就任」「栄転」「昇進」などの人事の際、お祝いの気持ちを伝えるツールとして多くの企業様にご利用いただいています。そのような中、お客様からは「もらった方に喜んでいただける台紙を贈りたい」「実用性はもちろん、デザイン性を追求した台紙を贈りたい」というご要望を数多くいただいております。 電報の利用者は女性がボリューム層で、これまで実用性のある男性向け台紙を作っておりませんでしたが、ビジネス利用を中心に男性の利用者も増加していることから、高級志向かつ贈られた後も使用いただける男性向け台紙を投入することによるターゲット開拓、電報台紙の充実を図る取り組みとして、今回初めて皮革バッグブランドとコラボレーションした台紙を開発しました。
  
  
 
●「濱野皮革工藝」とのコラボレーションを選んだ理由
今回の商品開発における主条件「慶祝」「ビジネス」「エグゼクティブ」等を考慮した際、日本の皮革メーカーHAMANOブランドが持つイメージ「気品」「風格」「格調の高さ」そして「伝統の重さ」が最もふさわしいと考えました。また、これらのイメージは、電報を贈る方と受け取る方の双方へと確実に伝わり、NTTブランドの信頼感にもつながると考えます。

 
●ステーショナリーセット開発について
 実用的なギフトとしてまず、ビジネスシーンで欠かせない道具のひとつでもあるステーショナリーを中心に考えました。しかし、今回のターゲット層を考えると、筆記具などは既にご愛用のものをお持ちであると思われたため、ご愛用の筆記具等をデスクに置く際、また持ち運ぶ際に役立ち、長く使える実用品で、よりステータス感を高める演出としても機能する「本物志向のデスクトレーとペンケース」を組み合わせたセットを開発いたしました。

2.概要

商品名: 牛革 ビジネスステーショナリーセット by HAMANO
販売価格: 電報台紙料金 7,000円(税込7,350円) + 電報料金※1
受付・配達地域: 全  国
受付開始日: 平成24年3月22日(木) 
配達開始日: 平成24年3月22日(木)

※1 電報料金は申込み発信方法および文字数等に応じた料金となり、別途消費税がかかります。詳細は以下URLにてご確認ください。
・NTT東日本 リンク
・NTT西日本 リンク


3.特長

(1)NTT東西で初の皮革ブランドとコラボ
濱野皮革工藝とのコラボレーションによるNTT東西のオリジナルデザインです。シンプルかつ洗練された作りは、本物志向の方に相応しい、ペンケースとデスクトレーのステーショナリーセットとなっています。それぞれ「HAMANO」のロゴを型押しし、受取人様に商品の確かな品質をお伝えします。

(2)機能性と高品質を追求
ペンケースは底面から側面につながるファスナーと上からかぶせるタイプの蓋が付いており、収納物の出し入れがスムーズなデザインです。3本程度のペンが収納でき、薄型なので携帯に便利な機能的サイズです。牛革を用い、型崩れしにくい丈夫な仕立てに仕上がっています。

デスクトレーは上品な紺色と黒の2トーンカラーです。デスク上の小物を片づけても、スマートに演出できます。

(3)ギフト感を演出するメッセージ入れと外箱
ペンケース、デスクトレーは商品を保護する不織布袋にいれて、メッセージ入れとともに外箱にセットします。HAMANOのロゴをレイアウトしたメッセージ入れと外箱は、受け取った際のギフト感を演出します。配達時は、外箱を専用の配達袋に入れてお届けします。

【サイズ】
ペンケース:縦16.5 cm×横4.5cm
デスクトレー:縦12cm×横20cm
外箱:縦23cm×横19.3cm×高さ3.5cm
メッセージ入れ:縦22.5cm×横16cm
【素材】
ペンケース:(本体)牛床革、(裏地)合成皮革
デスクトレー:(内)牛床革、(外)合成皮革
この商品は濱野皮革工藝のライセンスのもと、ベトナムで生産されたものです。

4.お申し込み※2、お問い合わせ先
<お電話によるお申し込み、お問い合わせ先>
「115」(局番なし。一般加入電話※3、ひかり電話(電話サービス)、携帯電話※4からのご利用が可能です。)

<インターネットによるお申し込み先>
NTT東西のインターネット電報申込サイト「D-MAIL」(携帯サイト「iモード」「EZweb」「Yahoo!ケータイ」からもご利用いただけます。※5)

※2 詳細は別紙「電報のお申し込み方法について」をご参照ください。
※3 一部の他事業者様の電話回線からは接続できない場合があります。また、ご利用回線によっては、NTT東西の115番以外に接続される場合があります。その際、NTT東西の電報サービスをご希望されるお客様につきましては、その旨お伝えいただくか0120-759-560*へおかけ直し下さい。
   *こちらの電話番号からお申込みいただいた場合、電報料金はクレジットカードでのお支払いとなります。
※4 NTTドコモ及びau(KDDI、沖縄セルラー電話)からのご利用のみです。
※5 「iモード」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標です。「Yahoo!ケータイ」はソフトバンクモバイル株式会社の登録商標です。


【参考情報】

●濱野皮革工藝とは

創業1880年、約130年の歴史を持つジャパンメイドバッグブランドです。
3代目の濱野敬之が現在の天皇陛下のポロ競技のご指南役を務めさせていただいたことを通じ、プリンセスにご愛用いただくなど、昔から日本のファーストレディたちを美しく装うためのサポートをしています。
国内外の国賓への贈り物としてもご指名いただいており、女優やタレントの方々にもお使いいただいております。
濱野皮革工芸は、創業以来、「使う身になって、いいものをつくる」を伝統精神に、あらゆる行程においてこだわります。
例えば、素材のしなやかな肌ざわりが快いカーフ(仔牛)は、一頭から4個分しか採りません。キメ細かく仕立て上げるために、背中からお尻にかけての丈夫で美しい部分だけを使い、1個のバッグを同じ一頭の革から作ることで、繊維の流れと強さをそろえます。縫製も、縫い目に針を斜めにいれる独自の技法によりバッグの耐久性を高め、ほつれも防ぐ様にするなどの細かな気配りも濱野製品の特長です。



<代表からのメッセージ>



●今回の電報とのコラボレーションについて
レディースバッグブランドとして展開しております弊社にとって、メンズラインは特定のお客様にのみお仕立てする知る人ぞ知るアイテムでございました。今回電報とのコラボレーションということで今までHAMANOのメンズラインをより多くの方々に知っていただける良い機会をいただけたと考えております。

●職人について
濱野は湿気が少なく乾燥している、デリケートな天然皮革にとって理想的な環境である軽井沢に工房を持っています。昭和40年代より続く軽井沢工房には約30名の熟練の職人がおり、日々様々なバッグを制作しております。工房には「革のソムリエ」と呼ばれる職人がおり、その職人にかかれば革に触れるだけでどの部位がバッグづくりにおいて最良のポイントかということが簡単に分かってしまいます。そんな職人がいるのも130年以上もの間バッグづくりをつづけてきたHAMANOならではです。
                                               代表取締役社長   赤根 克洋





プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。