logo

Hotels.com、日本におけるグローバルブランドの展開を開始!

Hotels.com 2012年03月15日 11時00分
From PR TIMES

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(本社:アメリカ合衆国テキサス州、代表取締役社長:デイビット ロシェ)は、日本においてグローバルブランドの展開を開始致しました。

Hotels.comは、アジア太平洋地域において15の言語に対応したウェブサイトを運営しています。今回、日本、インド、オーストラリア、韓国、シンガポール、中国、ニュージーランド、香港、マレーシアを含むアジア全サイトで、新たなブランドロゴが使用されることになります。

Hotels.com アジア・パシフィック 最高経営責任者 ヨハン・スヴァンストロームは、「過去20年を通じHotels.comは、世界中の旅行者の皆様に最適な宿泊先を見つけてもらえる専門性と、ウェブ、SNS、モバイル対応を行うグローバルな企業へと発展を遂げました。今回のブランディングは、グローバルカンパニーとして、また業界のリーダーとしての我々のポジションを示す上で、非常に重要なものであると考えています。」と述べています。

今回の日本におけるブランディングは、本年2月に北アメリカで成功を収めたブランド展開に追随する形で行われます。各国におけるブランドの変更は本年一年を通じ行われ、大半の変更は今後数カ月の間に行われる予定です。また変更は、新しい広告キャンペーン、ロゴ、タグラインが用いられ、いくつかの国においては新しいウェブサイトが開設されます。

カラフルな色使いと太字が取り入れられた新しいロゴの‘H’は、旅行・ホテルの両業界におけるHotels.comの専門性と存在感を視覚的に示します。また新しいロゴは、提供できるホテル数の多さのみならず、「イチ押しセール」や「おすすめキャンペーン」、「Welcome Rewards(ウェルカム・リワード)」、「直前割引」、モバイル予約といった、お客様に提供できる選択肢の多様性をも示しています。

新しいHotels.comのロゴは‘H’のアイコンと、Hotels.comのワードマークによって構成されています。また青や緑や紫色に彩られた新しいサブロゴにより、どの情報がどのカテゴリーに含まれるかが分かり易くなりました。今まで以上に、オンラインでの予約を、よりスムーズにサポートしてくれます。

300万件以上ものゲストレビューや全世界約150,000軒のホテル、そしてHotels.comのウェブサイトやソーシャルメディアを通じた幅広い専門性により、Hotels.comはお客様の要望に応えるサービスを今後とも提供し続けてゆきます。

■Hotels.comについて
Hotels.comは、世界各国の言語や文化に合わせてローカライズした予約サービスを運営する、世界最大手のグローバルな宿泊予約サービスです。日本においては、日本人旅行者向けにローカライズしたHotels.com の日本版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じて、日本円での決済でホテルを予約することができます。
また、ネット上で最も多くの宿泊施設を提供しているサイトの1つでもあり、独立系および大手ホテルチェーンからコンドミニアムまで、世界の約150,000軒の施設が予約できます。ホテルの料金、設備、空き状況をワンストップで確認および購入できることに加え、ホテル繁忙期においても、高確率で宿泊を確保できるサービスを提供しています。
Hotels.comは、Expedia, Inc. (NASDAQ : EXPE)の子会社です。
リンク
プレスルーム:リンク


■Hotels.co.jpについて
Hotels.comの日本版サイト(リンク)は、日本人旅行者のさまざまなニーズに応えるため開設されました。このサイトによって、日本人旅行者が気軽に世界中の約150,000軒のホテルを検索し、日本円での決算で予約することができます。また最新のホテル情報や割引特典などニュースレターにて最新情報を提供しています。また、日本語によるカスタマーサービスも設置しており、年中無休24時間ご利用いただけます。電話番号はフリーダイヤル (0120-998-705)、または03-5539-2751です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。