logo

大記録達成!! 15日ニコ生にて賀東招二が『フルメタ』の過去・現在・未来を語る 「××BOOK☆WALKER シリーズ1000万部突破!『フルメタ』再来の巻」 明坂聡美は、キャラの決めゼリフを披露!



角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)は、角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」の公式番組「××(ちょめちょめ)BOOK☆WALKER」をニコニコ生放送で配信しています。3月15日に実施する第6回目の放送では、シリーズ累計発行部数1,000万部を突破した『フルメタル・パニック!』 シリーズの著者・賀東招二をゲストにお送りいたします。

「BOOK☆WALKER」にて電子書籍を配信中の作品を取り上げる、ニコニコ生放送番組「××BOOK☆WALKER」。第6回目の放送では、ライトノベル史上に残る大記録、シリーズ累計発行部数1,000万部を突破した『フルメタル・パニック!』シリーズの著者・賀東招二を招きます。
ライトノベルだけではなく、アニメ・コミックなど多方面で展開している『フルメタ』の歴史を、著者自らが振り返ります。また、発売直前の最新刊『フルメタル・パニック!アナザー3』(17日発売・電子版22日配信)を紹介。口絵イラストを初公開する他、メカデザインの海老川兼武・渭原敏明が描いた未公開ラフ画も続々登場予定です。
同様に本シリーズを取り上げた昨年9月の放送回で好評を博した、MC・明坂聡美によるキャラクタ―の決め台詞披露を今回も行います。
さらに、番組と連動し、「BOOK☆WALKER」初の試みとして、電子書籍のタイムセールを実施いたします。番組配信中に限り、『フルメタル・パニック!』シリーズの特定タイトルを対象とし、これまでにない大幅な割引価格にて提供いたします。対象タイトル・セール価格は番組内で発表いたします。

【××(ちょめちょめ)BOOK☆WALKER 1000万部突破!『フルメタ』再来の巻】
◆放送日時: 3月15日(木) 23:00~   
◆放送方法: ニコニコ生放送 (公式番組)
◆出 演 者: 賀東招二、明坂聡美[MC] 他
◆取り上げる作品: 『フルメタル・パニック!アナザー3』(3月17日発売、電子版22日配信)
◆番組内容: 『フルメタル・パニック』の歴史を振り返る、MC・明坂聡美によるキャラのセリフ披露、最新刊大紹介、海老川兼武・渭原敏明(メカデザイン)未公開ラフ画披露
◆番組URL: リンク

【番組連動タイムセール詳細】
◆実施日時: 3月15日(木)23:00~翌16日0:30
◆実施ストア: BOOK☆WALKER(PC版ストア、Android向けアプリ内ストア)、ニコニコ静画(電子書籍)
 
※タイムセールに関するご注意
  今回のタイムセールはiOS向けBOOK☆WALKERアプリでは実施いたしません。

「BOOK☆WALKER」とは:
角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォームです。iPhone/iPad/iPod touch及び、Android OS搭載端末向けストア・ビューア一体型アプリケーションと、PC版ストアを展開しています。ライトノベル、コミック、文芸、新書、ゲーム関連書籍、雑誌など角川グループの作品を中心に4,000タイトル以上を販売しています。
昨秋よりニコニコ動画やGREE等の外部ソーシャルメディアとの連携サービスをスタートさせ、新しい読書スタイルの提案を行っています。今後は、これまで以上に多くの作品を配信するだけではなく、よい良いサービスの提供を目指してまいります。

≪「BOOK☆WALKER」にコンテンツを提供している出版社一覧≫
株式会社角川書店/株式会社角川学芸出版/株式会社アスキー・メディアワークス/株式会社富士見書房/株式会社エンターブレイン/株式会社中経出版/株式会社新人物往来社/株式会社角川マガジンズ/株式会社角川コンテンツゲート/ソフトバンク クリエイティブ株式会社

『フルメタル・パニック!』シリーズとは:
富士見書房のファンタジア文庫から刊行されている、賀東招二著のライトノベルを中心としたシリーズ。長編作品以外に、短編、スピンオフ(『フルメタル・パニック!アナザー』)があり、そのほかコミックの展開も合わせて、シリーズ累計1,000万部を突破しました。ライトノベルは『このライトノベルがすごい!2008』で1位を獲得しています。
スピンオフシリーズ『フルメタル・パニック!アナザー』は、オリジナルシリーズの著者である賀東招二が原案・監修を務め、新人作家大黒尚人が著しました。オリジナルシリーズも担当した四季童子がイラストを、海老川兼武・渭原敏明がメカデザインを務めています。最新の3巻を3月17日に発売。電子版は同月22日配信予定。

角川コンテンツゲートとは: 
角川コンテンツゲートは、小説、コミックス、映画、アニメ、ゲームといった角川グループの豊富なコンテンツを新たな時代に導くためのゲートとなるべく創設されました。電子書籍配信の「BOOK☆WALKER」「ちょく読み」、映像配信の「ムービーゲート」、さらにはソーシャルゲームやアプリの開発などを通じて、新しい時代のコンテンツのあり方を模索すべく挑戦し続けているインキュベーションカンパニーです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。